旅女 Tabijo~義眼のバックパッカー編~のメイン画像

世界遺産「聖地キャンディ」とセイロンコーヒーとキャンディの安宿

Category: スリランカ
スリランカの首都って、コロンボじゃないって知ってました?

1985年にコロンボから遷都された現在の首都は

スリジャヤワルダナプラコッテ

です。

すごく覚えやすいよね!!(・∀・)



首都からは離れたキャンディの町。
ここは「聖地・キャンディ」として世界文化遺産に登録されています。

P3152435.jpg

あっ!後ろにちょっと・・・(;´Д`)



P3152436.jpg

植民地時代の名残で洋風の建物が多いのですが、スリランカ人だけではなく外国人にも人気の観光スポットなので、KFCやピザハット等洋食レストランも沢山あります。



バーガーキングでご当地メニューのカレーを。

P3152438.jpg

220スリランカルピー(約170円)
・・・不味くはないけど、高くてもバーガー食べればよかった( ;∀;)



建物はきれいだけど、何せ交通量が多すぎる;
写真を撮るなら朝イチとかがいいかも。

P3152439.jpg



P3152440.jpg



町の中心にある大きな池。

P3152443.jpg



そしてキャンディの観光ハイライト!!!

仏陀の歯を祀っている「仏歯寺」。

P3152448.jpg



・・・を、横目でスルー(-∀-)

だって入場料1,000ルピーって!(約770円)

いやまぁ、ちょっとご利益あるかな?とも思うけど、清水寺の倍近くするよ。。。

うん、人間時にはあきらめる勇気も必要やんね!w



イギリスの国旗持ったガガーリンみたいなお坊さんの像が何かシュールだった。

P3152447.jpg



仏歯寺近くのカフェ。

P3152449.jpg

Natural Coffee
日本人経営らしく、ランチメニューにオムライスとかあったのですが、私の目当ては「セイロンティー」ならず、「セイロンコーヒー」!
紅茶の国スリランカで、あえてのスリランカコーヒーを飲む私。
何でもスリランカは昔はコーヒー栽培をしていたらしいけど、害虫によってコーヒーの樹がダメになったところを当時植民地をしていたイギリス人が紅茶栽培に切り替えたとのこと。現在は少しだけど自国でコーヒーも作っているよう。



P3152466.jpg

コーヒー1杯税込420ルピー。約320円。
日本円なら安いですけどね。
1泊分の宿代の半分以上の値段ですよ。

でも私、食べたいものにはお金惜しまないので!(`・ω・´)



P3152454.jpg

カップもおしゃれ~。
インドのコーヒーはコルカタの屋台のコーヒー以外まともなものを飲めていないので(ブラックで頼むとアメリカンを更に2回薄めたようなコーヒーが出てくる。)、期待値も上がる♪

が・・・

あれ???

やっぱり薄い気がする・・・( ;∀;)

もしかしたらインドのスパイスで私の舌がやられてしまったのかも;良く言うと「苦味が少なく飲みやすい」のですが、私はガツンとパンチのある苦いくらいの濃いコーヒーを求めていたもので。残念な結果に。まぁ日曜がレディースデーで半額らしいので、女性の方は日程が合えば日曜日に行くことをお勧めします。



カウンターと2階もあって、お店の雰囲気はすごくいいんですけどね。

P3152464.jpg



カフェで休んで再び街歩き。

P3233092.jpg

こちらは昔の郵便局。
現在すぐ隣りに新しい郵便局が出来ていますが、こちらの中でも仕事をしている人がいました。



ここも世界遺産。

P3233107.jpg



中はちょっとだけ入れます。

P3233108.jpg

造りがカッコいい!



外の郵便ポスト。

P3233097.jpg

緑の方は国際郵便用。



見つけると幸せになれる!?

P3233090.jpg

ちょっと珍しいピンクのトゥクトゥク。かわいい♡




インドからスリランカに来てびっくりしたのが、

インドよりもカレーが辛い! ということ;

インドのローカル食堂や屋台でも辛すぎる!ってあんま無かったけど、スリランカはどこで食べても結構辛い。

そして他の料理もインドの方が美味しい・・・と私は思う。

あら~?スリランカからインド戻って来た人は「スリランカのご飯の方が美味しい!」って言ってたんだけど。好みの違いかなぁ。



でもビールはインドのキングフィッシャーよりもスリランカの「LION」ライオンビールの方が断然好み!!

P3162471.jpg

ピンボケの写真しか無い;
他の種類も飲んだけどダントツでコレが好き!



あとこれ!

P3152468.jpg

スリランカ名物「ジンジャービアー」という名のただのジンジャーエール。

だけどこれがピリッと辛口なのに、ちゃんと甘さもあって美味しい♪
これはペットボトルですが、瓶の方が安いので瓶でよく買ってました。瓶の場合、インドと同じでその場で飲みきるか、デポジットでいくらか払って瓶を返す時にお金を返してもらうか。




さて。
スリランカは既に出国チケットを買っているため、あまりだらだら出来ませんよ~。
と言いつつ、ついだらだらしたくなるキャンディで泊まっていた安宿はこちら。

 キャンディの安宿


P3152422.jpg

Kandy Town Monkey
Kandy down town hostel

(※なぜか名前が2つありますがどちらも同じ宿です)
93A, Aniwatta road, Kandy
ドミトリー US$5、700ルピー(約540円)
朝食付(パン3枚、ゆで卵、フルーツ、コーヒーor紅茶)、Wifi無料(動画も見れた)、共同ホットシャワー・トイレ、蚊帳あり、キッチン使用可能
(2016.3.14~3泊、3.21~3泊)

ドミは男女別と共同ドミがあるので、チェックインの際に伝えること。
毎日掃除されていて、部屋もシャワールームも綺麗です。

P3152412.jpg

上からぶら下がっているのは蚊帳。
スリランカは蚊が多い地域には大体蚊帳があります。この宿も蚊は多いので、寝る前にしっかり蚊帳をセットした方がいいです。



共同スペースから中庭?が見えてのんびりした雰囲気。

P3152414.jpg

朝イチはここにリスや鳥が沢山来ることも。
市内からは遠いけど、やっぱりこのロケーションがすごく良い。



Wifiは部屋でも使えて速度も早かったです。なぜか1日だけ使えない日がありましたが、基本的には大丈夫だと思います。

ただ市内からは離れています。

P3152418.jpg

かなり急な坂を登ったところにあるので、バックパックを背負ったまま登るのは多分無理です。バスも無いので、トゥクトゥクで。駅前から150ルピーでした。荷物が無ければ登り降りは頑張れば大丈夫w
市内までは徒歩20分~30分くらいかかりますが、宿から10分ほど下ったところにスーパーと食堂が何軒かあります。(スーパーでアルコールも売ってます)ただ、狭いトンネルがあったり、夜は街頭も少ないので女性は特に暗くなるまでに帰った方がいいです。



そしてこの宿から徒歩5分くらいのところに、同系列の安宿が。

P3152426.jpg

Kandy City Monkey
同系列なので、値段も同じ。朝食付き。雰囲気も同じような感じです。
こちらも見に行きましたが、部屋はTown Monkeyの方が広い気がしたので、こっちには泊まっていません。でも庭が良かったな~。

どちらもBooking.comで予約出来ますが、名前が似ているので注意!
トゥクトゥクのおっちゃんに伝える時も、番地まで(93or77)伝えた方がいいです。



やたらと「Booking.com」の評価を気にしてレビューを書いてと言ってくる宿のおばちゃんと。

P3243122.jpg

通常そう言われるほど面倒くさくなるんだけど、何かこのおばちゃん憎めなくてちゃんと書いてあげた。レビューとか書いたん初めてだ。
もう1人のおばちゃんも大阪のおばちゃんかと思うくらいガンガン話しかけてくるんだけど、何か面白くて居心地のいい宿だった。
関連記事


旅女インスタグラム
ID:tabijo_shiho フォローありがとうございます♪

Instagram tabijo_shiho
https://instagram.com/tabijo_shiho/
リアルタイムの毎日更新が目標!ですが、あくまでブログをメインでやっていきたいので、
インスタでのコメントの返信はできないかもです。ごめんなさい;



旅女Facebookページ

旅女 Facebook
旅女Tabijo Facebook
ページTOPで「いいね!」をして頂けると、Facebook上でブログの更新通知が受け取れます。
※「いいね!」はいつでも取り消せます。私のブログは毎日書いたり1ヶ月あいたりとムラがあるので;その時に合わせて取り消したり、再登録したり、お好きなようにお使い下さいませ。



旅女YouTube

旅女Youtube
旅女Tabijo YouTube
旅中撮った動画をUPしています。







スリランカ・キャンディでのインドビザ申請方法

Category: スリランカ
スリランカ・コロンボ国際空港に到着。
写真撮るの忘れました(;´∀`)

空港のATMでスリランカルピーをGETして、コロンボ市内をスルーして空港からバスで直接「Kandy(キャンディ)」という町に直行。名前がかわいい。

コロンボ空港からキャンディまではおんぼろバスで約3時間。
133スリランカルピー…約100円!!!

3時間バス乗って100円て…www
後々分かったのですが、スリランカはローカルバスがめちゃくちゃ安いのです。



バスからの景色は大体ヤシヤシした感じです。

P3142411.jpg



P3142409.jpg



キャンディまでの道のりは、バスボロい、運転荒い、山道の3拍子揃ったそこそこな悪路でした。

宿に着いた時には暗くなっていたので、この日は宿で知り合った日本人男性Nさんと近くのスーパーでビールとご飯を買って、翌日の重大ミッションに備え、ゆっくり就寝。




スリランカ2日目。

インドビザセンターへGO!!!

既に2週間後のインド行き航空券を購入済みなので、今回は何よりも先に何が起こるか分からないインドビザを申請しないといけないのです。
で、都会にさほど興味無い私はちょっと田舎で町郊外に観光スポットも多いキャンディでビザを申請し、申請中に周辺の観光地を巡ろうという予定を立てました。

キャンディは500mくらいの高地のため、この時期朝晩は涼しい。宿からビザセンターまでは結構距離がありますが、町を散策がてら歩いて行くことにしました。



宿の前の道。↓

P3152419.jpg

緑が多くていいのですが、道が狭くて日中は結構車通りが多くて危なかったりします。
今回の宿は、インドで知り合った人がお勧めしてくれた宿で、中心部から離れてはいるものの、緑が多くてとても居心地が良かったです。(また後ほどの記事で)



スリランカのトゥクトゥクは、インドよりも色がオシャレ。赤、青、黒とか単色でカッコいい。

P3152428.jpg

※トゥクトゥク・・・オート3輪タクシー。タイ・インド・スリランカ等にあるけど、どの国も「トゥクトゥク」で通じる。メーター制もあるけど一般的に交渉制。

内装はその人好みに改装されている。スリランカではなぜかボブ・マーリィが多かったんだけど、ボブ・マーリィかと思ったらパイレーツ・オブ・カリビアンのジョニー・デップだったりするのが面白い。




ビザ申請書はインドで作っておいたのですが、プリントアウトしていなかったので、途中のお店でプリント。

P3152430.jpg

プリント1枚10ルピー
パスポートのプリントは半分サイズの紙のため、1枚5ルピー



インドビザセンターへの道。

P3152431.jpg

ここを歩いていると、現地人に「家に帰りたいけどお金が無いから100ルピー(約77円)くれ」と言われた。
つい日本語で「知らんがな!!!(# ゚Д゚)」と言い放ってしまいました。



非常に分かりづらいインドビザセンター。

P3152432.jpg

ここの薬局の2階です。



キャンディのビザセンターはそんなに混まないという情報だったので、のんびり11時くらいに到着した私。
先に同じくビザ申請に来たNさんに遭遇。

私 「申請出来ました?」

Nさん 「それが…祝日が重なってて28日になるって言われて。でも僕スリランカのビザが23日で切れるんです。」

私 「えっ!!!」

Nさん 「で、それ言ったら23日にトライしてみてって言われて。それでも結局間に合わないんですけど。」

私 「そ・・・そうですか;まぁビザは延長出来ると思いますけど、23日でも”トライ”なんですね・・・」



今日申請して、28日かぁ~・・・結構長いなぁ~。
(申請しに行った日が15日なので、受理まで13日間!!!土日+運悪く祝日が数日被っているらしい←通常は6営業日くらい。)



ん?28日???



うちのインド行きの航空券・・・



29日やん!!!Σ(゚д゚;)



キャンディから空港のあるコロンボまではバスで3時間の距離だけど、通常ビザの受け取りは夕方16時。バスは夜もあるらしいけど、出来れば避けたい。

しかし、Nさんの後に申請しに行くと、やはり受け取りは28日とのこと。

私 「インド行きのチケットが29日なんだけど・・・」

男 「じゃあ、23日にトライしてみて」

私 「ト・・・トライですか・・・」



そして更に重なる悲劇。

男 「あれ?あなたが申請するのはトランジットビザ?」

※トランジットビザ…飛行機の乗り換えなど、他の国へ行く経由地として少しだけその国に滞在出来る短期ビザ。国によって違うけど数日~2週間とか。

私 「いえ、ツーリストビザですけど」

男 「じゃあここ間違ってるから申請出来ないよ」



Σ(゚д゚;)



本当にしょーもない凡ミス!!!

申請するビザの種類を選択する時に、「ツーリストビザ」では無く「トランジットビサ」を選択してしまっていたのです。



私 「あ・・・明日申請した場合23日にトライ出来ますか?」

男 「無理だね。明日だと28日になるよ」



うぅ・・・(TдT )

2回目の入力だったから若干余裕ぶっこいでいた自分に腹が立つ;

インドビザは自分でネットからビザ申請書を作成する場合、その翌日以降じゃないと申請出来ない。

が、このインドビザセンター近くの代理店で申請書を作ってもらうと、その日の内に申請出来る。・・・というのは数々のブログで書かれているので、絶対使ってなるものか!と思っていたものの、結局お世話になることに。



ビザセンター出て左にある小さい代理店。

P3152434.jpg

代理店A
ビザ申請書作成(コピー代込み) 350ルピー(約630円)
証明写真3枚 275ルピー(約495円)



そして悲劇は重なる。。。

私 「えっ!何でこんなに混んでるの!?」

男 「ビザアプリケーションのHPがトラブルか何かで開かないんだよ」

私 「え~・・・;どのくらいで復旧するの?」

男 「よくあるからね。そんなに時間はかからないと思うけど」



ビザ申請時間は14時まで。
そこで12時まで待ったものの復旧せず。
その代理店はかなり混み合っていたので、近くに他の代理店無い?と聞くと、別の男が何をテンパったのか、英語で「彼女に教えるな!」と口走ったので、さっさとその店を出ることに。
現地語で言うとバレないのに何を血迷ったのか。



すぐ近くにアッサリもう1つの代理店を発見。
そこに着いてすぐHPが復旧し、他に待っている人もいなかったため、ものの数分で申請書が完成。しかも申請書はこっちの代理店の方が安かった。

P3152433.jpg

代理店B
ビザ申請書作成(コピー代込み) 250ルピー(約450円)
証明写真3枚 300ルピー(約540円)



申請書を持って再びビザセンターへ。
待ってる人がいなかったので、数分で受付完了。

というわけで、一応23日にトライしに来ることにします(;´∀`)



 スリランカビザの取得方法


日本人は必ずビザが必要です。
ビザは自分でネットで申請する場合はUS$35、空港でアライバルビザを取る場合はUS$40。(2016年3月現在)
スリランカビザ申請ページ↓
http://www.eta.gov.lk/slvisa/visainfo/center.jsp?locale=ja_JP

入力項目は少ないので、20分もあれば十分だと思います。が、一応参考にしたブログ↓
http://www.slmemo.com/info_travel/travel_visa/apply_eta_tourist_individual/

私は必須項目だけ記入して、航空会社とか無記入でしたが普通に大丈夫でした。
申請した直後に登録完了のメールが送られてきました。ほぼ自動処理なんでしょうね。
一応プリントアウトして持って行きましたが、完全にネットコントロールされてるようで、入国の際の提示は必要ありませんでした。




 コロンボ空港からキャンディまでの行き方


コロンボ市内を経由しなくても、空港の前でバスを捕まえて行けます。
空港の敷地内を出た大通りから、左方向へ行くバスNo.1、「KANDY」と書いてあります。
14:50発、18時着(3時間10分)133ルピー
※私が乗った時はかなり混んでて席が無かったのですが、現地人が譲ってくれました。その後もずっと混んでましたが30分くらい待てば座れるかも。




 スリランカ(キャンディ)でのインドビザ申請方法


インドビザ申請書作成ページ
http://indiavisajapan.com/Japanese/ApplyVisa.aspx

参考にしたサイト
http://visa-india.jp/ex-ol/

私が入力するにあたってつまずいた箇所はこちら。
http://tabijyo.blog76.fc2.com/blog-entry-595.html

更にキャンディで申請するにあたって参考にしたサイト
http://kopilychee.info/?p=3992
↑インドビザセンターの場所をGoogleMAPで表示してくれてます♪

★必要なもの
・ビザ申請書(ネットで入力。もしくは代理店)
・証明写真5×5 3枚
・申請料金 1345スリランカルピー(約1,035円)
【パスポートのコピー】
・顔写真のページ
・過去のインドビザページ
・過去のインド出入国スタンプページ
・スリランカのビザ・入国スタンプページ

★申請の流れ
①ビザを申請しに行く
駅周辺からバスで行く場合は、コロンボ方面に行くバス、又はNo.724、649、662。実際使ったのはどれか忘れましたが;約10分、12ルピーでした。駅から歩いても30分くらい。
支払いもこの時しますが、パスポートを預けるのは次回。
ビザセンターに着いたらまた別の申請書を貰って記入して渡す。(20ルピー)
※必ず全て大文字で記入。書き直す場合また20ルピー払わないといけないらしい。私は分からない所は聞きながら記入しました。
平日8:30~14:00

②パスポートを預ける。
申請した時に貰ったレシートに書かれた日時に行く。(通常6営業日)
平日9:00~11:00

③ビザの貼られたパスポートを受け取りに行く。
申請した時に貰ったレシートに書かれた日時に行く。(パスポートを預けた当日か翌日)
平日16:00以降

※私はインドビザが数週間残っていましたが、普通に被せて申請出来ました。
※6ヶ月ダブルも簡単に取れます。特に変わった質問もありません。料金は何ヶ月だろうが同じ。
※③の時は現地人の受け取りが先だったため、待ち時間が数十分ありましたが、それ以外の待ち時間はほとんどありませんでした。
関連記事


旅女インスタグラム
ID:tabijo_shiho フォローありがとうございます♪

Instagram tabijo_shiho
https://instagram.com/tabijo_shiho/
リアルタイムの毎日更新が目標!ですが、あくまでブログをメインでやっていきたいので、
インスタでのコメントの返信はできないかもです。ごめんなさい;



旅女Facebookページ

旅女 Facebook
旅女Tabijo Facebook
ページTOPで「いいね!」をして頂けると、Facebook上でブログの更新通知が受け取れます。
※「いいね!」はいつでも取り消せます。私のブログは毎日書いたり1ヶ月あいたりとムラがあるので;その時に合わせて取り消したり、再登録したり、お好きなようにお使い下さいませ。



旅女YouTube

旅女Youtube
旅女Tabijo YouTube
旅中撮った動画をUPしています。







南インド産のコーヒーは?(マドゥライ)

Category: インド
フライト時間は12:50なのに、朝7時に目が覚めてしまいました。
新しい国に行けるのが楽しみで興奮気味(ノ´∀`*)

宿にはWifi無いしヒマなので、店が開きそうな8時くらいを見計らって宿周辺をぶらぶらしてみました。



メイン通りのバスターミナル近くのロータリー。

P3142379.jpg

安宿街にもお店は沢山ありますが、この交差点付近もちょこちょこ良さ気なお店がありました。




BRITISH BAKERY(ブリティッシュベーカリー)

P3142359.jpg



P3142357.jpg



ここで朝ごパンを購入。インドであまり外れ無しのデニュッシュパンと、おやじお勧めのシンプル丸パン。丸パンは2個セットで15ルピー(約27円)。

P3142358.jpg

安い割にほんのりした甘みでふわふわしててパサついてなかった!シンプルで美味しい。
中でも食べれて、コーヒー等は9時からだそう。
また戻って来たらコーヒー飲みに行ってみるのもアリかなぁ。




SANGEETH COFFEE CORNER

P3142370.jpg

ロータリーの角にあるお店。
店の前で現地人が沢山お茶している。

南インドはコーヒー豆を栽培しているので、他のチャイ屋にもインスタントじゃないコーヒーを置いている店が多かった。店の名前にコーヒーを入れるくらいだから期待出来るかも!と、ブラックコーヒーを頼んだんだけど。

おかしい・・・。

色はコーヒーなのに、コーヒーの味がしない・・・(;´Д`)

コーヒー風味のお湯・・・?

後々分かったけど、インド人は「辛い」のと「甘い」のは好きだけど、「苦い」のは嫌いだということ。多分;
甘いミルクコーヒーが好きな人には丁度いいかも。う~ん、また帰って来たら美味しいコーヒー散策しなければ・・・。
けどここの豆粉の揚げ惣菜ドーネツ「ヴァータ」は、朝イチで作りたてだったからか、中はふわふわ、外はカリッで、かなり美味しかった。



P3142362.jpg

コーヒー12ルピー(約22円)
ヴァータ1個8ルピー(約15円)

ここのおっちゃんがやたら写真撮れ撮れうるさかったのでカメラ目線w



P3142368.jpg

なぜかこの女性も撮らされてた。




フレッシュジュース屋さん

P3142375.jpg



メニューはヒンディー語なので読めません。

P3142373.jpg



が、店の外と中の看板にお勧めメニューがあります。

P3142374.jpg

が、メニューを読んでもキャロットとパイナップルしか分からず( ̄ー ̄;)



丁度注文したものを待っていた現地人が、1つずつ何が入ってるのか説明してくれた。
グレープ、パイナップル、ジンジャーをMIXした「THIRUVENI JUICE」をオーダー。インドのチャイは結構ジンジャーきつめのもあるので、「ジンジャーは少なくしてね」と伝えたけど、それでも結構ピリッとしていた。



P3142378.jpg

30ルピー(約54円)。量が多い割に安い♪
味は…まぁまぁかなぁ?冷えてればもっと美味しい気がする。



果物も売ってます。

P3142376.jpg




Sree Sabarees

P3142387.jpg

ホテル街にあるチャイ屋さん。店の前でインド人が沢山並んで飲んでます。
既にコーヒー、フルーツジュースを飲んでお腹たぷたぷなのですが、気になるものは仕方が無い。



P3142386.jpg

チャイ12ルピー(約22円)
この周辺のチャイはインド北の方よりも値段倍だけど量も倍。
ここにもコーヒーはあったのですが、作るのを見てると、グラスの8分の1くらいにコーヒーを入れ、後はミルクと砂糖といった感じでした。やはりインド人はコーヒーも甘いミルク入りが好きなんでしょうね。



チャイはミルクを高い位置から入れ、それを何回か繰り返すので、ちょっと泡立っててラテっぽい感じで美味しい。

P3142385.jpg




お腹もたっぷたぷになったところで宿に戻り荷物を担いでリキシャを振り切り、バスターミナルへ。

P3142389.jpg



バスで約30分弱。マドゥライ空港到着。

P3142393.jpg

敷地も中も広い割には全く混んでいませんでした。

しかも搭乗時間になってもゲートの前には私と数人の外国人しかいなく。
「えっこれだけ!?」と思っていると、搭乗時間ピッタリにアナウンスが流れ、それと同時にようやく人がぞろぞろと集まって来ました。う~ん、、、時間前行動に慣れた日本人からすると考えられん(;´∀`)



インド・マドゥライからスリランカ・コロンボで使った航空会社は「SpiceJet(スパイスジェット)」。
私が見た中では一番安かったのですが、色々と問題もあるよう;
落ちなければいい・・・。
落ちなければ・・・。

P3142403.jpg



また2週間後にね!インド!!!



フライトタイム、1時間。スリランカの地が見えました!ヽ(*´∀`*)ノ

P3142406.jpg

さてさて、インドから飛行機でわずか1時間のこの島国。
インドとどう違うのかな?




~マドゥライ市内からマドゥライ空港への行き方~
コンプレックス・バスパーク(駅を左に出てまっすぐ、上写真の教会があるロータリーを渡って左側。)からバスで行けます。
駅からは徒歩10~15分くらい。
私が乗ったのはバスNo.10A。10分くらい待って、10時ちょうどに出発。空港まで約25分、8ルピー(約14円)。
バスNo.76に乗る場合は「ペリグリ」で乗り換え。そこから空港までは1~2Kmくらいで、リキシャもあるそうです。



~インド(マドゥライ)からスリランカ(コロンボ)~
インドの航空会社「SpiceJet(スパイスジェット)」で往復購入。
3.14 MADURAI 12:50発~COLOMBO 13:50着
3.29 COLOMBO 14:10発~MADURAI 15:10着
往復R7,148(航空券)+R2,202(空港税)+R414(手数料)=R9,764
実際クレッジットカードから引き落とされた額は\17,835。

SpiceJetのHPではクレジットカードが使えなかった。(インド国内の銀行カードか数種類のクレジットカードしか選べなかった。スマホからだったから?)
ので、「MakeMyTrip」(インドの予約サイト)で予約。ちなみに私は3日後の飛行機を予約したので、この値段だったけど、早く買うほどもっと安い(片道6千円くらい?)。インドからスリランカの航空券はマドゥライ発が一番安かったです。次がチェンナイかな?

スリランカは基本的に入国時に出国航空券が必要と聞いていました。私の場合、マドゥライ空港のチェックインカウンターでスリランカから出る航空券の確認がありました。(コロンボ空港の入国審査では無かった)
が、マドゥライ空港で「この後タイに行くから」という言い訳になってない言い訳をして、普通に入国出来た日本人の人にも会ったのでもしかしたらそれ程厳しくないのかも・・・?予定が立たない人はキャンセル可能のチケットを買うか、FLEXチケットを購入するのもアリかもしれません。
関連記事


旅女インスタグラム
ID:tabijo_shiho フォローありがとうございます♪

Instagram tabijo_shiho
https://instagram.com/tabijo_shiho/
リアルタイムの毎日更新が目標!ですが、あくまでブログをメインでやっていきたいので、
インスタでのコメントの返信はできないかもです。ごめんなさい;



旅女Facebookページ

旅女 Facebook
旅女Tabijo Facebook
ページTOPで「いいね!」をして頂けると、Facebook上でブログの更新通知が受け取れます。
※「いいね!」はいつでも取り消せます。私のブログは毎日書いたり1ヶ月あいたりとムラがあるので;その時に合わせて取り消したり、再登録したり、お好きなようにお使い下さいませ。



旅女YouTube

旅女Youtube
旅女Tabijo YouTube
旅中撮った動画をUPしています。







リアルどうでしょう36時間列車の旅。

Category: インド
ということで。


スリランカに行くことにしました!!


最近身動き取れなかった分、私にしては珍しく観光意欲が湧いているのと、後1ヶ月でインド回るのは無理だと判断したため。スリランカでもう一度インドビザを取ることに。



スリランカはインドの南にある、北海道くらいの大きさの島国。
一般的に「セイロンティー」と呼ばれる紅茶で有名な国です。ちなみに「セイロン」と言うのはスリランカの昔の国名です。

インドから近いので船で行けないか調べたものの、情報があやふやだったので断念。
航空券は南インドの「マドゥライ空港」発着が一番安かったので、そこまで列車で行くことにしました。

・・・と、簡単に書きましたが。

この距離を移動するわけで。

マドゥライ

約2,100km。

日本で言うと北海道稚内から広島くらいの距離ですよ。



コルカタからマドゥライまでの直行便が毎週月曜日しか無かったので、チェンナイで乗り換えなんですが。

P3112321.jpg



こちらがコルカタからチェンナイのチケット。

T1.jpg

3月11日 23:45発。

3月13日 3:45着・・・。

まさかの列車で2泊。

宿代浮いてラッキー!・・・と思う歳ではもぅ無い( ;∀;)

え~と、、、私の計算が正しければ、28時間移動 ですね。



そんでもって、その日の昼出発のチェンナイからマドゥライ。

T2.jpg

13:20発、21:25着。

こちらは約8時間移動。

トータル・・・

しちゃいます?(・∀・)

トータルで、36時間、列車の旅です!!

\(^o^)/




タイ鉄道が16時間だったので、チェンマイまででも今まで一番長い列車移動。
乗り換えの待ち時間まで入れてしまうと45時間以上になってしまう・・・。

しかも夜マドゥライに着いた翌日の昼には、飛行機でスリランカへ!



移動、移動、ひたすら移動!!!

4日がかりの大移動なのでぇす(`・ω・´)




つーことで、夜コルカタの宿を後にし、列車で就寝。
運が悪いことに3段ベッドの一番下だったのですが、この日は出発時間も遅かったのでみんな早々に自分のベッドで寝てくれました。
※インドの寝台列車(SL:スリーパー)は、BOX席が3段ベッドになっていて、2段目は折りたたみ式になっている。2段目の人がベッドを設置しないと自分も寝れないし、逆に朝起きてこないと席に座るには頭と腰を屈めないと座れない。



翌朝。

ここからは長旅の末復活した私の愛機・オリンパス PENちゃんなので~す( ;∀;)
ミラーレス一眼が出だした当初に買ったもので今回で2回目の修理。買い換えようか迷ったものの、戻ってきた今更に愛着が湧きました。もぅ少し頑張ってね~!


P3122328.jpg

早速いい写真が撮れた~♪
隠し撮りしちゃったので、後で見せるとめっちゃ笑ってました。

向かいのこの夫婦、すごくラブラブで交互に膝枕して寝てました。
私の席は外国人用シートだったので、周りもみんな外国人。インド人に見えるこの人達はバングラデシュ人でした。



しかしバングラデッシュと言えば・・・痴漢大国!!!;

早々に手を打たなければ!と、若者達にも接触しておきました。

トランプをしているバングラデッシュ人の青年達。

P3122329.jpg

「写真撮ってもいい?」と聞く私の本音は「何かあったら警察にこの写真突き出すからね♡」といったところです(`・ω・´)クロいw



一日中列車なんてヒマだろな~と思っていたのですが、編み物したり、ぼ~っと車窓の風景を見ている内にあっと言う間に夜がきて、案外楽勝でしたw

ちなみにご飯は車内販売のを買って食べました。
値段忘れたけど、ビリヤーニとかスナック類とか、そんなに高くなかったし、水やチャイも頻繁に売り歩いています。



車窓からの景色はほとんど田舎な景色だけど、ジャングルや湖になったり意外と楽しめます。

P3122336.jpg



P3122331.jpg



夕陽がすっごくきれいに見えました。

P3122346.jpg

こういうのを列車で見ると「あぁ~旅してるなぁ~」とゾックゾクするちょっと変態な私。



その日の夜も爆睡。

到着時刻にバングラ人夫婦が起こしてくれました; 英語が出来なくてほとんど話してないのに優しい♪



チェンナイ・セントラル駅に到着。

P3132349.jpg

暗い内は出歩きたくないので、朝7時くらいに駅を出ました。



ここからマドゥライ行きの駅は「チェンナイ・エグモア」駅。
リキシャを無視してバスで移動。

セントラル駅正面の交差点を渡ったところがバス停。(現地人が沢山集まっています)
そこから左方向へ行くバス、番号は「17Eと28番」と教えてくれました。
バスで約10分、9ルピー、そこから徒歩数分のところにエグモア駅があります。



チェンナイ・エグモア駅

P3132351.jpg

セントラル駅よりも小さくてホームも少ないですが、駅周辺は食堂も沢山あります。



出発時間は昼で、まだまだ時間があるのでその辺をぶらぶら。
お昼ごはんにドーサ(ソースを付けて食べるクレープ的なもの)を食べた後、目に入ったこれ。

P3132354.jpg


「おっちゃん!コレもコレも!!(;゚∀゚)=3」


値段忘れたけど100ルピー(約180円)くらいだったかな?
コルカタから一気に南に来たからか、とにかくチェンナイは暑く感じて。高かろうがこのサッパリしてそうなパフェ的なものがすごく食べたくなりまして。



で、出てきたのがこれ。

P3132353.jpg



どんだけ「写真はイメージです」なのさ~。゚(゚´Д`゚)゚。


いやサッパリ感は無いものの、別に美味しそうなんだけど、問題は何この一番下の黄色と緑のやつ・・・。

何かすっごい気持ち悪い・・・;

バラナシで似たようなの食べたけど、まだそっちの方が食欲を邪魔しない色彩やったよ・・・。



まぁ食べるけどね。

もちろん残さず食べるけどね。

下のうにょうにょしたやつはゼリーだったけど、まぁ美味しいとは言いがたい。ただ疲れてたから、フルーツがいっぱい入っていたのが嬉しかったかな~。




駅に戻り、出発時刻までPCで動画を見たりしながら時間を潰す。

13:20出発。

21:25到着。

写真一切無し(;´∀`)

しかし何と定時発の定時着!チェンナイまでも20分程度の遅れだったし、霧が無い南の方はあんまり電車遅れないんだろうか?



マドゥライに着いたのは夜だけど、安宿街は駅から徒歩圏内に点在しているので、写真も撮らずに一目散に駅を離れる。
目当ての宿がどこも満室で、空いているのは500ルピー以上の宿ばかりだったので、適当な宿で折り合いをつけました。

朝撮った写真↓

P3142380.jpg



この傾いた看板がなんとも・・・

P3142381.jpg

HOTEL Subham
127/61 West Perumal Maisty st.
0452-2342022
シングル:400ルピー(約720円)水シャワー、トイレ付、Wifi無し
シーツは汚く、トイレでデカいゴキブリを発見したけど、1泊だし見なかったことにする。
駅から徒歩10分くらい。



部屋はまぁまぁ広い。

P3132355.jpg



ロビーに色の薄い金魚がいる。

P3142383.jpg



この宿付近にはなぜかバーが沢山あったので、非常にそこで飲みたかったけど判断能力を失ってそうだったので、1人部屋で乾杯w

ともかく、48時間の移動が終了。
シーツは汚くてもとりあえずベッドでゆっくり爆睡~。

そしてこの翌日にはスリランカなのでぇす!!!



というか、ブログにかなりタイムラグがあるので、現在これを書いているのはスリランカなのでぇす!!!\(^o^)/




~移動メモ~
コルカタからチェンナイ
列車 23:45発 翌々日3:45着(到着20分遅れ) 28時間
SL 665ルピー(約1200円)

チェンナイからマドゥライ
列車 13:20発 21:25着(遅れ無し) 8時間5分
WS(エアコン無し指定席) 180ルピー(約320円)

こうして見ると28時間で1,200円ってめっちゃ安い;日本やと東京駅から成田空港までしか行けんよ笑。
関連記事


旅女インスタグラム
ID:tabijo_shiho フォローありがとうございます♪

Instagram tabijo_shiho
https://instagram.com/tabijo_shiho/
リアルタイムの毎日更新が目標!ですが、あくまでブログをメインでやっていきたいので、
インスタでのコメントの返信はできないかもです。ごめんなさい;



旅女Facebookページ

旅女 Facebook
旅女Tabijo Facebook
ページTOPで「いいね!」をして頂けると、Facebook上でブログの更新通知が受け取れます。
※「いいね!」はいつでも取り消せます。私のブログは毎日書いたり1ヶ月あいたりとムラがあるので;その時に合わせて取り消したり、再登録したり、お好きなようにお使い下さいませ。



旅女YouTube

旅女Youtube
旅女Tabijo YouTube
旅中撮った動画をUPしています。







コルカタの日本人宿とインドのビール

Category: インド
前回コルカタに来た時に泊まっていたのはサダル・ストリートの「パラゴン」と「マリア」。
どっちも1泊300ルピー(約540円)ですが、詳しくはこちらの記事で→日本人が全くいない「伝説の日本人宿」



プリーから再び戻って来て泊まったのは「サンタナ・コルカタ」。
プリーでサンタナに泊まりながら、またしてもサンタナ!
まぁ今回は理由があって、荷物の件でプリーサンタナのオーナーと連絡取りやすいようにと、ここはマザーハウスから徒歩5分という距離なので、ボランティアに行くには非常に便利なので。(マリア等があるサダル・ストリートからは徒歩15分くらいかかる。)
ちなみにプリーのサンタナの記事はこちら→プリーで足止め。



外観写真撮るの忘れたので、共同スペース。

DSCF3446.jpg



現在ここの管理人は、大坂出身のしょうきさん。
私が到着した時に、「日本から送った荷物が届かなくて~」という話をしていると、「・・・!」という顔をされ、「何かそのブログ読んだ!」とのこと。嬉しい限りです(ノ´∀`*)
更にしょうきさんもブログを書いてて、タイトルを聞くと、私も読んだことのあるブログでした!
こちら↓
横山笑来の世界一周

 「あれ?でも私このブログ読んだの結構前だった気がするんですけど・・・」

しょうきさん 「せやねん・・・(;´∀`)」

しょうきさんが日本を出たのが去年の2月なので、今でちょうど1年ちょっと。

ん?

ブログのカテゴリ見ると、、、1年で10カ国www

そしてなぜかコルカタで 宿のスタッフ をしているしょうきさん。

まぁ進む遅さは私も人のこと言えないんですけどね・・・ちょっと同じ匂いを感じます♪



ここの宿は朝食付きでドミトリー1泊350ルピー(約630円)。
夜ご飯は日替わりオーダー制となっていて、節約派の私は基本的に外で食べていたのですが、飲み会の日は参加しましたヽ(*´∀`*)ノ



みんなまだかな~・・・。

DSCF3451.jpg

既にビールが開いていることには突っ込まないように。



続々と運ばれる料理♪

DSCF3452.jpg



かんぱ~い!!!

DSCF3458.jpg

チャーハンにポテトサラダにオクラ和えにチーズフリッターにだし巻き卵に・・・居酒屋メニューでどれも美味しかったです(^q^)


ちなみにみんなが飲んでいるのは、インドで一番有名なビール「Kingfisher(キングフィッシャー)」。

ちなみに「キングフィッシャー」とは「カワセミ」のことですが、まだインドでカワセミを見たことはありません。
カワセミ↓

07whitethroatedkingfisher.jpg



このキングフィッシャー(ビールの方)、私が見つけただけでは3種類ありました。



ブルー(青)

DSCF3470.jpg



ストロング(赤)

DSCF3471_20160322190036cae.jpg



そして写真が無いんですが、一番メジャーな「プレミアム(緑)」。
ストロングが一番度数強くて8%くらいだったかな?ブルーとプレミアムが同じくらい。

正直言って、キングフィッシャーは私の好みの味では無いんですが(;´∀`)、まぁ暑いとやっぱり飲みたくなりますよね~。

インドのビールはネパールと同じく小さい缶は無く、こういう500mlの缶か大瓶になります。
大瓶のプレミアムで120ルピー(約210円)くらいだったかな?日本の感覚だと安いけど、インド物価で考えるとちょっと高めです。




話が反れましたが、コルカタサンタナ詳細を。

20131208144137.jpg

(写真:サンタナブログより)
現在はこの「VAISHALI GH」の隣りにサンタナの看板があります。場所はこの建物の階段かエレベーターを登って、3階。(VAISHALI GHと同じ階)にあります。

コルカタゲストハウス
HPhttp://www.indiasantana.net/sharehouse.html">:http://www.indiasantana.net/sharehouse.html
男女別ドミトリー:350ルピー(630円)朝食付き
Wifi無料、ホットシャワー、部屋にエアコン付き(使えるのは夕方~朝のみ)
※朝ボランティアに7日以上参加した人は1日につき50ルピー割引。
(2016.3.2~9泊)

日本語の小説や、近隣国の地球の歩き方もあります。
個人的おすすめポイントはここの情報ノート。ガイドブックには載ってない観光スポットやおすすめレストランも沢山あって、ヒマ人にとってはかなり助かりました。
更に情報通のNさんがいればアナタはラッキー!w私はコルカタのみならずインドのおすすめスポットを沢山教えて頂きました。(Nさんはコルカタかプリーのサンタナに出没するダンディなおじ様です(*´∀`*)まさかの少女漫画好きで漫画データも沢山頂きました♪)



いつも洗濯物盛りだくさんの女子ドミw

DSCF2403.jpg



~サンタナゲストハウスへの行き方~
Googleマップでの場所はこちらに貼ってます→コルカタおすすめレストラン
ハウラー駅から
タクシーで行くなら120~150ルピー。約25分。
恐らく「サンタナゲストハウス」では通じないと思います。「Nonapukur(ノナプクール)」というバス停のすぐ近くなので、それだと分かるかも。
バスならNo.39、108、125で同じくノナプクール下車。

コルカタ空港から
タクシーなら250~300ルピー。
バスならNo.138。



しかしながら上記の情報は宿に着いてから知りました;
バス1本で行けると知らなかった私は、ハウラー駅からバスとトラム(路面電車)を乗り継いで行ったので、一応書いておきます。;´∀`)

ハウラー駅を左に出てハウラー橋の方へ道なりに歩いて行くとバスターミナルがあります。
そこでエスプラネード行きのバスに乗車。
私が乗ったのは259番で、青い車体。本数も多そうでした。
約15分・9ルピー



降りたとこ。

DSCF2322.jpg

写真を右方向に歩くとトラムの駅。公園みたいになってます。分からなければその辺にいる人に「エスプラネード・トラム」と言えば教えてくれます。



向こうから来ているのがトラム。

DSCF2326.jpg



車内はすごくレトロで、思いがけず乗れて良かったです(ノ´∀`*)

DSCF2328.jpg

トラムの降りる駅名はまた別でしたが、「Nonapukur(ノナプクール)」で通じて、宿のある交差点で降ろしてくれました。
約20分・5ルピー

ただしトラムは本数が少ないのと、道が混む時間帯は着くのに凄く時間がかかるようです。私は朝7時くらいで待ち時間は10分くらいで上記の時間だったので、朝乗る分にはいいかもしれません。車内は全く混んでいませんでした。

バスや地下鉄が発達してきた今、人力車と同じでトラムもその内無くなるかもしれませんね・・・。



※ちなみにハウラー駅からパラゴン・マリア等があるサダル・ストリートへは、同じくエスプラネードで降りてそこから徒歩15分くらいでした。




日本からの荷物が届いて、ようやく自由に動けるようになった私。
この時点でネパールで取ったインドの3ヶ月ビザは残り1ヶ月を切ってしまっています。
インド1周する予定が、バラナシ~プリー間、インドの10分の1ほどしか移動出来ていません( ;д;)

コルカタ



残り1ヶ月で回れるの!?

そんな次の目的地は・・・?


tobecontinued_r_20160322202701c95.jpg


関連記事


旅女インスタグラム
ID:tabijo_shiho フォローありがとうございます♪

Instagram tabijo_shiho
https://instagram.com/tabijo_shiho/
リアルタイムの毎日更新が目標!ですが、あくまでブログをメインでやっていきたいので、
インスタでのコメントの返信はできないかもです。ごめんなさい;



旅女Facebookページ

旅女 Facebook
旅女Tabijo Facebook
ページTOPで「いいね!」をして頂けると、Facebook上でブログの更新通知が受け取れます。
※「いいね!」はいつでも取り消せます。私のブログは毎日書いたり1ヶ月あいたりとムラがあるので;その時に合わせて取り消したり、再登録したり、お好きなようにお使い下さいませ。



旅女YouTube

旅女Youtube
旅女Tabijo YouTube
旅中撮った動画をUPしています。