旅女 Tabijo~義眼のバックパッカー編~のメイン画像

バラナシからブッダ・ガヤーへの行き方

Category: インド
バラナシ~ブッダ・ガヤー
シェアオートリキシャ~電車~シェアオートリキシャ 合計165ルピー
※ボラれなければ115ルピー笑

 ①安宿街「ダシャーシュワメード・ロード」からバラナシ駅


シェアオートリキシャ 7:45発~8:05着(約20分)25ルピー
実際は15ルピー。(←知ってたけど一緒に行った人が急いでいるからとOKしてした)
ゴートウリヤー交差点まで行って捕まえた方がいいかも。

DSCF1268.jpg



バラナシ駅の外国人専用チケットカウンター

DSCF1262.jpg

駅の建物の左端にあります。
【営業時間】
月~土 8:00~20:00
日 8:00~14:00
ジェネラル(2等座席)以外はここで予約・購入出来ます。
私はジェネラルなので、出発時間だけネットで調べて、当日出発前に行って普通の窓口で購入しました。ジェネラルは予約制では無いので、出発直前でも購入可能です。(席が空いてれば座れる。)



その隣りにインフォメーションセンターもあります。

DSCF1264.jpg



駅構内の24時間レストラン。

DSCF1265.jpg



メニューも意外と安かったのでビリヤーニを注文。

DSCF1269.jpg

炊き込みご飯的なもの。



しかし消費税を19.6%も取られている・・・上に、お釣りがアメ。←アジア圏でよくある。

DSCF1270.jpg

まぁそれでも45ルピー(約80円)だからまぁいいんだけど。




 ②バラナシ駅からガヤー駅


鉄道 10:05発~14:28着(4時間23分)ジェネラル80ルピー
1時間遅れで出発。15:30着。

駅のホーム。

DSCF1273.jpg

右上の電光掲示板みたいなところに到着する列車の番号が表示される。



同じ方向に行くというインド人について乗り込んだものの、その列車はムンバイ行きだった。(逆方向)2人して慌てて列車を降りる。
そして1時間遅れた上に到着直前にホームが変わる。←遅れると特によくあるらしい。一応アナウンスが流れる。インド人が何やら移動し出したらホーム変更の可能性大。



列車の中。

DSCF1274.jpg

「ジェネラル」というのは指定席では無い普通の切符なので、空いている席があれば座れますが、無ければ立ちっ放し・・・。今回は4時間というインドでは中距離だったためか、比較的空いていて普通に座れました。(混んでいる時は乗車率200%くらいで、上の荷台にも人が座っている。)


DSCF1275.jpg




 ③ガヤー駅からブッダ・ガヤー


シェアオートリキシャ 15:45発~16:25着(約40分)60ルピー
実際は20ルピー。(←帰りはこの値段で来れました。)貸し切りが150だったから安いと思ったけど、完全にボラれた;後でシェアの場合は大体20ルピー前後というのを知った。
「仏心寺」で泊まる予定だったけど、リキシャが分かるか怪しかったので「Japanese Templeまで」と頼み、そこで降りました。仏心寺はそこから徒歩3分ですが、多分普通に「ブッシンジ」で通じます。

DSCF1285.jpg
関連記事


旅女インスタグラム
ID:tabijo_shiho フォローありがとうございます♪

Instagram tabijo_shiho
https://instagram.com/tabijo_shiho/
リアルタイムの毎日更新が目標!ですが、あくまでブログをメインでやっていきたいので、
インスタでのコメントの返信はできないかもです。ごめんなさい;



旅女Facebookページ

旅女 Facebook
旅女Tabijo Facebook
ページTOPで「いいね!」をして頂けると、Facebook上でブログの更新通知が受け取れます。
※「いいね!」はいつでも取り消せます。私のブログは毎日書いたり1ヶ月あいたりとムラがあるので;その時に合わせて取り消したり、再登録したり、お好きなようにお使い下さいませ。



旅女YouTube

旅女Youtube
旅女Tabijo YouTube
旅中撮った動画をUPしています。







「舟を編む」 三浦しをん

Category: 旅中読んだ本
旅中に読んだ本を記録しようと思いながら・・・やっぱり読んだ本全部UPするのは難しいな~(´д`;)
まぁ時間がある時にでもぽつぽつUPしようと思います。

PA149372.jpg

舟を編む 三浦しをん
楽天 / amazon

今回海外に出る前に友達がくれた本。
三浦さんの文章はほのぼのしてて癒される(*´∀`*)
ずい分前に三浦さん好きの友達がエッセイも面白いと言っていたものの、結局まだ読んでないなー。

この本は数年前映画にもなったから知っている人も多いかもしれない。
「大渡海」という一冊の辞書を作るまでのストーリー。
辞書ってこんな風にして作られるのかというのと、こんなに根気のいる作業なんだということを初めて知った。
大体、言葉一つ、例えば「愛」という言葉一つとっても、辞書によって書いている内容が違うなんて考えたことも無かった。とりあえず日本に帰ったら本屋で辞書をひいてみたい。
そしてこの辞書に関わる人々の熱い情熱が凄くいい。
受け継がれる意志があり、受け継ぐ意志がそこにはある。

恋愛要素も面白かった。
主人公の「まじめ」君は、その名の通りまじめで言葉オタクで、恋愛にも奥手。本の裏帯に「まじめ君をお持ち帰りしたい」とコメントされるほど頼りないんだけど、一途でストレートな感じが凄くいい。

面白くて、続きが気になって一気に読みきってしまった。
日本に帰って辞書をめくろう。
関連記事


旅女インスタグラム
ID:tabijo_shiho フォローありがとうございます♪

Instagram tabijo_shiho
https://instagram.com/tabijo_shiho/
リアルタイムの毎日更新が目標!ですが、あくまでブログをメインでやっていきたいので、
インスタでのコメントの返信はできないかもです。ごめんなさい;



旅女Facebookページ

旅女 Facebook
旅女Tabijo Facebook
ページTOPで「いいね!」をして頂けると、Facebook上でブログの更新通知が受け取れます。
※「いいね!」はいつでも取り消せます。私のブログは毎日書いたり1ヶ月あいたりとムラがあるので;その時に合わせて取り消したり、再登録したり、お好きなようにお使い下さいませ。



旅女YouTube

旅女Youtube
旅女Tabijo YouTube
旅中撮った動画をUPしています。







そしてまた誰もいなくなったドミ

Category: インド
私がバラナシを出る数日前、再び誰もいなくなったドミ。


DSCF1238.jpg


雨も降ってるし、今晩怖いな~と思っていたのですが、何とかその日の内に1人入っていたのでホッとしました。
しかし、その人も何かを感じたのか、これだけ空き放題のベッドでキープしたのは私の2つ隣りのベッド。
うん、近い方がいいよね・・・(;´∀`)

通常ドミって入り口から遠い方から埋まるのに(入り口付近は出入りが多いから)、ここはなぜか手前からベッドが埋まっていく。私は一番手前のベッド。窓閉めてたら一番奥なんて真っ暗で怖いんですよね;




雨の日、安宿街を歩いていたらチャイを入れる小さい器を持った物乞いの人が座っていた。

ちらりと横目で見て素通りしようとすると、



「あ、どうも。」



私に物乞いの知り合いはいない。

と思ってよく見ると、


「Kさん・・・何してるんですか・・・」


ポカラで知り合い、バラナシのガートでばったり再会したKさんだった。
インド人が羽織るような茶色っぽいストールを羽織ってて、完全に周りと同化して気付かなかった。


「いやぁ~、長く滞在しようと思うと航空券買うお金が無くて」


「そうですか。頑張って下さい。」



と、その場を後にする。
まぁもちろん冗談でやっているのだろうけど、世の中には変わった人がいるものだ。
(もしこのブログを読んでいたら無断でネタにしてごめんなさいwまたどこかで会いましょう♪)



その後黄金寺院の近くをうろうろしていて、再び道に迷う。
ここでは地図もアプリも役に立たない。
地図には無い、人を迷わすために作ったのかと思うほどのもっと細かい道が無数に存在している。
私が若干冷や汗をかきながら歩いているのをよそに、1人のインド人が声をかけてきた。適当にあしらっていると、

「ウェルカム!ホーリ・プレイス!バラナシ!」

と、陽気に笑いながら去って行った。
ここに住む人々は「聖なる場所」というバラナシを誇りに思っているようで、事あるごとにこのフレーズを使う。数ヶ月前に来た安倍総理がバラナシを京都だと言ったのも、ものすご~っく嬉しかったらしく、至る所でこの話を現地人から聞かされた。ここで日本国民の多くは安倍総理を支持してないよなどと言うとインド人が可哀想なので、適当に話しを合わせておく。
ガンガーを掃除している人がいるのも、ちょっとは日本の影響があるのかなぁ?まぁそれでも汚いのには変わりないけどw


何とかガートに出たものの、そのガートは他と繋がっていなくて再び迷路のような路地に逆戻り。散々うろうろとしてようやく出た大通りは全く見知らぬ大通り。「大体ここに出るだろう」という予想をしていてそれが大きく裏切られた時、しばらく放心状態になってしまう。一体私はどこにいるのか。そして何をしているのか。
そのまま何となくこっちかな~という感じで歩いたものの、私の「何となくこっち」は常に逆方向に行ってしまうことを思い出し、人に聞くとやっぱり違う方向に歩いていた。

ただ私はATMでお金を降ろして帰りたかっただけなのに、黄金寺院が混んでいていつもと違う道をとったのが迷った原因だった。
雨の日のバラナシは路上が泥や牛の糞が混じってぐちょぐちょになる。天気の良い日ならまだしも、わざわざこんな雨の日に長い散歩をしてしまい、パンツの裾も泥(糞?)だらけになってしまった。

道を教えてくれたインド人のお陰で、ゴードウリヤー交差点に戻って来れた。
一体どうしたらあんな遠くへ行ってしまうことになるのだろう。

バラナシに着いて10日目でこれだから本当にどうしようもない。




DSCF1258.jpg

バラナシ最終日は霧だった。
というか、この3日間くらいずっと雨だか霧(;´∀`)
普通に寒くて昼間もダウンを着ています。

昼過ぎにガートでハーモニカの練習をしてて、「コンドルは飛んでゆく」を吹いていたら、欧米人のおじさんに声をかけられた。
フランス人で、日本に3回言ったけど、内2回は陸路で行ったというかなり興味深い人。3回も行っているのに、東京・京都に行ってない。更に今回はタイ・ミャンマー・インドと全て陸路。ミャンマーは完全に開国したんだなぁ~・・・そこを陸路で行けたなんて羨ましい!
しかも話していると、どうやらかなりの猫好きで、日本の猫島・「青島」にも行ったそう。(記事:島民15人、猫100匹!猫島へ!)香川でうどんも食べてて、話が盛り上がらない筈が無い。
その後散々、猫カフェや猫島の話で楽しんだ。
猫好きは猫好きを引き寄せる・・・。
猫好きってどこの国へ行っても猫探してるなぁ~笑。インドは犬や牛が多いせいか、猫が少なく彼も「まだ1匹しか会ってないよ~」と嘆いていた。とりあえず台湾の猫村も教えてあげておいた。



道を覚えられなくても、とにかくもうすぐこの町を後にする。

ネパールからバラナシに来て、思った以上にインド人がしつこくなくて逆にたじろいています。まだネパールの「チョコレート!チョコレート!」とせがむ子供達の方がよっぽどしつこかった。バラナシでしつこいと思ったのは300mくらい付いてきた目が虚ろなおやじ1人。←インドというものは、私はこういう奴がわんさかいるものだと思っていた。

声をかけてくる客引きも一言「NO」と言うとついてこない。
むしろ賑やかなガートに1人で座っているのに、誰からも声をかけられなくてちょっぴり寂しさすら感じた日もあった。

どうしたインド人。
バラナシはそれ程しつこくない場所なのか。
それともバラナシが変わったのか。
はたまた私がよほどずんだれた感を出しているのか。

はっ!!

もしや気づかぬ内に私は悟りを開いてしまっていて、それがインド人に伝わっているのかもしれない!


さて。
次の目的地はブッダが悟りを開いたとされる仏教の聖地「ブッダ・ガヤー」でございます。
バラナシからは列車で4時間前後。

インドも冬は寒いことに驚いている私。
早くあったかい場所に行きたいな~。
関連記事


旅女インスタグラム
ID:tabijo_shiho フォローありがとうございます♪

Instagram tabijo_shiho
https://instagram.com/tabijo_shiho/
リアルタイムの毎日更新が目標!ですが、あくまでブログをメインでやっていきたいので、
インスタでのコメントの返信はできないかもです。ごめんなさい;



旅女Facebookページ

旅女 Facebook
旅女Tabijo Facebook
ページTOPで「いいね!」をして頂けると、Facebook上でブログの更新通知が受け取れます。
※「いいね!」はいつでも取り消せます。私のブログは毎日書いたり1ヶ月あいたりとムラがあるので;その時に合わせて取り消したり、再登録したり、お好きなようにお使い下さいませ。



旅女YouTube

旅女Youtube
旅女Tabijo YouTube
旅中撮った動画をUPしています。







バラナシで食べたもの

Category: インド

 ごはん系


まずはインド料理の定番食、「ターリー」。

DSCF0952_20160118222052aea.jpg

ベジターリー 60ルピー(約108円)
日本で言うなら「カレー定食」という感じで、カレー、ダル(豆のスープ)、おかずのセットです。
ここのターリーは品数も多く、パパド(薄いせんべい)とチャパティ(分厚いクレープのようなもの)が付いていて、かなりボリューム満点。カレーも美味しくて一番お気に入りのお店です。カレーは日によってちょっと違いますが。
しかし量が多すぎることから途中から私は「チャパティ無しでいいから50ルピーにして」と、50ルピーで食べてました。ついでに1品減らされてパパドも半分でしたが、その分ご飯を多くしてくれたのか、少なくしたのに結局ご飯を食べきれません(;´∀`)
チャパティ持ち帰りとかでもアリだったかなぁ~。

インドは基本的には米食です。
インド人はカレー+米かチャパティなど。日本のインド料理屋のように、基本的にナンは別注文になるので割高です。

DSCF1178.jpg

バターナン+カレー 70ルピー(約126円)
しかも注文してもこんな感じです。
多分結構高めのレストランに行くと窯焼きナンでしょうが、フライパンなので。ただかなりもちもちはしていて悪くはないです。

お店はダシャーシュワメード・ロードから黄金寺院に行くゲートのすぐ右にあるので、分かりやすいと思います。
ゲート↓

DSCF1052.jpg



よく見ると左右でお店が分かれていて、私が好きなのはこの「左側」の小さいお店です。

DSCF1051.jpg



右側でも食べましたが、私の好きなパパドが付いていません。

DSCF1049.jpg

こちらでは「ノーオニオン・ノーガッリック」の表示があり、そのためか味も左側の方が好みでした。



ちなみにネパールでもそうでしたが、インドでも食堂の水はこれです。

DSCF1177.jpg

現地の人はグラスを使いません。
水さしを高くあげて、口をつけずに器用に飲むのですが、私は何度チャレンジしてもだばだばと服にこぼしてしまうので、もはや諦めました。ミネラルウォーターも買ってますが、食堂の水も普通に飲んでます。今のところは異常無し・・・。

※補足・・・このお店の向かいの食堂では週に何度か「フリーミール」の日があります。その日は店の正面に「Free~何とか」と英語の看板が出てます。まぁ、私はタイミングも悪く結局一度も食べてませんが。




DSCF0706.jpg

カチョイ 6ルピー(約11円)
左のパンみたいなのは中は空洞。潰してカレーに付けて食べる。このカレーがまた豆腐(チーズでした!)入りで美味しい。


DSCF0707.jpg


色んな所で売ってるけど、同じくダシャーシュワメード・ロードのこのお店。↓

DSCF0709.jpg




DSCF0823.jpg

イクリー 14ルピー(約25円)
これも色んな場所で売っている。米粉の蒸しパンにカレーをかけたもの。蒸しパンはふわふわしていて酸味がある。インド人は大人も子供もよく食べているけど、私はあまり好きじゃなく、結局この1回しか食べていない。




DSCF0719.jpg

マサラドーサ 20ルピー(約36円)
「ドーサ」とは米粉と豆粉を混ぜて焼いたクレープのようなもの。注文後に作られるので、パリパリした食感がいい。これは中にトマトや野菜を刻んだものが入っている。プレーンを頼むと大きく丸めて出される。ドーサ専門店ではバナナやりんごを入れたスイーツ系ドーサもあってなかなか美味しい。



DSCF0720.jpg



この屋台の店主はかなり手際が良くて見ていて楽しかった。

DSCF0718.jpg




DSCF1236.jpg

ダブルエッグロール 30ルピー(約54円)
知り合った日本人の人が教えてくれた。クレープの中にチョウメン(焼きそば)が入っているけど、ケチャップ味なので炒めた野菜とトマトパスタが入ってる感じ。種類はたくさんあって、これはクレープ生地に卵が2つ使われているタイプ。店頭にメニュー+価格表示があって安心。

場所は同じく大通り沿いのガート近く、野菜果物売り場にある屋台。昼3時くらいからのオープンかな?

DSCF1227.jpg



こういう大きなフライパンで焼いている。

DSCF1260.jpg

バラナシ最終日はいいレストランでも行くかと思っていたのに、どうしても最後にまたこれが食べたくて、結局ここで済ませてしまった。




DSCF1252.jpg

スナック類 2個で15ルピー(約27円)
屋台だと1個7ルピーくらいだったかな?私はこの上に載っているドーナツ型の揚げ物が好き。豆腐かな?(豆の粉でした!)ふわふわしてて美味しい。



DSCF1250.jpg

ベンガリー・トラの「Anjani Cafe」。・・・カフェって!よく言うよ!というお店。
でも写真撮り忘れたけど、ここのチョウメン(30ルピー)が日本の焼きそば寄りで美味しかった。ベンガリー・トラ付近に小さなドーサ屋さんは沢山あるけど、ここは席がちゃんとあるのもいい。





 甘いもの


DSCF0724.jpg

マライヨ 15ルピー(約27円)
味は正にメレンゲ!甘くてふわふわしてて結構好き♪聞くとバラナシ名物らしい。
いくらか食べた後に、おじさんが下に残った甘い液体を足してくれた。
甘いけど、歩き疲れた時にはいいなぁ~これ。


DSCF0726.jpg

インドではこの素焼きの器がよく使われている。チャイもこれよりも小さい素焼きの器が使われるけど、こうしたものは全て使い捨て。店の前にゴミ箱がある場合はいいが、無い場合は路上にパリーンと投げ捨てる。・・・日本人としてはちょっと抵抗があるけどこれもまたインド流。




DSCF1239.jpg

ラスグッラー 20ルピー(約36円)
ネパールでも見たものの、「チーズで作っている」と言われ、見た目的にもちょっとリスキー(=お腹壊しそう)だってため、保留しておいたスイーツ。


DSCF1240.jpg

↑大体こういう風に液体に浸かって売られているので、野ざらしの所を避けてショーケースに入っているところで食べました。(最初のターリーの店。)
チーズと言うよりは普通にミルクっぽい。
というか、やはり想像を裏切らないクソ甘さ。
浸かっていた液体はどうやら全てシロップらしく、もはや砂糖の味しかしない。
食感はポソポソした高野豆腐というか・・・まぁ美味しく無かったけど、美味しいところもあるのかなぁ?




DSCF0857.jpg

プレーンラッシー 30ルピー(約54円)
ラッシーは色んなフルーツのトッピングが出来るものの、行き着くところはやっぱりプレーン( ̄ー ̄;)
「バナナコーヒーラッシー」という怪しい味も食べたけど思ったよりイケる。


DSCF0859.jpg

「Blue Lassi」、「BABA Lassi」と、ラッシー屋さんは沢山あるけど、プレーンで食べ比べたところ、個人的はこの「ソナの何でも屋」のプレーンラッシーが好きだった。砂糖の量も調整してくれる。日本の漫画と本があるけど、読む場合は漫喫料金になる。ただ、販売・レンタルもしていて、レンタルの場合は24時間1冊20ルピー。




DSCF1097.jpg

クルフィ・ファルーダ 50ルピー(約90円)
クルフィとはアイスクリーム。他にも味の種類があるのかは分からないけど、今のとこココナッツか何かよく分からない味のしか食べてない。脂肪分が多くて今イチ・・・。これはそのクルフィにゼリー状の甘いものをかけたやつ。
インド人女性が沢山食べていたからつい注文したけど、やっぱり今イチだった(;´∀`)



DSCF1094.jpg

これまた大通り沿い。他のスナック系の方が美味しいかも。



DSCF1095.jpg

先にレジで注文をして支払いを済ませて待つ。
サーティーワンのような普通のアイスクリームもあるけどちょっと高め。




 その他


DSCF0868.jpg

玉子丼 100ルピー(180円)
日本食レストランも沢山ある。黄金寺院近くの「メグカフェ」、「FUJI レストラン」、そしてベンガリートラ通りの「しゃん亭」。その他にも「Monarisa」や、普通の観光客用レストランのメニューにも少し日本食がある。なぜかどの店も「おじや」が日本食としてある;なぜおじや・・・?
ネパールで結構食べたし、特に日本食を欲していなかったので、この1食しか食べていない。味は普通。
注文してから時間がかかるので、本などあったらいいかも。



DSCF1253.jpg

チーズケーキ 70ルピー(約126円)
ネパールで惨敗したチーズケーキに性懲りもなく再チャレンジ。
ようやくまともなチーズケーキに出会えた・・・。下の生地もシナモン風味のクランブルでちゃんとしてる。しかしデカい・・・;嬉しいけど、30オーバーの私にはちょっとキツいくらいでした。


DSCF1257.jpg

ベンガリー・トラのMonarisa近くにある「Shiva Cafe(シヴァ・カフェ)」です。パンもいろいろ。料理はネパール料理が中心だけど、インド料理もあり洋食や日本食など幅広い。




DSCF1017.jpg

朝食セット 180ルピー(約320円)
私は体が弱ってるな~という時にはどんなに高くても、食べたいものを食べることにしている。
ちょっと風邪っぽな・・・と思ったこの日は、お高いカフェで一番高い朝食セットを注文。コーヒーは南インドのコーヒー豆を使ったフレンチプレスで出された。

朝食セットは高い割にこんなものか・・・って感じだったけど、悪いことに?ここで「ナウシカ全巻」を見つけてしまった・・・。
もちろん読み切るまでここに通うことに(・∀・)
やっぱ、漫画版も面白いな~。


お店はベンガリー・トラの細道にある。

DSCF1020.jpg

Bona cafe (9:00~22:00)
韓国人経営か、店員も客も韓国人が多い。韓国料理が中心でプラス洋食とインド料理。
南インドのコーヒー豆をフレンチプレスで飲める。結構時間置いてもあまり濃くならないのはこういう味なんだろうか?ここ以外にもコーヒーショップはあるけど、ナウシカのせいで結局ここでしか飲んでいない。でもまぁ飲んでいる内に結構好きになった、ここのコーヒー。
日本の小説少しあり。マンガはナウシカのみ。Wifiはあるが時間帯による。


席数は少ないけど、座敷やソファーもあって店の雰囲気もいい。

DSCF1011.jpg


DSCF1019.jpg



韓国料理は結構高めですが、美味しかったです。

DSCF1237.jpg

キムチチャーハン 180ルピー(約320円)
スープ付き。

そしてここでは、メニューにはありませんが、ビールが飲めます!(゚∀゚)
以前書いたように、ガンガー付近でのアルコール販売は禁止されているので、あくまでメニューには載っていませんでしたが、さすが韓国人w
中ジョッキくらいのグラスで180ルピーでした。
ただ、「ホッピー」よりな感じ?;アルコールはあるものの、甘くて気の抜けたビールでした。「何のビール?」と聞いても「インドビール」と一言。やっぱレストランより缶で買う方いいだろうけど仕方無い。




どうせインドでゲッソリするだろう・・・という思いでネパールで食べまくってたけど、インドに入って更に食べている・・・ヤバい(;´Д`)
はっきり言ってインド料理の方が美味しい。カレーはもちろん、チャイやラッシー、チョウメンとかスナック類も。これがマサラ文化か!
私、いつゲッソリなるんだろう。
関連記事


旅女インスタグラム
ID:tabijo_shiho フォローありがとうございます♪

Instagram tabijo_shiho
https://instagram.com/tabijo_shiho/
リアルタイムの毎日更新が目標!ですが、あくまでブログをメインでやっていきたいので、
インスタでのコメントの返信はできないかもです。ごめんなさい;



旅女Facebookページ

旅女 Facebook
旅女Tabijo Facebook
ページTOPで「いいね!」をして頂けると、Facebook上でブログの更新通知が受け取れます。
※「いいね!」はいつでも取り消せます。私のブログは毎日書いたり1ヶ月あいたりとムラがあるので;その時に合わせて取り消したり、再登録したり、お好きなようにお使い下さいませ。



旅女YouTube

旅女Youtube
旅女Tabijo YouTube
旅中撮った動画をUPしています。







猫を追いかけている。

Category: インド
私は猫を追いかけている。

DSCF1190.jpg



なぜ猫を追いかけているかと言うと、私は猫が好きでもっとよく見たいのに、猫がそこを動くからだ。

DSCF1191.jpg



その上困ったことに、猫を追いかけるにじゅうぶんな時間が私にはある。

DSCF1194.jpg



とにかく、猫を追いかけている。

DSCF1188.jpg



DSCF1187.jpg



入れないにゃ・・・。

DSCF1186.jpg



ここなら・・・?

DSCF1195.jpg



あぁ・・・。

DSCF1196.jpg

行ってしまわれた・・・。




猫に癒やされたところで、この日はガートの一番端、「Assi Ghat」まで歩いた。結構遠いと思っていたけれど、多分20分もかからなかったと思う。

宿の近くのいつもの2匹。

DSCF1207.jpg



お菓子屋さん

DSCF1197.jpg



この真ん中にあるポン菓子を砂糖で固めて丸めたものが好きで、時々買っていた。1個5ルピー。

DSCF1198.jpg



天気が悪いけど、鮮やかな布地に救われる。

DSCF1211_20160119205023efa.jpg



DSCF1184.jpg



DSCF1212.jpg



↓これは反対側のガートの写真だけど、ガート沿いにこういう寺院が沢山ある。

DSCF1244.jpg



DSCF1247.jpg



DSCF0808.jpg




「Assi Ghat」
ここでも夜プジャーが行われるのか、祭壇のようなものがあった。
かなり広いガートで、みんな思い思いの場所に座って雑談している。

DSCF1216.jpg



DSCF1218.jpg



目の周りがオレンジ色の見たことない鳥がいた。

DSCF1225.jpg



ガートの最後は土に戻る。

DSCF1220.jpg



メインガートに戻って、オレンジを買って帰る。

DSCF1233.jpg

オレンジ 1kg30~40ルピー(約54円~72円)
値段は種類による。日本の「オレンジ」と「みかん」の中間のようなオレンジ。周りの皮は固いけれど、剥くとみかんのように柔らかい実で普通に甘い。ネパールからよく買っているけど、インドの方が甘くて安い。
今は冬だから丁度旬。



野菜がもりもりすぎて売ってる人が小さく見える。

DSCF1232.jpg



ネパールであれ程人々が欲しているガスをこう無造作に置かれると、何だか心苦しくなる。

DSCF1235.jpg



夜のプジャー。

DSCF1143.jpg



DSCF1147.jpg



DSCF1162.jpg



DSCF1167.jpg



その隣りの一角で子供が同じようなプジャーをしていた。

DSCF1168.jpg

未来のプジャー係り?かなぁ?(´∀`)
関連記事


旅女インスタグラム
ID:tabijo_shiho フォローありがとうございます♪

Instagram tabijo_shiho
https://instagram.com/tabijo_shiho/
リアルタイムの毎日更新が目標!ですが、あくまでブログをメインでやっていきたいので、
インスタでのコメントの返信はできないかもです。ごめんなさい;



旅女Facebookページ

旅女 Facebook
旅女Tabijo Facebook
ページTOPで「いいね!」をして頂けると、Facebook上でブログの更新通知が受け取れます。
※「いいね!」はいつでも取り消せます。私のブログは毎日書いたり1ヶ月あいたりとムラがあるので;その時に合わせて取り消したり、再登録したり、お好きなようにお使い下さいませ。



旅女YouTube

旅女Youtube
旅女Tabijo YouTube
旅中撮った動画をUPしています。