旅女 Tabijo~義眼のバックパッカー編~のメイン画像

カメルーンでのコンゴ、コンゴ民主(DRC)ビザ取得方法と敗戦履歴

Category: カメルーン
ヤウンデにある各国大使館は「Bastos」という地区周辺に固まっている。シェアタクシー等で行く場合は大使館の名前を言って分からなければ「Carrefour Bastos(交差点の名前)」か「Bastos Pharmacie(バストスの大きい薬局)」と言うと近くまで行ける。
コンゴ、コンゴ民主(DRC)は間違いやすい上に大使館同士の場所は離れているので、タクシーには首都の名前をつけて「ブラザヴィルコンゴ」か「キンシャサコンゴ」で伝えた方がいい。

ヤウンデの各大使館の場所↓

ヤウンデ大使館

日本大使館 月~金 8:00~16:00(昼休憩12:30~13:30)
中国大使館近く。日本語情報ノート、文庫本が沢山あり貸出してくれる。コンゴには日本大使館が無いのだけど、賄賂要求がある度にここで貰った日本大使館職員の方の名刺をこれ見よがしに出して「日本大使館に連絡してみる」と電話するフリして見逃して貰えた等、結構助けられた。



コンゴビザ(ブラザヴィル)

取得場所:ヤウンデ(カメルーン)
取得日:2017/07/18
タイプ:15日シングル(入国日指定)
費用:7営業日50,000CFA(Express4営業日 100,000CFA)
取得日数:7日又は4日(14時受取)
必要書類:写真2枚、パスポートコピー、カメルーンビザコピー、イエローカードコピー、ホテル予約書
申請受付時間:月~金 8:30~午前中
※パスポートはホールドされる。通常価格で申請したが、申請日を含む4営業日で取得できた。カメルーンからガボンを経由せず陸路でコンゴに入る場合、ビザの開始日とホテルの予約日は7営業日(Expressは4営業日)+2日以降に設定しないと受け付けてくれない。ビザが出来ると指定日に電話がある。



コンゴ民主(DRCキンシャサ)ビザ

取得場所:ヤウンデ(カメルーン)
取得日:2017/07/20
タイプ:シングル30日(入国日指定)
費用:75,000CFA(過去より若干値下げ)
取得日数:1日(申請翌日9:30受取)
必要書類:写真2枚、コンゴビザ
申請受付時間:月~金 9:00~午前中
※陸路で行く場合、先にコンゴビザの取得が必要と言われる。DRCのビザはベナン・コトヌーで安く簡単に取れるのでベナンで取ることをオススメする。



その他取得失敗したビザ


【赤道ギニアビザ】
他の国の領事館ではビザ代が500ドル~800ドル等と法外な価格を提示してくる赤道ギニア。金さえ払えば取れるけど、そんなバカみたいな価格を払って大して見所の無い国へ行くバックパッカーもなかなかいないのである意味難攻不落な国。しかしカメルーンでは結局ビザは取れなかったものの、ビザ代金はヤウンデ・ドゥアラ共に領事館前に貼り出してあったので法外な価格を言われることは無いと思う。どちらも51,000フラン(約1万円)。

申請場所:ヤウンデ(カメルーン)
申請日:2017/07/11
費用:51,000CFA(大使館外に表示あり)
必要書類:日本大使館のレター、渡航理由書、写真2枚、パスポートコピー、イエローカードコピー(ワクチン5種)
申請受付時間:月・水・金 10:00~午前中
黄熱病以外に5つのワクチン接種証明書が必要と言われるが、まぁ体のいい断り文句なのだと思う。フランス語が出来れば印象はいいかもしれないが、人によって対応は違いそう。日本大使館レターを持って再訪したがとにかくワクチン証明が無いと無理の1点張りで受け付けてくれなかった。ちなみに必要なワクチンはポリオ、髄膜炎、B型肝炎、コレラ、腸チフス。誰かこれを全て打って行って是非チャレンジして貰いたい。ビザ取れたら報告お願いしますw


申請場所:ドゥアラ(カメルーン)
申請日:2017/07/10
費用:51,000CFA(大使館外に表示あり)
必要書類:日本大使館のレター、写真2枚、パスポートコピー、イエローカードコピー等
場所:下地図参照。タクシーに言えばみんな知っている。宿からシェアタクシーで約15分、200~250CFA。
申請受付時間:月・水 9:00~12:00
受取時間:火・木 10:00~14:00
※日本からの旅程表、渡航目的、銀行残高表、クレカコピーも提示した。居住者のみと言われる。粘ると日本大使館のレターがあれば一応申請は受け付けると言われたが、手続き費で600CFA支払って待たないといけないが必ず取れるというわけではなく、何日かかるのかも分からないと言われた。書類が多いほど印象がいいような雰囲気だったので、もしチェレンジする人がいれば、初めから航空券以外の揃えられる書類を全て提出した方がいい。大使館職員の印象は良く、私が行った時は英語が話せる人が一人いて丁寧に説明してくれたのでチャレンジする価値はあるかもしれない。
日本大使館はヤウンデにあるのでルート的には厳しいかもしれないけど・・・。

↓ドゥアラの赤道ギニア領事館前にあったビザ料金表と必要書類。
P7101453.jpg


↓ドゥアラの赤道ギニア領事館の場所
ドゥアラ宿赤道ギニア

ドゥアラにあるマラボ行き航空会社の場所
・「Ceiba intercontinental」 AKWA地区
・「Cronos airlines」 BONANJO地区
行ってないけどタクシーに言えば分かるとのこと。



【ガボンビザ】
申請場所:ヤウンデ(カメルーン)
申請日:2017/07/12
タイプ:1ヶ月シングル
費用:50,000CFA
必要書類:写真2枚、パスポートコピー、イエローカードコピー、カメルーンビザのコピー、ホテル予約書、海外旅行保険書コピー(英語、フランス語)
申請受付時間:月~金 8:00~12:30
受取時間:3営業日 14:00~16:30
※海外旅行保険書のフランス語訳が必要と言われた。英語でも書かれているからいいでしょと粘るも受け付けてくれなかった。ダミーでも大丈夫そうな感じはあるけれどそこまでの意欲がガボンに無かったので諦めた。
混んでいるので早めに行った方が無難。部屋に入って左手にあるイスが受付する列になっているのでそこに座って順番を待つ。
ホテルの予約は面接時に直接ホテルに電話して確認されるという情報もあるので、面接が終わるまではキャンセルしない方がいい。


★ちなみにサントメ・プリンシペはビザは不要になりました!!実際不要になってから入国した日本人もいるので確かな情報です♪
関連記事
スポンサーサイト









ナイジェリアでのビザ申請と敗戦履歴(カメルーン、DRC、赤道ギニア、アンゴラ)

Category: ナイジェリア
アブジャに着いてまず向かったのは日本大使館。
アンゴラビザを申請するために必要な大使館からのレターを貰いに行くためだった。
※レター=この人は大丈夫だからビザ出してあげてねーという添え状。

大使館員の人に会うなり待ってましたと言わんばかりに「あなたのことは伺っております」と一言。ベナン大使館でナイジェリアビザのレターをお願いした際に、連携プレーとなって「この人そっち行くらしいんだけど、ナイジェリア今大丈夫?え?陸路は微妙だから空路で?じゃあその方向で言ってみます」とか何とかそういうやり取りが行われていたらしい。(まぁ結局四の五の言いながら陸路で来たんだけど)

しかしこの日は「私をマークする担当?の職員さん」が所要で留守だったので、翌日その方と面談の上、レターを発行してくれることに。

面談ではこの後のルートや周辺国の治安などを教えて頂き、レターもGET。
大使館の人も「女性の一人旅」というのが非常に心配らしく、この先も到着した場所からメールをするようにと言われた。Facebookのグループページを見ていると女性もいるんだけど、やはり相対的には少ないのかなぁ。

こうして晴れてH田さんと同じく日本大使館にマークされることに。本当、ご心配おかけして申し訳無い・・・(゚∀゚;)



日本大使館に行った後に、職員さんに教えてもらったフリーWIFIのあるショッピングモールへ。WIFIが使いたいと言うよりも、ただエアコンの効いた近代文明に触れたかった軟弱者。

P6301223_201709191909340c5.jpg

毎度お世話になります。SHOPRITE。


色々苦労したものの、結局ナイジェリアでチャレンジしたビザは1勝3敗だった。
まぁナイジェリアで申請しようとする人も少ないだろうけど、ラゴスでチャレンジしたものも含めて一応参考程度に書いておこうと思う。

★ちなみにコンゴ民主共和国(DRC)ビザはベナンで5千円程度で即日簡単に取れるので、西を南下する人は必ずベナンまでに取ること!でないと私のようにその後かなり苦労する・・・。



ナイジェリアでのカメルーンビザ申請方法


カメルーン大使館・領事館はラゴス、アブジャ、カラバールにそれぞれあるが、カラバールが一番楽に取れると聞いたので、カラバールで取得。カメルーンビザはナイジェリアのどこで申請してもそれほど難しくないようなので、自分が経由する町で取ればいいと思う。ただし私がラゴスにいた時は職員が数日アブジャに行っているということで申請出来なかった。

取得場所:カラバール
取得日:2017/07/04
タイプ:90日シングル
費用:31,000N、又は51,000CFA(カメルーン)
※ナイラ払いはその時のレートによって変わる。ダブル、マルチの場合は+21,000CFA。
取得日数:即時(約5分)
必要書類:写真2枚
場所:4°59'48.6"N 8°19'25.8"E

書類を記入して数分で発行。今まで取ったビザの中でも群を抜いて早かったので驚いた。職員は無愛想だと思ったが、リンベ行きのボートが出る場所を聞くとわざわざ仕事を置いて(無いの?;)車でそこまで連れて行ってくれ、更にホテルまで送ってくれるというVIP待遇・・・。



ナイジェリアでのビザ取得敗戦履歴


【コンゴ民主共和国(DRC)ビザ】
申請場所:アブジャ
申請日:2017/06/28
必要書類:DRC居住者からのインビテーションレター他
場所:9°04'56.0"N 7°28'08.5"E
WUSE2「ウゼ2」と言えば通じる。バス等が停まるウゼ1から徒歩でも行ける。
長期旅行者ということ、現地にどれだけ行きたいかを話して粘る。一応話は聞いてくれるものの、とにかくナイジェリア居住者でないならレターが無いと無理と言われほぼ門前払い。


【赤道ギニアビザ(Equatorial Guinea)】
申請場所:ラゴス(Lagos)
申請日:2017/06/19
必要書類:パスポートのコピー、写真2枚、ホテル予約書
場所:6°27'03.1"N 3°25'26.6"E
住所:7 Bank Road, Ikoyi(Lagos Island) 
書類など全て記入し意外とすんなり受付はしてくれたものの、ビザ代500ドルと言われ断念。いくらなら払えると言われたので交渉は可能だろうけどそこまでの意欲は無かったので交渉せず。決定権は担当者ではなくボスにあるが、ボスは姿を現さない。

申請場所:アブジャ(Abuja)
申請日:2017/06/28
必要書類:写真2枚、ホテル予約書、日本からナイジェリアまでの旅行行程表
場所:9°04'47.0"N 7°27'57.6"E(WUSE2 ウゼ2エリア)
居住者のみの発行と言われたが粘ると意外にすんなり受付はしてくれた。担当者も感じが良く、パスポートをホールドされ翌日電話しろと言われたのでこれはいけるかもと思ったが結局無理だった。ここも決定権は裏ボスなので、担当者はすごく申し訳無さそうに謝ってくれた。理由を聞いたけど彼も分からないとのこと。取れなければいいやぐらいの気持ちなので粘ってないけど日本大使館のレターを用意して再訪しても良かったかも。

※赤道ギニアビザはこの後のカメルーン、ドゥアラでの取得が一番可能性がありそうだった。ビザ費用は51,000CFA。詳しくは後日カメルーン編で更新予定。


【アンゴラビザ】
申請場所:アブジャ
申請日:2017/06/30
必要書類:アンゴラ居住者からのインビテーションレター他
場所:9°02'23.2"N 7°28'32.4"E「Area 10」のアメリカ大使館のすぐ隣り。
申請受付時間:火曜日のみ?9:30~13:00。
入口で申請は火曜のみと言われる。守衛さんに必要書類を聞くとまずインビテーションレター(招待状)が無いと無理とのこと。火曜までかなり時間があったので申請を諦めた。

※アンゴラビザはこの後行ったDRCのポイント・ノアでの取得が一番可能性があるかも。ビザ費用は75,000CFA。詳しくはDRC編で更新予定。

関連記事