旅女 Tabijo~義眼のバックパッカー編~のメイン画像

マンダレーで悩む(ミャンマー)

Category: ミャンマー
ミャンマー第2の都市、マンダレーに到着。

堀に囲まれた旧王宮。
m2.jpg


m1.jpg


カラスではなく、鳩。
m3.jpg

これだけ多いと気持ち悪い。



マンダレーのマーケットはかなり広い。
建物の中では無く、外の方が面白い。

バナナ屋さん
m4.jpg


タナカ屋さん
m5.jpg


チリ屋さん
m6.jpg


さとうきび?か何か分からんけど甘いやつ。
m8.jpg

m7.jpg

甘いけどお茶に合う。100チャット~買える。


プリンも買ったけど今ひとつだった。
m9.jpg


東南アジアでよくあるスイーツドリンク。
P8162306.jpg

見た目にやられて買った。
味は期待してなかったけど、予想通りだった。


ただ、マンダレーのご飯は美味しい!
食堂、レストラン、屋台、外れが無かった。

シャンヌードル? 700K(70円)
P8172314.jpg

見た目は油っこいけどコレがウマい!
付け合せの惣菜が、日本で言う正に「ピリ辛高菜」。



「Karawek cafe」
26thと83thの交差点(夜のみ出る屋台レストランみたいな感じ)
夕食は2日ともここに行った。

「biryani(ビリヨニ)」 スープ、サラダ付 600K(60円)
m10_2013082618050912c.jpg

カレー炊き込みご飯?
インド系の料理かな?
出来合いだから冷えてるけどウマい。
レーズンが入ってるから、そういうのダメな人はアレだけど・・・。

英語メニューもあるけど分かりにくい。
m11.jpg

「チキンカレー」を頼むと、チキンカレーと白ご飯。
上の方のライス系は、白ご飯の代わりにそのご飯にするとその値段になりますよ、って意味だと思う・・・。
「biryani」の単品はメニューには載ってないけど、「オンリービリヨニ」と頼むと出してくれる。

ここもそうだけど、マンダレーのレストランは男の子がちゃかちゃか働いてて、何だか活気があっていい。
どの子がいいかな~とひっそり考えながら食事するのも楽しい笑


マンダレーは2泊したけど、結局全く観光しなかった。
と言うのも、そもそも私はマンダレー自体には興味は無く、
ここ郊外の村で行われる「タウンビョン祭り」が目当て。

祭りで宿が取れなくても困るから早めにバガンを出たものの、宿は全然余裕で空いていた(´д`)

ミャンマー人にとっては新聞にも載るくらい一大イベントなのに、どうやら観光客には人気が無い・・・というか、あまり知られていない;
みんなに「そんな祭りあるの?」と言われてしまった。

タイの「ロケット祭り」に続き、

またしてもB級祭りにヒットしてしまったらしい・・・。



満月の日が一番盛大らしいけど、それまで後4日もある。

マンダレー2日目にして、飽きてしまった私。

悩む。



そんな中、宿で会った日本人カップルに、

「今から行って現地人と仲良くなって、家に泊めてもらったらいいんじゃない?」

と言われる。


そうなんだよね~(;´∀`)

うちもそれは考えてたけど。


「何も情報が無い所に行く」

「現地人について行く」



この2つは、もぅ既に経験上、すごくしんどい。というのが分かっている私。

「しんどい思いをする」というのが120%確実な割に、

「いい体験が出来る」といのは全く確実では無い。


まぁ「いい体験」「悪い体験」どちらにしろネタにはなるんだけど、自分でしっかり「危険度」を見極めないとダメなんだよね・・・。


う~~~~~~~~~~~ん。


かなり悩んだ末、チェックアウトして、大きい荷物だけ預けて行ってみることに。

決定打は、今回は「逃げ場がある」こと。
祭りが行われるタウンビョン村は、マンダレーから乗り合いバスで約1時間弱。
もし泊まれそうじゃなければ戻って来れる距離だし。
宿もそんな客飽和状態じゃないし。

つーことで。

いよいよ次記事は「タウンビョン祭り」編。

 ↓ さてさてどうなる!?幸運を祈るクリックを!
関連記事


旅女インスタグラム
ID:tabijo_shiho フォローありがとうございます♪

Instagram tabijo_shiho
https://instagram.com/tabijo_shiho/
リアルタイムの毎日更新が目標!ですが、あくまでブログをメインでやっていきたいので、
インスタでのコメントの返信はできないかもです。ごめんなさい;



旅女Facebookページ

旅女 Facebook
旅女Tabijo Facebook
ページTOPで「いいね!」をして頂けると、Facebook上でブログの更新通知が受け取れます。
※「いいね!」はいつでも取り消せます。私のブログは毎日書いたり1ヶ月あいたりとムラがあるので;その時に合わせて取り消したり、再登録したり、お好きなようにお使い下さいませ。



旅女YouTube

旅女Youtube
旅女Tabijo YouTube
旅中撮った動画をUPしています。







ポッパ山遠足(ミャンマー・バガン)

Category: ミャンマー
バガンから車で約2時間、標高1518mの死火山・ポッパ山に行って来ました。
「ナッ信仰」の聖地とされています。

自力でも行けますが、宿の人達と行くのが楽しそうだったのでツアーに参加しました。

宿の日本人総出だったので、10人くらいわいわいしてて、遠足みたいで楽しかったです。

しかし、やはり一人旅者は私も入れて団体行動を乱しがちでした(∀`*ゞ)エヘヘ
まぁ怒る人は誰もいませんが笑
進むにつれ、一人、また一人とどこかへ消えて行きます・・・w


ポッパ山へ行く途中に寄った村。
P8132175.jpg


油やお酒を作ってるところを見学出来る。
P8132171.jpg


ココナッツ取る人。
P8132178.jpg


ハシゴを使うのはまだまだ甘い!!!
 ↓ 何も無しで相当高い椰子の木を登る人。(inパプアニューギニア
12coco.jpg


「カザンノイシ」と日本語で売ってくる現地人。
P8132182.jpg


正直、ここが一番のハイライトだと思う。
P8132184.jpg


この後ここの頂上まで行くんだけど、景色は「緑」のみだった。

頂上。
P8132194.jpg


とにかく猿が多い。
P8132198.jpg

P8132211.jpg

帽子やペットボトルはすぐ取られるので要注意。


さぶちゃんみたいな人いた。
P8132214.jpg


「緑」しかない景色。
P8132209.jpg

P8132216.jpg

P8132217.jpg


バガン楽しかったなぁ~。
宿に泊まってる人々も良かったし。
宿代が高いのだけが難点かな。2人旅ならいいけど。
さてさて、お次はマンダレー。

 ↓ クリックで応援よろしくです。
関連記事


旅女インスタグラム
ID:tabijo_shiho フォローありがとうございます♪

Instagram tabijo_shiho
https://instagram.com/tabijo_shiho/
リアルタイムの毎日更新が目標!ですが、あくまでブログをメインでやっていきたいので、
インスタでのコメントの返信はできないかもです。ごめんなさい;



旅女Facebookページ

旅女 Facebook
旅女Tabijo Facebook
ページTOPで「いいね!」をして頂けると、Facebook上でブログの更新通知が受け取れます。
※「いいね!」はいつでも取り消せます。私のブログは毎日書いたり1ヶ月あいたりとムラがあるので;その時に合わせて取り消したり、再登録したり、お好きなようにお使い下さいませ。



旅女YouTube

旅女Youtube
旅女Tabijo YouTube
旅中撮った動画をUPしています。







世界三大仏教遺跡「バガン」(ミャンマー)

Category: ミャンマー
世界三大仏教遺跡。
アンコールワットとボロブドゥールは行ったので、このバガンで完全制覇!

個人的にはバガンが一番好み。
遺跡群を見渡せるのもいいし、その中に現在も普通に使われている寺院も混ざっているというのがいい。
宿から自転車でいつでも見回れる手軽さも。

今回はほぼ写真だけ~。

P8122046.jpg


P8122048.jpg


P8122053.jpg


タラバー門 Tharabha Gate 9世紀に作られた城壁の名残。
P8122054.jpg


タビィニュ寺院 Thatbyinnyu Temple
P8122056.jpg


P8122057.jpg

サンドアートを売ってる人たくさん。
「全部手書き」と言いながら、工場生産しているものが多いらしい。
しかし、実際その場で書いているお姉さんがいてびびった。
むちゃくちゃウマい!すげー!

この寺院の裏側の道を通った時に、まだ行ってないと思って2回行ってしまった。
1回目行った時に話したサンドアートのお姉さんに、
「あなたここ2回来てるわよ!」
と、指摘される;


シュエグーヂー寺院 Shwegugyi Temple
P8122067.jpg


P8122084.jpg


P8122070.jpg


テラスからタビィニュ寺院が見える。
P8122073_201308261117468d6.jpg

P8122077.jpg

欧米人が、

「Such a beautiful!!!(何て美しいの!的な)」

と言っていた。
ほんとうに正にその通り、「Such a beautiful」なのである。
ここには「ガイドはいらない」と言っても、勝手にガイドして「私の店で何か買って」と言って来るおばさんがいるので注意。
まぁ買わなくてもそれ程しつこくは無い。


マハーボディー・パヤー Mahabodhi Paya
P8122091.jpg

インドのブッダガヤに模した寺院。
こうあからさまな「入場ゲート」を造られるとげんなりするが、ここで冷たい水を補給出来る。


ミャンマーの日焼け止め兼化粧「タナカ」
P8122094.jpg

P8122093.jpg

木を水をつけた石版で摩り下ろして顔に塗る。
子供も大人も、老若男女問わず使われる。
日本の「田中さん」とは全く関係は無い。

おばちゃんに「Just try(試すだけ)」と言われて塗られた。
まぁJust tryだけじゃ申し訳ないんで、水だけ買ってあげた。


P8122098.jpg


ブー・パヤー Bu Paya エーヤワディー川岸の仏塔。
P8122106.jpg


P8122101.jpg


かわいい子供達に会う。
キャッキャ遊んでたのに、カメラを向けると真顔になってしまった;
P8122109.jpg

子供を笑わせる方法は私は知らない(´・ω・`)
いないいないばぁして真顔で返されるとヘコんでしまうガラスのハートだからさ・・・



P8122112.jpg

日焼けした顔にタナカが目立つ。
通りすがりの学生達に笑われた理由がここで判明。


ゴドーパリィン寺院 Gowdawpalin Temple
P8122115.jpg


P8122116.jpg


P8122118.jpg


P8122123.jpg


ナガーヨン寺院 Nagayon Temple
P8122125.jpg
ミィンカバー村にある寺院。中は真っ暗で何も見えない。


シュエサンドー・パヤー Shwesandaw Paya
P8122135.jpg


5階まで登れるため、景色がいい。
P8122131.jpg

P8122132.jpg

夕日スポットで、夕方は人が多い。
この時間帯はバガン入域チケットの確認がある。
ここを含む全ての遺跡・寺院が「要・素足」なので、昼ここに行くと、ほんとに熱くて歩けない。

残念ながら曇ってて、夕日は見れなかった。
P8122136.jpg


P8122137.jpg


粘ってると、月は見えた。
P8122138.jpg

でもここまで粘ると、自転車だと帰りが暗くて危ない。


アーナンダ寺院 Ananda Temple 夜のライトアップ。
P8122139.jpg


高さ約60mの展望台があるという、バガン・ビューイングタワーも行ってみた。
Nyaung Oo Kyaukpadaung Rd.をひたすら真っ直ぐ。
空港行きの看板がある大きい交差点で右折。
タワーの看板が出たら斜め右に直進。
宿から自転車で約30分。入場料$5(ジュース付)。

P8122141.jpg


見えた。
P8122142.jpg

P8122143.jpg


夕日は見られなかったけど、景色は良かった!
P8122147.jpg


P8122150.jpg


P8122157.jpg


 ↓ クリックで応援よろしくです。
関連記事


旅女インスタグラム
ID:tabijo_shiho フォローありがとうございます♪

Instagram tabijo_shiho
https://instagram.com/tabijo_shiho/
リアルタイムの毎日更新が目標!ですが、あくまでブログをメインでやっていきたいので、
インスタでのコメントの返信はできないかもです。ごめんなさい;



旅女Facebookページ

旅女 Facebook
旅女Tabijo Facebook
ページTOPで「いいね!」をして頂けると、Facebook上でブログの更新通知が受け取れます。
※「いいね!」はいつでも取り消せます。私のブログは毎日書いたり1ヶ月あいたりとムラがあるので;その時に合わせて取り消したり、再登録したり、お好きなようにお使い下さいませ。



旅女YouTube

旅女Youtube
旅女Tabijo YouTube
旅中撮った動画をUPしています。







バガンでビール三昧(ミャンマー)

Category: ミャンマー
ピイからバガンまでのエアコン無しバスはそこそこハードなバスだった;

エアコンバス14000チャット、窓バス12000チャット。
その差わずか200円。

私は値引きしてくれて10000チャットだったからまだ納得出来たものの、200円でこのクオリティの差は納得出来ないと思う。

夜行バスだったから熱さは無く、夜はむしろ寒いくらいだったんだけど。


とにかくまぁ、「貨物車に人がお邪魔してる感じ」だった。

座席の下は全て米袋みたなものに入った物資で埋め尽くされている。

それが通路、足を置くところにもびっしり。

足を伸ばすことは出来ず、こんな感じ。↓
1bus.png

もちろん座席も満席・・・というか、通路には人びっしりだし、2人掛けのシートに3人押し込まれたり、
完全にバスの許容積載量は超えてたと思う。

途中何回か物資(全て豆だった)の積み下ろしで止まったりで全く寝れず;

くそ~

豆めぇ~

まぁ6時間くらいだったからまだ良かったかな・・・。



泊まった宿は日本語が話せるスタッフがいるということもあって、日本人が多かった。
歩き方にも載ってる「流暢な日本語を話すスタッフ」フミヤ君。と娘。
3bagan_pyinsa3.jpg

娘かわいい!
息子もカッコイイけど、ちょっとイケイケな感じw
フミヤ君の昔の写真が藤井フミヤに似てるから、日本人からは「フミヤ」と呼ばれてるけど、残念なだが今はその面影は無い。
でも小動物っぽくてちょっとかわいい。



マーケット裏の食堂で食べたヌードル。500チャット(50円)
P8112011.jpg

モンティーだかモヒンガーだかカウソエだか分からないけど


不味い・・・。


ちょっとローカルすぎる食堂だったかな・・・。
店のおねいさんがニコニコしながら私を見てるので、頑張って掻きこむ。



バガンでは結局5泊したけど、もっといたかった。
ミャンマー観光ハイライト地なのに、結構田舎。

中心部から少し歩くとこんな風景。
P8112013.jpg

ここではみんな自転車レンタルか、馬車で観光する。

徒歩圏内にも遺跡がたくさん。
P8112016.jpg


Shwezigon Paya シュエズィーゴン・パヤー
P8112017.jpg

P8112024.jpg P8112023.jpg


パヤーに行く回廊にあった何か。
P8112027.jpg

葉巻のフィルターだった。



宿の近くの商店の猫さん達。
P8112028.jpg

親が2組いて、子猫が6匹くらいわさわさしてた。
何も買わないのに毎日通った。



セブンイレブンではなくインターネット屋。
P8162303.jpg


宿の斜め向かいくらいにあるサラダレストラン。
P8112029.jpg


「サラダライス」という謎のメニューがある。
とりあえず頼んでみると、ピーナッツとチリを合えたご飯が出てきた。
P8112030.jpg

特別美味しい!というワケじゃないけど、スープと付け合せ付きでお腹も満足。
これで500チャット(50円)なら全然いい。

猫もいるし。にゃー。
P8112031.jpg



Cheri Land(レストラン)
P8112032.jpg


ミャンマービール。650チャット(65円)。
P8112039.jpg

ベトナムとかもそうだけど、ミャンマーも瓶ビールより生ビールが安い。
缶ビールも生と同じ値段。
なら、断然生ビールを飲みたい。

バガンでは宿から徒歩30秒のところにこのレストランがあった。
奥の席も開放的でいい。
料理は高いけど、串焼きは1本200チャットくらいだったかな?
同じ時期泊まってた人も、飲む人が多くて毎日みんなで飲みに行って、すごく楽しかった。
気がついたら1日2回とか行ってたよ・・・(;´∀`)

それにしてもバガンでは観光に全くお金を使わず、ビールだけで一体いくら使ったのか。。。
ステキなおじ様がいたからまだ良かったもののw


↓ ミャンマーでまさかの散財にならないよう、今後はちょっと控えます;
関連記事


旅女インスタグラム
ID:tabijo_shiho フォローありがとうございます♪

Instagram tabijo_shiho
https://instagram.com/tabijo_shiho/
リアルタイムの毎日更新が目標!ですが、あくまでブログをメインでやっていきたいので、
インスタでのコメントの返信はできないかもです。ごめんなさい;



旅女Facebookページ

旅女 Facebook
旅女Tabijo Facebook
ページTOPで「いいね!」をして頂けると、Facebook上でブログの更新通知が受け取れます。
※「いいね!」はいつでも取り消せます。私のブログは毎日書いたり1ヶ月あいたりとムラがあるので;その時に合わせて取り消したり、再登録したり、お好きなようにお使い下さいませ。



旅女YouTube

旅女Youtube
旅女Tabijo YouTube
旅中撮った動画をUPしています。







お寺の中心でFu○k you!と叫び・・・そうになる(ピイ)

Category: ミャンマー
何もないピイで、まさかの2記事になってしまった。
ピイからバガンに行くバスは夕方発のため、昼に街中にあるお寺に行ってみた。

ここで、うっかり私のブログを読んでいる皆さんに下の写真をよく覚えておいて欲しい。
4_20130824193825310.jpg
ミャンマーでよく見かける看板の意味は、「観光客には手助けを」



お寺の入り口で現地のおっさんに声をかけられる。

おやじ 「チャイナ?コリア?ジャパン?」

ウザそうなので答えずかわしながら行こうとすると、しつこくついて来る。

私 「ジャパン!」

しつこいので、答えてさっさと行こうとすると、わざわざ私の行き手を遮って

おやじ 「ビルマ(ミャンマー)・イズ・ストロング!

  ジャパン・イズ(英語が分からないのか手で「Fu○k you」のサインをする)」




あ~~~

そっち系?(´Д`)ハァ…

うぜぇ~~~~~

だめだめ、こんな幼稚なヤツ相手にしちゃあ・・・。

無視して立ち去ろうとする私。

おやじ 「ジャパン・イズ(上に同じ)、ナンバーワン・アメリカ!!」



・・・だから???



まぁ日本軍がミャンマーに何したか知らないうちも悪いけど。

アンタがそれをうちに言ったところで何も変わらないのは、いい大人なんだから分かるでしょうに。

イライラしつつも、無視しきってお寺の階段を登る私に向かって、まだ何か言ってるおやじ。

おい。

この看板 ↓ はどうした。
4_20130824193825310.jpg

くそ~

腹立つわ~・・・(`д´#)

階段を一段ずつ登るにつれ、怒りが増してくる私。

登りきった時に、

「戻った時に絶対あのオヤジに「Fu○k you!」って言ってやる!」

と固く決意していました。


Shwesandaw Paya シュエサンドー・パヤー
P1.jpg


からの、景色。
P2.jpg


イライラしてたので、気もそぞろでお寺をぐるぐるしていたのですが、

反対側の景色はどうかとお寺をぐるっと回ると。
P3.jpg


何かデカい仏像がある。
P4.jpg


デカい。
P5.jpg


・・・ちょっと行ってみたい。

けど、オヤジがいる所まで戻ったらまた結構歩かないかん・・・。

どうしようと、かなり悩んでる内に、

「あの クソ オヤジのせいで、何でうちが悩まないかんのだ」

とアホらしくなり、結局オヤジは無視して巨大大仏を見に行くことに。


近くで見るとやっぱりデカい。
P6.jpg


ガイドブックには載ってなかったから、最近出来たんだろか?
P7.jpg


しかしこの仏像の周りにある像が、かなりの「B級感」がある。

仏陀の一生を描いたものの一部。
P8.jpg


この顔。
P9.jpg

これ、本気で作ってるんかな・・・?
と思ってると、観光に来たらしい地元民がこれらを指差しながら、思いっきり笑っていた。

やっぱ地元民でもそんな感じなんだ。。。


あっ!
こ、これがあの有名な「土下寝」!!!

P8091984.jpg

 ↓ 有名なほう。
sikoru.jpg


「金出せや~!」

P8091985.jpg

後ろ2人、明らかに悪人ヅラやんな・・・。


この2人もだいぶ人をナメた顔してらっしゃる。
P8091991.jpg


う~ん、ナメてるなぁ。
P8091992.jpg


B級感満喫出来たから、オヤジ許してやるか。


雨の中乗り合いバスでバスターミナルへ。
P8102005.jpg


この日はエアコンバスが無かったから、エアコン無しローカルバスでバガンへ。
P8102006.jpg

 ↓ 意外と愛国心は強いよ!クリックよろすく♪
関連記事


旅女インスタグラム
ID:tabijo_shiho フォローありがとうございます♪

Instagram tabijo_shiho
https://instagram.com/tabijo_shiho/
リアルタイムの毎日更新が目標!ですが、あくまでブログをメインでやっていきたいので、
インスタでのコメントの返信はできないかもです。ごめんなさい;



旅女Facebookページ

旅女 Facebook
旅女Tabijo Facebook
ページTOPで「いいね!」をして頂けると、Facebook上でブログの更新通知が受け取れます。
※「いいね!」はいつでも取り消せます。私のブログは毎日書いたり1ヶ月あいたりとムラがあるので;その時に合わせて取り消したり、再登録したり、お好きなようにお使い下さいませ。



旅女YouTube

旅女Youtube
旅女Tabijo YouTube
旅中撮った動画をUPしています。