旅女 Tabijo~義眼のバックパッカー編~のメイン画像

特にすることもない田舎町「オワンド」(コンゴ共和国)

Category: コンゴ共和国
ウェッソからオワンドまでバスで約5時間。
その間2ヶ所で検問所がありIDカードのチェックがあるのだけど、外国人だけパスポートを没収され、道路沿いに建てられた掘っ立て小屋へと案内される。

そう。賄賂要求である・・・。
国境では入国税だの何だの一応それなりの理由をつけるものの、ここでの賄賂に理由は無い。

ただただ「ギブミーマネー」と言われるだけである。

更に腹が立つことに、国籍ごとに賄賂額を変えてきて、「カメルーン人は千フラン(200円)、南アフリカ人は5千フラン(1,000円)、日本人は1万フラン(2,000円)と言ってくる。

カメルーン人は全員慣れたようにさっさと支払ってバスに戻るも、私はその10倍の値段なのでさすがに支払う気も失せ、南アフリカの人達も「そりゃないぜ」とばかりに困惑している。基本的に賄賂は払いたくないものの、日本と違いこの辺りのバスは乗客が揃っていなかろうが気にせず発車してしまうので置いて行かれては元も子もない。カメルーンの人がみんな大人しく支払っているので私は無言で千フランだけ渡すと、渋い顔はされ何か言われるものの一応パスポートを返してくれた。
そしてこの賄賂徴収は毎回バスを乗る度に繰り返される。(まれに何とか逃れられる場合もあり)



オワンドに着いた瞬間、これはミスったかな・・・という思いがよぎる。
そもそもこの町に来たのは、ウェッソから首都ブラザヴィルまで直行すると到着が夜になってしまうのでそれを回避するためと 、せっかく高いビザ代を払っているのだからもぅ1ヶ所くらいどこか寄りたい、できるなら田舎で、という理由から、だったのだけどオワンドは本当に何も無い、しかし村と町の中間のような、まぁ「中途半端な田舎」だった。

ここでバスを降りたのは私の他一人だけ。バスターミナルも無い普通の道路で突如「着いた」と言われたので唖然としつつも、とにかくバイタクで安宿に連れて行ってもらう。

ボロい連れ込み宿に荷物を置き、ご飯を食べるため食堂へ。

P7281691.jpg



食堂の扉に描かれた絵。

P7281690.jpg

こんなにマッチョに描く必要はあるのか。



ご飯 1,000フラン(200円)

P7281689.jpg

左は筍・・・?のような竹のような山菜?の煮物で、ちょっとえぐみがあるのだけど悪くはない。右はカメルーンにあったミヨンドのような、お米の代わりに主食ともなっているモチモチしたやつ。葉っぱでくるんで蒸されたもので、屋台などで食べると時間が経って固くて酸味がきつかったりするのだけど、ここのは出来立てだったのかアツアツ・モチモチ、ほんのりした酸味。これは何度も食べてきたけれどここで初めて美味しいと感じた。



町の中心部。

P7281697.jpg



どこかへ走り去って行くヤギ達。

P7281702.jpg



川と橋。

P7281706.jpg



市場のサンドイッチ屋さん。

P7281699.jpg

コンゴもカメルーン同様フランスの植民地だったので、パンと言えばフランスパン。言語も地元の言葉もあるけれど共通言語はフランス語で英語はほぼ通じない。



「俺達も撮ってくれよ!」

P7281701.jpg

オワンドが他の町と違ったのは、大人も子供もみんな私を見つけると「ボンジュール!」「シノワー!(中国人)ニーハオ!」と笑顔で挨拶してくれること。まぁ田舎に行けばよくあることだけど、ここは特にそれが多くて、更に「中国人をバカにする」雰囲気も一切無かったのが良かった。時にはあんな遠くからよく見つけたな!と思うような場所から手をふりながら声をかけてくれたりして、何にも無い町ながら非常に癒やされる。

この町の近くには国立公園がありゴリラ等野生動物が見られるものの、ゴリラ・サル系に興味が無い+一人だと料金がバカ高いので私は行かなかった。市場の前で何かを買うために停まった車の中にツアー客らしいヨーロピアンが数人乗っていて、私自身も外国人であるということも忘れて、久々に見る外国人に興奮してしまった。嬉しくてニヤニヤと凝視してしまったのだけど、ハッと「あ~ここの人達もこういう気持ちなのか!」と気付く。



特にすることも無いのでお店の看板や壁の絵の写真を撮ることに。

理髪店。

P7281692.jpg

アフリカでは美容院と理髪店は非常に多い。

理髪店&美容院。

P7281698.jpg



バー。この絵は他の町でも見かけた。ビールメーカーかな?

P7281696.jpg



レストランの看板。

P7281707.jpg



レストラン2。

P7281724.jpg



だからなぜマッチョ!

P7281722.jpg



突如フレームインしてきたおじさん。

P7281723.jpg

マッチョではないものの、微妙に似ているのは気のせい?



魚や肉を置いてある店にはこういう絵が描かれているのだけど、何かしれっとサルもいるけど気のせいかな?サル・・・食べるんだろうか。

P7281708.jpg



工具店。

P7281709.jpg



ゲームセンター(稼働中)

P7281711.jpg



ゲームセンター2。よく見るとセクシーなお姉さんと左上に「18禁」のマークが。ただのメダルゲームなのになぜ18禁。

P7281712.jpg



なかなかいい感じの廃墟。

P7281714.jpg



庭先で子供達が遊んでいた謎のゲーム。

P7281718.jpg

暫く見るも一向にルールが分からず。



髪型がかわいい姉妹がいたので「写真撮らせて」というとなかなかカッコイイポーズをとられた。

P7281719.jpg


特にやることが無いため順調に漫画データを消費しつつ、翌日首都「ブラザヴィル」へと向かう。



ウェッソからオワンドへの行き方

ウェッソ(Ouesso)7:00発~オワンド(Owando)11:50着
バス 約4時間50分 5,000CFA
●途中2ヶ所で検問、外国人のみ1ヶ所につき1,000CFAの賄賂を要求される。
「OCEAN DU NORD」社、ブラザビル行きのバスで途中下車。他にもブラザビル行きバス会社はあるよう。券売所は朝は開いていないため、チケットは必ず前日早めに購入しておくこと(夕方別の人が購入しに行ったが売り切れていた)。集合時間は朝5時だったけど実際荷物の積み込みが始まったのは7時だった。バスターミナルは24時間開いているようで寝ている人も沢山いた。

↓「OCEAN DU NORD」社バスターミナル
P7271685.jpg


ウェッソ



オワンドの安宿


P7281729.jpg


P7281688.jpg


P7281687.jpg

「Espace"IKOULOULOU" Mini Hotel-Bar」
Est.Prix D'equilibre
068000048
シングル:3,000CFA
設備:水バケツシャワー付き、共同トイレ、蚊帳
行き方:バスを降りた大通り(村の中心)からバイタクで数分、300CFA。徒歩30分。MAPS.MEにあるガソスタ(TOTAL)より南、シェアタクシー乗り場横の地図上には載っていない道をまっすぐ。
その他:完全な連れ込み宿。昼間からお盛んだったりする。村の中心部からは離れていて近くに商店はあるが食堂は少ないので夕食は明るい内にどこかで買っておいた方がいい。
宿泊日:2017.7.28~1泊

オワンド

関連記事


旅女インスタグラム
ID:tabijo_shiho フォローありがとうございます♪

Instagram tabijo_shiho
https://instagram.com/tabijo_shiho/
リアルタイムの毎日更新が目標!ですが、あくまでブログをメインでやっていきたいので、
インスタでのコメントの返信はできないかもです。ごめんなさい;



旅女Facebookページ

旅女 Facebook
旅女Tabijo Facebook
ページTOPで「いいね!」をして頂けると、Facebook上でブログの更新通知が受け取れます。
※「いいね!」はいつでも取り消せます。私のブログは毎日書いたり1ヶ月あいたりとムラがあるので;その時に合わせて取り消したり、再登録したり、お好きなようにお使い下さいませ。



旅女YouTube

旅女Youtube
旅女Tabijo YouTube
旅中撮った動画をUPしています。







田舎に行こう!「シトルプツェ」

Category: コソボ
プリズレンの後に私が行こうとした町は「Shterpce」。現地では「シトルプツェ」というような発音。

「そこに何があるの?」

「さぁ・・・?」

「なんでそこに行こうと思ったの?」

「何かGooglemapで見て近くに田舎っぽい町があったから・・・」

「・・・いつもそんなことやってるの?」

う~ん、何かこれどっかでも言われたなぁ(;´∀`)
いや、うちだってもちろんいつもじゃないけど、ネットやガイドブック見て誰かと同じとこばっか行くのって単純に飽きるんですもの・・・。

とは言え、コソボってまだ地雷や不発弾残ってる場所が多いらしい。まぁうちが行くところはちゃんと家も沢山あるようだし(Googlemapの衛星写真で確認)大丈夫でしょう。

宿の人に行き方を聞くと、バスで40分くらいで行けるとのことだったので、もし宿が無ければ帰って来れるし。



シトルプツェ行きバスはバスターミナルではなく、川沿いのミニバス乗り場から10時くらいに出るとのこと。

DSCF3297_20170201071022f2f.jpg



10時15分にミニバス到着。行き先は書いていないので運転手に聞くしかない。

DSCF3299.jpg



車内にあったキス(いちゃつき?)禁止マーク。イスラム圏ではよく見かける。

DSCF3300_20170201071025f51.jpg

バスは霧の中をどんどん走る。どうやら結構山の中に行っているよう。



宿の人は40分と言っていたけど、霧だったせいか約1時間かかってシトルプツェに到着。かなり寒い!バスが着いた場所はバスターミナルではなく路上にある小さなバス停だったけれど、近くに大きな駐車場があり、道沿いには家が立ち並び、商店もある。早速人に聞きつつ宿探しをするも、1軒目はやっていなかった。英語が通じないため、通じそうな若い女学生の団体に聞いてみると少しだけ話せて、わざわざホテルまで連れて行ってくれた。

案内してくれた女学生達と。

DSCF3302.jpg



宿は15ユーロと高めだったけれど、シングル(ツイン)でシャワー付きでまぁ許容範囲だったので1泊することに。

部屋は何か田舎の屋根裏みたいだけど、きれいでかわいくてテンション上がったヽ(*´∀`*)ノ

DSCF3304_20170201071028087.jpg

WIFIも繋がるし、ヒーターも効いててあったかい♪これで15ユーロ(約1830円)は結構お得だなぁ~。(プリズレンで泊まった宿はドミで8ユーロ/約980円)



早速町を散策。

この橋辺りが町の中心↓

DSCF3376.jpg



教会。

DSCF3315.jpg

ん???

教会の上の旗、アルバニア国旗じゃない。
ということはセルビア国旗か!

前回の記事で書いたように、コソボではアルバニア人居住区と、セルビア人居住区が分かれていて、それぞれの地区にはそれぞれの国旗が掲げられていたりする。

民家にも飾られている。

DSCF3325_20170201071021110.jpg

町に来て初めてセルビア人地区だと気づいた私。
まぁだから何って言うわけでも無いんだけど(;´∀`)

しかしまぁ、宿から左右に10分も歩けば町が終わってしまうほど小さな町だった。むしろ村なのか?

DSCF3313.jpg

近くにゲレンデがあるらしいけどまだシーズンには入っていないよう。遠くには雪山も見えた。



見返り美?猫♪

DSCF3319.jpg



DSCF3322_201702010710218af.jpg



町中から少し登った丘に教会みたいなのがあったので行ってみるとお墓だった。
丘からの眺め。本当に「山に囲まれた集落」。

DSCF3335_20170201073916ad7.jpg



ぶらぶら歩いてまた見つけた教会。

DSCF3360.jpg



中はこれだけ見るとよくあるきれいな聖画のある教会なんだけど。
 DSCF3344.jpg
 


何とこの聖画。

DSCF3349.jpg


絶賛制作中!!!Σ(゚д゚;)


DSCF3358.jpg

教会に入った瞬間、絵の具?のツンとした匂いがして、あっこれは描いてるから入っちゃマズいと思って出ようとしたのだけど、この描いているお兄さんが快く入れてくれた。(イケメン)



凄いな~。聖画って当然誰かが描いてるものって知ってるんだけど、これを見るとそれを「知ってる」から「分かった」に変わった気がした。知ると分かるは似ているけれどちょっと違う。

DSCF3354.jpg



これもお兄さん(イケメン)が描いたのか~。凄いな~。

DSCF3353_201702010739228e8.jpg



しかし町を歩く間中ずっと、猫も人も、ものすご~く怪訝そうな顔で私を見る。
ゲレンデがあるくらいだから観光客もいるんじゃないかと思うけど、好奇心どころか本当に「不審者」レベルの顔つきで見られるので、あえてカメラを首からぶら下げて「不審者じゃないですよ~観光客ですよ~」アピールすると、単純にもそういう目は無くなった。

セルビア語が分からないから、「ハロー」と挨拶すると、現地の言葉で「こんにちは」と返ってくる。←よく聞き取れなかったけど、後で調べるとセルビア語でも無かったのでちょっと訛りとかあるのかな?特に子供達は一人が挨拶を返すと、みんな一斉に挨拶してきて面白かった。

「僕達を撮ってよ!」

DSCF3367.jpg



「そしてアイツも撮ってやってよ!」
 DSCF3366.jpg

子供達が遊んでいる広場があって、その周りにマンションのような高い建物があるんだけど、そこの3階くらいからわざわざ「ハロー!!」と声をかけてくれた女性もいた。



時々石造りの古い建物も見るけれど、大体貯蔵庫か家畜小屋に使われているようで、人が住んでいる家は比較的新しくてきれいだった。

DSCF3369.jpg



DSCF3371_20170201080205612.jpg



夜ご飯は宿併設のレストランで。(というか、ここの他に1軒しか開いていなかった;)

DSCF3379_20170201080208bbc.jpg

また(まだ)ケバブ・・・。
だけど全部で3ユーロ(約370円)と安いので良しとする。


情報の無い変な場所に行くと本当に何も無い!ってこともよくあるけれど、今回は何も無いながらに教会の聖画描いてるところを見れたのが思わぬ収穫だったなぁ~。こういうことがあると非常に得した気分になる(*´ω`*)



プリズレンからシトルプツェへの行き方


プリズレン(Prizren)10:15発~シトルプツェ(Shterpce)11:20着
ミニバス 約1時間5分 2ユーロ

プリズレン、川沿いのミニバス乗り場↓

DSCF3297_20170201071022f2f.jpg




シトルプツェの安宿


※宿は数軒ある。全てレストランの上が宿になっているが、時期によっては閉まっていることも。

DSCF3305.jpg

「MOTEL LOVAC」
シングル:15ユーロ(トイレシャワー付)
WIFI:部屋可。普通に使える。
設備:暖房、1階がレストラン
その他:シャワーはぬるい。
行き方:バス停から徒歩1分。看板がある。↓

DSCF3374_2017020108020673e.jpg
関連記事


旅女インスタグラム
ID:tabijo_shiho フォローありがとうございます♪

Instagram tabijo_shiho
https://instagram.com/tabijo_shiho/
リアルタイムの毎日更新が目標!ですが、あくまでブログをメインでやっていきたいので、
インスタでのコメントの返信はできないかもです。ごめんなさい;



旅女Facebookページ

旅女 Facebook
旅女Tabijo Facebook
ページTOPで「いいね!」をして頂けると、Facebook上でブログの更新通知が受け取れます。
※「いいね!」はいつでも取り消せます。私のブログは毎日書いたり1ヶ月あいたりとムラがあるので;その時に合わせて取り消したり、再登録したり、お好きなようにお使い下さいませ。



旅女YouTube

旅女Youtube
旅女Tabijo YouTube
旅中撮った動画をUPしています。