旅女 Tabijo~義眼のバックパッカー編~のメイン画像

2800円のサファリツアー(ボツワナ・チョベ国立公園)

Category: ボツワナ
ちょっとだけ近況報告。
リアルタイムは日本、地元香川です。
選挙に行かれた皆様お疲れ様です。投票用紙は同じ場所に3ヶ月以上住んでいないと送られてこないので、私は今回は投票出来ませんでした。
土曜日は滋賀県からはるばる車で来てくれたオーストラリア・ワーホリ時代の友達と深夜までべらべらと喋り、投票日当日も台風の中うどん屋行ってゆめタウンを徘徊してカフェでまたべらべらと喋り・・・6年分の近況報告は全然尽きず、かなり楽しかったです(友達はちゃんと期日前投票を済ませて来ています)。
日本の行方も台風も行方も気になるところ。

あ、毎月第4土曜日にゲスト出演しているラジオ放送はまだ暫く続けれそうです♪今週土曜日にも出演するので、また前日のブログかインスタで報告しまーす。



~ここからボツワナ共和国編の続きです~

ボツワナ、チョベ国立公園にて、いよいよ人生発のサファリツアー!
日本人がイメージする、車に乗って動物保護区をまわるサファリツアーはアフリカでは「ゲームドライブ」と言われるのだけど、今回私が参加したのは「ボートクルーズ」。船に乗ってチョベ川に水を求めてやって来る野生動物を見ることができる。

ホテルでツアーの代金を聞くと事前情報よりも高かったので、町中にあるツアー会社で予約。ホテルは川沿いにあるので、ボートでそのまま迎えに来てくれるとのことでホテルで待つ。

あ、来た来た。

P8192068.jpg


2階建てでなかなか大きいやん、と思っていると。

「あなたが乗るのはこのボートじゃないわよ」

ぞくぞく乗船するホテル宿泊客を横目で見つつ、ぽつんと1人別のボートを待つ私。

その後来た私が乗るボート。

DSCF7920.jpg


あ、値段の差がもろに出たw

結局この4つ星ホテルからこのボートに乗り込んだのは私一人だけだった笑。

チョベ川、、、英語ではチョベリバー。
私と同年代の方は瞬時に「あぁ、そんな言葉も流行ったなぁ」とお思いになるでしょうw

チョベリバーをボートで進みながら、野生動物ちゃんと見れるかな~とドキドキ♪
が、そんな心配をよそに出発してすぐに象の群れが!!

P8192069.jpg

天気わる・・・;

が、初めて見る野生の象に興奮!!
動物園で何度も見てるのに野生で見ても興奮するもんなんだなぁ。
実はチョベは「象の楽園」と言われるほど世界有数の「象密集地」なのです。チョベに来て象を1匹も見れないということはまず無いと思います。(何ならホテルからでも見れます笑)

その上、距離が近い!!

DSCF7929.jpg

ちなみに写っているのはこのボートで偶然一緒になった日本人旅行者Nさん。
チョベ国立公園はツアー客は多いものの個人旅行者は非常に少ないので珍しく、その上Nさんは私と同じまさかの廃墟好きでブルガリアの共産党ホールやコソボのボブスレー場の話なんかも通じたりしてかなり盛り上がったw



ゾウの群れはここが食事ポイントらしく、全員もしゃもしゃと草を食べていた。

P8192076.jpg

一度鼻で掴んだ草をバシッバシッと地面に叩きつけてからもむもむと食べる。ガイド曰く草を食べやすいように柔らかくしているとのこと。

P8192080.jpg



サギの仲間「スグロアオサギ」。

P8192091.jpg



「ホワイトフィッシュイーグル」。こんな間近で鷹を見たのは初めてかも。かっこいい。

P8192101.jpg 


クロコダイル(ワニ)。

P8192104.jpg



おぉー近づいても動かん。てか、生きてるこれ?

P8192105.jpg

全然動かないワニに、Nさんと「もしかしたら動物が見れなかった時用に置いてある置物なのかもしれない」と話す。

どんどんワニに近づくボート。

えっどこまで近づくん!?;

P8192106.jpg

って、ど~ん!とワニがいる岸にボートがぶつかってしまった。
 
ギョロリとボートの方に向きを変えるワニにツアー客が悲鳴をあげるも、ワニの方がそのまま泳いで去って行った・・・。

P8192107.jpg

あ、やっぱ本物やったんや。



その向こうで泳ぐカバ。

P8192109.jpg



そしてまた象。

P8192116.jpg



P8192119.jpg



P8192122.jpg



あ、何かいろいろいる!

P8192126.jpg

ワニに鳥にカバに・・・。


Nさん「何かここ情報量多いですね!」

「情報量多くてどれ撮ったらいいか分かりませんね!」


口を開けたまま微動だにしないワニ。

P8192132.jpg



鳥。

P8192134.jpg



カバ。

P8192135.jpg



やっぱり動かないワニ。

P8192144.jpg

これは本当に置物なのかもしれない笑。


去って行くカバ。おしりがかわいい。

P8192138.jpg



羽を乾かしている鳥。

P8192142.jpg



やっぱり象。

P8192147.jpg



象の家族が集結。
「鼻がね~ちょっと重いんだよ~・・・」

P8192153.jpg



「よいしょっと」

P8192154.jpg

子象の上に鼻を乗せる象。パズルみたいで面白い。

「何か分かってますね~この象達!」

Nさん「こうすりゃ君達喜ぶんでしょって感じですね!」



「シロクロゲリ」。

P8192160a.jpg



ちょっと遠かったけど、これはあんまり見たことがない動物。

P8192164a.jpg


オリックス科の「セーブル・アンテロープ」というらしい。長い角がかっこいい!
警戒心が強いとのことで、ここでも距離は結構遠かった。オスもメスも初めは薄い茶色の毛並みだけど、成長するとオスだけ真っ黒になるらしい。ここにいるのはみんなオスかな?

「セーブルはボツワナのコインにもなってるよ」とガイドがコインを見せてくれた。


DSCF7931.jpg



首が長く伸びる鳥。

P8192167.jpg



嘴の長い鳥。

P8192170.jpg



そして~ライオンー!!!

P8192172a.jpg

やったー!メスだけど見れたー!ヽ(*´∀`*)ノ

しかもこの後丁度動物をハントする所で走ってたのでかっこ良かった!ネコっぽいところがまたかわいいなー♪



あっ!ヤックル!?

P8192178a.jpg



↓ヤックル

ヤックル
もののけ姫

ちょっと違ったか・・・でもこれもかっこいい!ガイドは「レッドリッチ」、、、って言ってたはずだけど、調べたけど出てこず。「リードバック」の聞き間違えかな?調べるとリードバックも「リードバック科」でその中でいろいろ種類があるよう。
さっきのセーブルとちょっと似てるけど、角が曲がっててこっちの方が色がうす茶かな。

レッドリッチに、バッファローに象。

P8192179a.jpg



大きな耳がかわいい「ウォーターバック」。

P8192196a.jpg



お尻に白い円の模様がまたかわいい。

P8192198.jpg

これはメスでオスには角がある。群れで沢山いたのだけど、食料は草以外に動物の卵も食べるとのこと。ワニの卵も食べるらしい。敵が来ると水場に逃げることからこの名がついたとか。



川を渡る象の群れ。

P8192204.jpg



ざぶざぶ。
 P8192225.jpg



ざぶざぶ。。。

P8192226.jpg



ざぶざぶ。。。。。。

P8192230.jpg



上陸。

P8192233.jpg



夕陽。残念ながらツアー時間の関係で完全に沈むところまでは見れなかった。

P8192236.jpg



バッファローかな?

P8192237.jpg


これも見渡す限り、、、というくらい大量の群れだったのだけど、暗くなってきていることもあって写真には上手く撮れなかった。


DSCF7933.jpg



約3時間のボートクルーズのツアー料金は260プラ、約2,800円。
こんなに沢山動物を見れてこの料金はかなりコスパがいいと思う!ただ他の人のブログでは「遠かった」というのも読んだので時期や運なのかもしれない・・・。

ツアー後、廃墟や旅の話で意気投合したNさんと夕食をご一緒することになりレストランへ。

スーパー近くにある「Hanters Pub&Gril」というお店。

DSCF7934.jpg

この辺りの名物料理「オックステールシチュー」。
牛のしっぽを煮込んだシチュー。

牛のしっぽなのでもっと固いのかと思っていたけど、柔らかくて味も濃くてすごく美味しかった!!ヽ(*´∀`*)ノ

Nさんと年齢の話になり、「今年35です」と言おうとしてハッと気付く。


「今日誕生日や!!!Σ(゚д゚)」


35にもなるとうっかり自分の誕生日も忘れますよね?え?忘れない?いや、私も昨日までは覚えてたんだけど・・・;

そんなこんなでそんなつもりは無かったのにご馳走になってしまい、Nさんにとってはとんだ災難!笑 でもありがたい!( ゚∀゚)o彡°ヒャッホー
いや~しかし久々に会った日本人、しかもかなりフィーリングの合う人だったので本当に楽しかった!!



そして35歳を迎えた2日後、、、


財布を落としました。

_|\○_ヒャッ ε=\_○ノ ホーウ!!


通常私は財布には少額しか入れていないのだけど、よりによってこの日はジンバブエの国境へ向かっていたので、ジンバブエのビザ代30ドルを払うために50ドル紙幣を入れてたんですよね・・・泣。更にどうせまたボツワナにも戻ってくるので少し多めに降ろしたボツワナ紙幣約3,000円分も・・・泣。


8,000円近くの損失です。

_|\○_ヒャッ ε=\_○ノ ホーウ!!


もう笑うしかない。
私は盗難よりも自らこうして失う方が多いのであります・・・(よく宿に物を忘れてそのままチェックアウトしてしまうし、物もよく落とす)。日本ではそんなことないのによりによってなぜ海外で;


事の経緯はボツワナからジンバブエへ向かう途中、タクシーを降りる時にアウターのポケットに入れたんだけど、ポケットのチャックを閉じ忘れていたので恐らくその後どこかで落としたのだと思う。急いで来た道を戻るも見つからず。
もしかしたらタクシーの中にあるかもと、親切な他のタクシーが私が乗ったと思われるタクシーがいる場所までタダで乗せて行ってくれたものの、車内には無く。

国境まで10プラ(約100円)ほどあれば行けるのに、そのためにATMでお金を下ろさなければならない。とにかくまぁヘコんでいたのでとりあえずこういう時は落ち着くまで休もうと、タクシーが停まっている駐車場の脇で呆然と座っていると、その様子を見かねたのか一番初めに乗ったタクシーのおじさんが国境までの料金は払ってあげると申し出てくれた。正直、私は手持ちのクッキーやらジュースやらでそれを交渉しようかと思っていたぐらいなのでかなり感激・・・( ;∀;)
財布を落とした時点では珍しくまだ泣いていなかったのに、ここで感激のあまりウルッときてしまった;たかが100円程度と言えど、もぅ二度と会わないだろう旅行者にお金を渡したところでこのおじさんには一文の得にもならないのに。

何度もお礼を言っておじさんと別れる。
財布は戻って来なかったものの、カサネはいい印象のまま出ることが出来た。



国境近くのタクシーの乗り換え場所で降りたものの、タクシーは来なさそうなので国境まで歩くことに。

象さん注意の看板!

P8212318.jpg

オーストラリアにもカンガルー注意やペンギン注意だとか色々見たけど象は初めてだな~さすがアフリカ♪

車だと数分の距離だったので結局歩きながらヒッチハイクしたのだけど、うっかり警察官のような制服を着た人の車を停めてしまった。ヤバイかなと思ったものの、彼等は国境職員だったので、タダで乗せて行ってくれた。最後までボツワナありがたい~( ;∀;) またすぐ戻って来るからね!!




チョベ国立公園のサファリツアー料金


ツアーは色々あるが、4WDで公園内を回る「GAME DRIVE」と、チョベ川をボートでまわる「BOAT CROUISE」が一般的。どちらも所要時間は3時間で1日で両方参加することも可能。その場合、公園入場料は1回分だけでOK。

【「Chobe Safari Lodge」ホテルで予約する場合】
・GAME DRIVE
6時発(紅茶、コーヒー、ラスク付)/15時発(ソフトドリンク、水付)
P280+公園入場料P70=P350(約3500円)

・BOAT CROUISE
15時発(船内にドリンクがあるが有料)
P250+公園入場料P70=P320(約3200円)

※後で貰ったツアー料金表のドル表記はかなりレートが悪かったので参考にしないように。ドル払いする場合はレートをよく確認すること。カード払いも可能。
 

【町中のツアーオフィスで予約する場合】
・BOAT CROUISE
15時発(ミネラルウォーター付)
P210+公園入場料P70=P280(約2800円)
※同じ船に乗ったNさんはP270だったとのことで予約場所によって若干値段の差あり。



【国境】ボツワナ(カサネ)からジンバブエ(ビクトリアフォールズ)への行き方

カサネのホテルやツアー会社でビクトリアフォールズ直通のバスが予約出来る。言い値は大体20ドル~30ドル(P200~P300)。私は自力で行き、トータルでかかったお金は約10ドルだった。

①市内~カズングラ
シェアタクシー 約15分 P4
※カズングラ行きシェアタクシーの乗り場はスーパー「Spar」を少し過ぎた場所にあるのバス停。ザンビア側、ジンバブエ側へ行く分岐点の所で降ろされる。
※市内を走るシェアタクシーはどこで乗り降りしてもP4なので、ホテルからここまでタクシーを使ってもいい。地元民曰くホテル前やSparから国境まで直通でシェアタクシーで行けると言われたが、私が乗った車はカズングラまでしか行ってくれなかった。(国境まででもP4)

②カズングラ~国境
シェアタクシー 数分 P4
ただシェアタクシーはよほど運がないと通らないのでヒッチハイクした方が早い。徒歩だと30分程度。

【国境】
・ボツワナ側
問題無く一瞬で通過。

・ジンバブエ側
入国カードを記入した後にビザ代を払う。USD30。プラ払いも可だったが、いくらかは未確認。

※どちらの国境も両替商は見当たらなかった。ビクトリアフォールズ町中に両替所はあるが、ジンバブエは自国通貨が廃止され、USドルを使用しているので、プラを残してもかなりレートが悪くなるので使いきった方が無難。ATMでUSドルが降ろせるが、手数料が高い上に一回の上限が50ドルまで、更にATMにお金が入っていなく入っている時は必ず長蛇の列になっている。出来ればジンバブエ入国までにドルを用意していた方がいい。

③国境 10:00発~ビクトリアフォールズ(←町の名前)10:50着
タクシー 約50分 8ドル
※ゲートを出てすぐ大きいバンのシェアタクシーがあり、言い値は10ドル。それを過ぎて2個目のゲートを出ると普通車型のタクシーがあり、一人でも10ドルでいいと言う。交渉で8ドルに。宿の前で降ろしてくれる。
関連記事
スポンサーサイト









カサネの町並みと野鳥と動物(ボツワナ)

Category: ボツワナ
ザンビアから次の国、ボツワナの「カサネ」という町を目指す。
カサネにあるゾウの大群や野生動物が沢山見れる「チョベ国立公園」に行くのが今回の目的。

この辺りは「ザンビア・ボツワナ・ジンバブエ・ナミビア」と4つの国の国境が集結していて、ボツワナとナミビアにはビザ無しで入国が可能。

↓赤いピンの場所が「カサネ」。

カサネ

久々にビザ無しの国!!何て楽な!!
なので、先にザンビアから近いカサネだけ行ってからジンバブエに入り、その後下って再度ボツワナに入国→ナミビアと行くルートを取ることに。
これはジンバブエの「グレートジンバブエ」という遺跡を見たいがために取ったルートだったのだけど、結局は行かなかったのですごく無駄足になってしまった( ̄ー ̄;)

ボツワナは交通機関が発達していない・・・と聞いていたものの、その後実際行くと意外と普通にあって拍子抜けした。(詳細はジンバブエ後のボツワナ記事にて。)



ザンビアからボツワナへは川を渡って国境を越える。
イミグレも楽々通過し、いざボツワナに入国!

地元の人はここからカサネ市内まではバスで行けると言っていたのだけど、土曜だからかバスは無く、あるのはタクシーだけなので当然ふっかけられる。
バスで行くと4プラ(約40円)だけど、5ドル(550円)と言ってくる。とりあえず分岐点の大通りまで行けばシェアタクシーがあるかもしれないと思い、そこまで歩こうとするとさっき5ドルと言ってきたタクシーが通りがかり、「ここはゾウやライオンも出て危ないからタクシーに乗りなさい!」と言ってくる。こんな場所でゾウやライオンを見られたら誰も国立公園のサファリツアーに参加しないだろうと思いつつも、その女性の剣幕に押されて結局乗車。(女性のタクシードライバーも久々に見た。)

結果的にはやはり大通りか国境から市内中心まではシェアタクシーとして乗ることが可能だった・・・(;´∀`)



カサネのホテルに着いたのが11時頃だったので、その日の内にチョベ国立公園のボートツアーに参加したのだけど、写真が多いので次回の記事に持ち越すことにし、今回はホテルと町並みを。

カサネで泊まったのは何と4つ星ホテル!!!

「Chobe Safari Lodge チョベサファリロッジ」

P8192035.jpg

レストランにプール!

目の前には雄大なチョベ川が流れ、夕陽も見られる。

P8192034.jpg



で、

私の部屋はこちらです。

P8191999.jpg

はい、テントです・・・(゚∀゚)
そうです、ここカサネはバックパッカーが泊まれるような安宿は無く、ロンプラに掲載されている一番安いホテルですらシングル1泊6千円。なので、私のような人間はテント泊なのです。。。
とは言え、キャンプ泊でもプールは使えますよ~♪まぁ寒くて誰も入ってないけど;

とにかくこのホテル、敷地が広く木々が生い茂っているので小動物や野鳥が沢山見れるのでおすすめ!

一番よく目にするのが「おっことぬし様」。

DSCF7914.jpg



前足を半分折って食べ物を探す姿がちょっとおもしろい。

DSCF7919.jpg

地元では「Water hug」と言ってたけど、日本語では「イボイノシシ」。ホテル内をウロウロしているので、しょっちゅうスタッフに追い出されている。

↓おっことぬし様

おっことぬし



ホテルの敷地は非常に広い。
キャンプサイトまでの道。

P8192033.jpg



リスもよく見かける。

P8192027a.jpg



サルも沢山いるので、ホテルの人にテントの中の食べ物は気をつけるように注意された。

P8202257.jpg



その他の野鳥達。

P8192013.jpg



P8192021.jpg



P8192031a.jpg

野鳥はこの他にも色んな種類を見たのだけど、カメラを持って無かったりで全部撮れなかったのが残念。朝は鳥のさえずりどころか大合唱で目が覚めるくらい鳥が多いので、鳥好きには天国。しかもあまり警戒心が無いので、結構近くまで来るのが嬉しい。



カサネは町自体に動物も多いし人も優しいので、サファリツアーに行くだけでなく是非町もぶらぶらすることをおすすめしたい。

まぁ町と言ってもスーパーが2軒、他ツアー会社や小さな店が少しあるだけで交通量も少なく完全に「村」なのだけど。特に私が行ったのは土日だったので店もスーパー以外ほとんど閉まっていて静かなもんだった。

スーパーの近くで見たことない鮮やかな青い鳥を発見!

P8192045.jpg



興奮してバシャバシャ写真を撮っていたらめっちゃおばちゃんに笑われた。

P8192041.jpg

パッと見、鮮やかな青なのだけど、光沢があって光の加減によって黒く見えたり斑に見えたりする。なぜ目だけオレンジなのだろう・・・;「ニャー」という猫のような鳴き声も面白い。

P8192052.jpg



P8192050.jpg


おばちゃん達に鳥の名前を聞いても分からなかったのだけど、調べたところ和名で「アカガタテリムク」という名前が判明。カサネでは沢山見ることができた。


P8202260.jpg



あっおっことぬし様!

P8192058.jpg


おっことぬし様はホテルでも町中でもよく見かける。


P8192061.jpg



えっ何コレかわいい!!

P8202263.jpg


タグのようなものがついてるから野生じゃないのかもだけど、檻?から出入りは自由で何匹もウロウロしていた。一応保護されているのかな?
イタチみたい。縞模様があってかわいー!!(*´∀`*)


P8202266a.jpg

・・・と思って後で調べたら多分「マングース」。
え?あのよく聞く「ハブvsマングース」の?;初めて見たけど随分想像と違うなぁ。もっと牙とかむき出しな感じかと思ってた。



幹線道路から横道に入ると民家が並ぶのどかな光景。

P8202269.jpg



通りすがりに大人も子供も「ハロー!」と挨拶してくれる。
そのまま「ボツワナはどうだい?」などと世間話を始めてくる人もいて、今までのアフリカ旅でだいぶスレている私はこの後「マネー!」と言われないかとつい身構えてしまうのだけど、カサネでは一度も言われなかった。これだけ観光客が多いのにここまで地元の人がスレていないのも珍しい。

道路脇に打ち捨てられたボート。

P8202275.jpg



・・・のハンドルをかじる子供w

P8202274.jpg



・・・を笑って見ている女の子。

P8202273.jpg



ホテルのキャンプサイトから見る夕陽。

P8202284.jpg

残念ながら地平線は雲がかっていたので完全に沈むところは見れなかったけれど、高い位置なのに結構赤かったのが不思議。遠くて写真ではうまく撮れなかったけれど、ここからゾウの群れも見れる。(キャンプサイトの川沿いにある営業していないレストランから。8月20日午後6時前後。)



夜、受付からキャンプサイトに戻っていると暗闇でガサガサ音がするので目を凝らして見てみると・・・シカ?

P8202300.jpg


にしては背中の模様が珍しい。


P8202302.jpg

フラッシュに動じず黙々と草を食べていた。
後で宿のスタッフに写真を見せて聞くと、「クドゥ」という動物とのこと。アフリカにシカはいないらしい。クドゥは「体に白いが特徴」と歩き方にあったのだけど、この後線状になるんだろうか、、、。



カサネ出発当日も、テントを片付けていると鳥さんがちょこちょこと寄ってきた。

P8212309a.jpg

海外出るまで鳥って全然興味無かったのに、色んな野鳥を見る内にいつの間にか好きになったな~。

特にこういう胸毛がもりもりしている鳥がかわいくて好き。

P8212310a.jpg

既に色んな動物や鳥を見れているのだけど、次回の記事は人生発!のサファリツアー♪



ザンビア(リビングストン)からボツワナ(カサネ)への行き方


①リビングストン宿~国境行きシェアタクシー乗り場(ンゴロ)
シェアタクシー 数分 K5
※リビングストンバックパッカーズを右に出てロータリーを左に曲がったガソリンスタンド「Total」前でシェアタクシーを拾う。(タクシーがどれかよく分からなかったけど地元の人が助けてくれた)

②リビングストン(Livingstone)9:10発~カズングラ(国境)9:50着
シェアタクシー 約40分 K40
※乗り場に着くと、丁度出発したばかりで私が一人目だったけど30分ほどで人が集まった。

【ザンビア側国境】
両替商は沢山いる。ボツワナ側国境には両替商はいなく(土曜だったからかも)ATMも無いのでカサネまでの移動費はここでつくっておいた方がいい。
小銭を使える場所もある。コーヒーK5、ジャムサンドK5。カサネまで行くとATMあり。

イミグレは入って左側にまわる。出国スタンプもアッサリ押され問題無し。

車を乗せる船に乗って対岸へ渡る。係員がチケットを持って「2クワチャ」と言ってきたが、クワチャを使いきっていたのと、地元民は払わずにさっさと乗り込んでいたのでそのまま払わず乗車したが特に何も言われなかったので謎。外国人だけ徴収しに来ているのかも?

【ボツワナ側国境】
船を降りて道なりに少し歩いて行くとイミグレがある。入国カードを記入してから入国審査。ここもどのくらい滞在するか聞かれたくらい。(ボツワナはビザ無しで90日まで滞在可能)国境に両替商はいないので注意。カサネ町中まで行くと両替所はある。

③カズングラ(国境)~カサネ(Kasane)宿 11:00頃着
タクシー 約20分 P30
※最初の言い値は5ドル。地元の人がカサネまではバスでP3~4と教えてくれたが土曜のためバスは無く、平日でも本数は少ないとのこと。通常は国境からか、タクシー乗り場からまっすぐ行き、大通りのある交差点付近でカサネ行きのシェアタクシーが拾える(土曜でなければ国境からもあったのかも)。シェアタクシーは1人P4。
「宿までシェアタクシーで行きたい」と言って高くなる場合は「カサネ(SPAR)まで」と言うといいかも。そこから宿までは徒歩か、別のシェアタクシーに乗り換えてP4で行ける。



カサネ(チョベ国立公園付近)のキャンプサイト


P8192037.jpg

「Chobe Safari Lodge」
キャンプサイト:P95
WIFI:あり(ロビー、レストラン周辺、容量制限があるが普通に使う分には問題無し、ツアーデスク前のソファーが充電しながらのんびりネットが出来るのでおすすめ。)
設備:共同ホットシャワー、レストラン、プール、ツアーデスク
行き方:カサネ市内(Spar)前からシェアタクシーで数分。4プラ。
その他:高級ホテルにあるキャンプサイト。自然の中にありサルやリス、野鳥などが間近で見られる。キッチンは無いが隣りにスーパーがあり、お惣菜を買えば1食200円程度で済む。遠くのスーパー「SPAR」の方が品揃えはいい。
宿泊日:2017.8.19~2泊
関連記事