旅女 Tabijo~義眼のバックパッカー編~のメイン画像

こんな場所によく宿をつくったなぁ・・・(ワイナード)

Category: インド
ウーティーからバスで約4時間。ケーララ州の「Wayanad(ワイナード)」という町へ。

ここに何があるかはサッパリ知りません。
南インドで頻繁に使っているチェーン店?の宿がここにあったので、まぁこういう宿があるってことは何か観光するものがあるのだろう、ということで行ってみたのです。

この先の数カ所の町はこういった理由で移動したので、完全に予備知識ゼロである意味楽しかったです。



1P4074473.jpg 


南インドのバスは窓ガラスが無く、カーテンのようなものがついているのですが、基本的には全部開けっ放し。

2P4074476.jpg

コダイカナル、ウーティーの高原地帯より標高は下がったので、少し暑く感じます。



ワイナードのバスパークに着いた時には「思ったより町だな~」という感じだったのですが。そこで乗り換えた宿へ向かうバスの車内から見える景色は完全に山?森?ジャングル?
窓から入る涼しい風を受けながら、私は一体どこへ向かってるんだろう・・・と若干不安になる。



で、「ここだよ」と降ろされた場所。↓

3P4074477.jpg 
この道をまっすぐ行けと言われたものの、、、

近くにあったのは小さな商店1軒のみ。

本当にこの先に宿なんてあるんだろうか?(;´Д`)


しかも上り坂になっていて、約15kgのバックパックがずっしりと肩にくいこむ。着いたのも昼2時くらいで一番暑い時。
汗だくになりながらも、通りかかったバイクをヒッチハイクして宿前に到着。(結局バイクに乗った所からは1分くらいで着いた;)



写真右上の青いのが宿の看板。

4P4074489.jpg



で、その看板の指し示す方向には。

4P4074497.jpg




完全に森!(゚∀゚)



「ほんまにこんな所に宿なんてあるんやろか・・・?」と思う人が多いせいか、数10mおきに宿の看板が出現する。

5P4074478.jpg



120m先でまだ見えず。

6P4074486.jpg



あった!!!

7P4074484.jpg



ほんとに森の中にある。割に、かなり立派。

8P4074481.jpg 



部屋もきれい!!

9P4074480.jpg

写真はドミトリー部屋ですが、個室もちゃんとあります。
貴重品入れもちゃんとあるし、シーツも水回りもきれい。

ドミ部屋は部屋の中で2部屋に分かれていて、私はこの写真の手前の部屋(廊下側)に泊まっていました。
なぜなら手前の部屋にあるTVではBSが見れて、更にいい(悪い)ことに「ANIMAX」が見れたのです!!(゚∀゚)

※ANIMAX(アニマックス)・・・日本のアニメ専用チャンネル。

もう暇さえあれば、というか普通にずっと見てましたねw
シティーハンター、ブリーチ、金田一、、、懐かしいのから知らないものまで同じ回であろうが見てましたね!



宿の話しに戻して。

屋上からの景色もいいです。

11P4084498.jpg
 
夜は満点の星空が見えて、ここで一杯・・・とやりたくなるんですが、周辺にはビールなんて売ってるお店は無いもので。



宿の庭はまぁ森なんですが。

10P4094668.jpg 

このイスに座ってぼけ~っともしてました(^ν^)



この周辺はジャックフルーツの木が多いです。
ヤシ林はよく見ますが、ジャックフルーツ林は初めて見ました。

P4074482.jpg 



ジャックフルーツって、こんな突然ななり方するんや~。

P4074483.jpg



P4074487.jpg

試しに宿の人に「食べていい?」と聞くと「まだ小さいから美味しくない」と言われました。既に人の頭よりデカいんだけど、どのくらいの大きさが食べ頃なんだろう;



宿を出て散策。

P4074492.jpg


 P4104677.jpg



宿から徒歩5分くらいの所に観光名所となっている洞窟があるので、観光客用のレストランが2、3軒とお土産屋さんが数軒あるのみです。
「ギリギリ高原地帯」といった感じで、今まで行った場所同様、茶葉・スパイス・ホームメイドチョコレート等が売られていますが、チョコは若干柔らかくなっていました。(買ったけど)



こんな所でこんなもの買う人いるんだろうか・・・と思うけど、そういう人がいるのがインド♪

P4074496.jpg


 P4074495.jpg 


ここで沢山売られていた、「鳥の巣に似せた飾り」らしい。

P4094669.jpg 

中に花を入れて飾ったり?用途が今イチ分からんけどちょっと可愛い(*´∀`*)



P4074488.jpg
 


ご飯はお馴染み「ミールス(カレー定食)」。

P4074491.jpg

ん? 
お米の様子が何か違う・・・。
今までインドで食べたきたお米は、細長くてパサパサしてるんだけど、ここでは何かちょっと丸々としていた。でもパサパサしているのに変わりはない;。
他の食堂でも同じ米だったから、この辺りはこういうお米なのかなぁ~?

観光客用の食堂しか無かったから、値段を心配してたけど、どの店もベジミールスは40~50ルピー(90円前後)と普通に安かったから一安心。ただ、インド人のお昼時(14時)からしか食べれないというのがネックだった。

ベジミールス40ルピーのお店↓

P4104676.jpg



洞窟も行こうと思ったけど、夕方近くなってきたので翌日行くことに。

象にも乗れるよ♪

P4104673.jpg


 P4104674.jpg 



ウーティーからワイナードへの行き方(バス)


Ooty(ウーティー)9:00発~Wayanad(ワイナード)13:10着
バス 約4時間10分 72ルピー(約130円)
ウーティー駅近くのメインバスターミナルから「KANNANUR」行きのバスに乗車、ワイナードの「Sulthan Bathery」で下車。
※このバスは非常に混んでいて発車の時点で満席になります。インド人に聞いてバスが来たらすぐさま飛び乗る覚悟でないと座れません。




ワイナードの安宿


「Vedanta Wake Up!-Wayanad」
Ambalavayal Post, Edakkal Caves, Wayanad, Kerala
※HPからの予約はインドのクレカしか使えなかった。
(2016.4.7~4泊)

ドミトリー:300ルピー(約540円)Booking.comで予約
ホットシャワー(24時間OK)、WIFI無料(部屋でもOK。速度普通)

行き方:Sulthan Batheryのバスターミナルから「Edakkal Caves」又は「Ambalawayal」行きに乗車、「Edakkal Caves」で降ろしてもらう(約45分・12ルピー)。そこからEdakkal Cavesに向かって徒歩約20分。

緑の中で非常にロケーションがいい。周りはATMも生活用品店も何も無いので、必要な物は事前に買い揃えておくこと。一番近い町は「Ambalawayal」だけど、大したものは無い。
関連記事


旅女インスタグラム
ID:tabijo_shiho フォローありがとうございます♪

Instagram tabijo_shiho
https://instagram.com/tabijo_shiho/
リアルタイムの毎日更新が目標!ですが、あくまでブログをメインでやっていきたいので、
インスタでのコメントの返信はできないかもです。ごめんなさい;



旅女Facebookページ

旅女 Facebook
旅女Tabijo Facebook
ページTOPで「いいね!」をして頂けると、Facebook上でブログの更新通知が受け取れます。
※「いいね!」はいつでも取り消せます。私のブログは毎日書いたり1ヶ月あいたりとムラがあるので;その時に合わせて取り消したり、再登録したり、お好きなようにお使い下さいませ。



旅女YouTube

旅女Youtube
旅女Tabijo YouTube
旅中撮った動画をUPしています。







やっぱりシメはチョコレート!(ウーティー)

Category: インド
ウーティー3日目。本日も激安ツアーに参加。

・・・の前に朝ごはんを。

おなじみドーナツとチャイ。

P4064367.jpg 
南インドでよく売られているほんのり甘いもっちりドーナツ。
ウーティーのドーナツはジーラ(クミン)が入ってる店が多く、これはこれでアリかな~とも思います。



宿出てすぐの屋台でも売ってたけど、私はちょっと歩いた所にある揚げたてが食べられる店で買って食べてました。やっぱり揚げたてがもちもちで美味しい♪

P4064368_20160423183434df5.jpg 



今回のツアーは「Ooty(ウーティー)」と、その近くの町「Coonoor(クヌール)」の観光名所を巡るツアーです。

●THREAD GARDEN

P4064387.jpg 
入場料:20ルピー(約36円)
カメラ:20ルピー

世界で初めての「THREAD GARDEN」らしいのですが、「THREAD」って何・・・?
調べたら「糸」とか「麻」とか出てきましたが、そんなものは一切無く、ただの規模の小さな植物園。一体何!?;分かる人いたら教えて下さい。



P4064371.jpg

ここの入場料はカメラ込みで日本円で約72円。

しかし。

それでも高いと思うくらいしょぼかったです(;´Д`)

たかが72円なのに損した気分になるなんてよっぽどです。

インドのツアーのいい所は、入場料が別なので、「入りたくなければ入らなくていいというところ。

ここは間違いなく「入らなくていいところ」です・・・;

でも猫さんに会えたのが唯一の救いでした(∩´∀`)∩♪

P4064374.jpg



 P4064377.jpg



P4064378.jpg 


P4064379.jpg 
懐っこくて可愛かった・・・(*´∀`*)




●Ooty Lake(Boat House)

P4064391.jpg 
入場料:10ルピー(約18円)
カメラ:10ルピー 

別料金でボートにも乗れますが、私は乗ってません。
湖は大したことないけど、周辺に色々お店があって、ちょっと遊園地っぽい所もあります。



厳格なムスリム女性達がゴーカート的なものでキャーキャー言ってるのが、何かシュールで面白い。

P4064397.jpg


 P4064398.jpg 


またしても見つけてしまった。

P4064400.jpg

3Dシアター:70ルピー (約125円)

最少人数2人から、と言われ他に誰か来るのを待ってたんだけど、途中で「1人でもいいよ」と言って入れてくれた。
まさかの貸し切りで3Dシアターを鑑賞。
もちろん例の荒っぽい揺れ方で、1人で「おぉっ」とか言いながら半笑いでシアターを出る私。出た後に何人か並んでて「えっ?1人?」みたいな顔をされてしまいました( ̄ー ̄;)
インドのこれ系、なかなか面白いな~。



P4064401.jpg 

↑コレも発見しましたが、入ってません;

出口近くで7Dシアターもあったけど、時間が無かったので入れず。
というか、こんな出口近くに作られてもみんな気づかないだろうな~;




●Doddabetta Peak

P4064407.jpg

入場料:5ルピー(約10円)

ウーティーの景色が見渡せるビューポイント。ここもバスから見える景色とさほど変わらなかったから、入場する必要も無かったかな~。 




●茶畑

P4064424.jpg

ウーティー周辺のニルギリ地方は「ニルギリティー」という紅茶の名産地。茶畑も沢山あって、コダイカナル同様お土産屋さんでは茶葉が安く手に入ります。
ちょっと雲がかってたけど、ここは景色良かったな~。


 P4064419.jpg



P4064416.jpg




●紅茶工場とチョコレート工場

P4064433.jpg  
工場と言ってましたが、作る場所は他にあるのか、お土産を売ってるだけでした。※この下がチョコレート販売所。



P4064429.jpg

チャイ:10ルピー

試飲の場合はこのカップの3分の1くらい入れてくれます。
「チョコレートティー」というのを試飲しましたが、ミルク+砂糖入りで作って いるので、もはや茶葉の味は無く、普通にココアでした。これはこれで美味しかったので、茶葉を買うか迷いましたが・・・。※町中のお土産屋さんでも普通に買えます。



P4064431.jpg

無農薬のユーカリオイル 販売もしていました。

普通にチョコレートを100gだけ購入。




●何か景色のいいところ

P4064440.jpg 



途中買い食いしたバターコーン。

P4064442.jpg 
普通に美味しい。



●お昼ごはん

P4064444.jpg
 
ミールス 100ルピー(約180円)
※ご飯かチャパティが選べて、「ここのチャパティはスペシャルだ」的なことを言っていたのでチャパティにしたけど、違いは今イチ分からなかった。




●Sim's Park

P4064446.jpg 
入場料:30ルピー(約55円)
カメラ:50ルピー(約90円)

クヌールにある植物沢山の公園。
まぁ撮るほどのものは無いだろうと思ってカメラ代は払っていない。予想通りそんなに撮りたいものは特に無かった。



この後ウーティーに戻って「Botanical Garden(植物園)」に行ってツアー終了だったんだけど、大体どんなものか見当がつく植物園に興味が無かったので、バスで待ってると言うと、私だけ先に宿まで送ってくれた。(宿までバスで5分くらいの距離だったので)

それでも宿に戻ったのは夕方6時でした。

【ツアーで使った金額】
・ツアー代 150ルピー
・THREAD GARDEN 40ルピー
・Ooty Lake 20ルピー
・3Dシアター 70ルピー
・Doddabetta Peak 5ルピー
・Sim's Park 30ルピー
・その他入場料+ガイド 40ルピー
・食費(間食含む) 140ルピー
・チョコレート 50ルピー
合計 545ルピー(約980円)




ウーティーの町は夜になると屋台も出ます。

こんなクソボロい屋台のおっちゃんが作る、

P4064450.jpg



唐揚げが、めっちゃ美味しい!

P4064454.jpg 
ライムを絞って食べる。
これで骨無しなら言うことないんやけどね~。



隣りのピーナッツ和え物屋台も美味しかった。

P4064455.jpg




そしてこの日はウーティー最終日なので、気になっていたちょっと高めのレストランに。

P4064470.jpg 

Sidewalk cafe(10:00~22:30)

ここで本場のニルギリティーを、と思ったのですが、目についたのがメニューのデザートコーナーにあった「Sizzling Brawnie」。

お値段240ルピー(約430円)

何でこんなものを見つけてしまったんだろう・・・。
おすすめマークあるし、気になる。

迷ったものの、どんなものか今イチ分からないまま注文してしまいました(;´∀`)

そして向こうから「ジュウ~!ジュウ~!」と、派手な音を立てて運ばれてきたスイーツ。

P4064467.jpg

こ・・・

これは凄い・・・。

アツアツのチョコブラウニー+バニラアイスで美味しそうだけど、更にトロ~リとしたチョコソース。

チョコソースがジュウジュウと煮だってます。

でもこれ、めっちゃ甘そうに見えるでしょ?

P4064469.jpg


そう。

見た目通り、めっちゃ甘かったです!(゚∀゚;) 

まぁ言ってもチョコ好きだから、完食しましたけどねw

甘党な方には是非おすすめの一品。
一体何カロリーあるのかは考えないことにしましょう。


さてさて、次の町はまだ高原地帯なのですが、この泊まった宿がまた面白かった!

関連記事


旅女インスタグラム
ID:tabijo_shiho フォローありがとうございます♪

Instagram tabijo_shiho
https://instagram.com/tabijo_shiho/
リアルタイムの毎日更新が目標!ですが、あくまでブログをメインでやっていきたいので、
インスタでのコメントの返信はできないかもです。ごめんなさい;



旅女Facebookページ

旅女 Facebook
旅女Tabijo Facebook
ページTOPで「いいね!」をして頂けると、Facebook上でブログの更新通知が受け取れます。
※「いいね!」はいつでも取り消せます。私のブログは毎日書いたり1ヶ月あいたりとムラがあるので;その時に合わせて取り消したり、再登録したり、お好きなようにお使い下さいませ。



旅女YouTube

旅女Youtube
旅女Tabijo YouTube
旅中撮った動画をUPしています。







特に驚くものも出ないサファリツアー(ウーティー)

Category: インド
ウーティーのB級遊園地で思いっきり楽しんでしまった私。
もう充分この街は満足したな~と思いつつ、宿の下の小さなツアーオフィスに見所を聞くと、コダイカナル同様またしても激安1Dayツアーを発見したので、即予約。
ツアーは2種類あって、どっちも500円以下だったので両方行くことに。

まぁ自分の記録程度にほぼ写真だけになります(;´∀`)
※UPした写真以外のところにも行ってますが、まぁアレなのでカットw

1日目のツアー
「Pykara&Mudumalai ツアー」
8:30~20:00 225ルピー(405円)

ウーティー近くの「パイカラ」という村?と、「ムドゥマライ自然保護区」に行くツアー。

というか、帰宅が夜8時!?
どんだけ遊ぶん!と驚いたものの、実際帰って来たのはそれよりも遅い夜8時半でした。
例によって出発が10時くらいでしたけどね(゚∀゚)



まずはパイカラへ。こちらは森や湖を見たり。
行く途中に「カメラや映画のフィルム工場」を通りました。昨日のサンダーパークでビンテージカメラ博物館があった理由がここで判明。大きな工場でしたが、近年のデジタル化により、今はほとんど稼働してないとのこと。



●ダムのある池

P4054242.jpg




● パインフォレスト(松林)

P4054247.jpg



こんなとこでチョコを売るおっちゃん。
 P4054248.jpg


 P4054252.jpg



 P4054249.jpg 




● PAGALKOD MUND

P4054262.jpg

入場料:5ルピー(約10円)
 
森が見渡せるだだっ広い丘。
一体何に使われているのか。聞くの忘れました;



P4054263.jpg




● 滝

P4054293.jpg 
入場料:5ルピー(約10円)



P4054288.jpg
 
「Waterfall(滝)」と言われたけど・・・何かイメージする滝とはかなり違う(゚∀゚)
インドは「思っているのと違う」というのが当然のように起こる、のがまた面白い。  



P4054286.jpg



途中フォトフォト攻撃をしてきたインド人。
 P4054269.jpg



P4054295.jpg




● お昼ごはん

P4054296.jpg

ミールス 80ルピー(約145円)  
もちろんおかわり自由。ここのは結構美味しかった。




そしていよいよサファリツアーへ。

● Mudumalai ムドゥマライ自然保護区
入場料+ガイド料 40ルピー
ここに入ってから、そのまま乗ってるバスで通過するか、ジープに乗り換えるかを選べます。ジープに乗る場合、1人150ルピー(約270円)。私はせっかくなのでジープに乗り換えましたが、なぜか運賃を回収されなかったのでそのまま放おっておきましたw

孔雀が沢山見れました。

P4054300.jpg



P4054316.jpg



シカも多かった。

P4054310.jpg


 P4054325.jpg
  


野生ではない飼い象。

P4054311.jpg



これは初めて見たかな?
インドイノシシ」らしいです。

P4054322a (640x427) 


P4054319 (640x424)



P4054323 (640x429)

見れた動物は以上。少なっ(;´∀`)
そんなに沢山の動物を見なかったので、まぁバスでも良かったかも(どのみちお金は払ってないのですが;)。通常はコダイカナルのツアーで偶然見た「ガウル(インドの野牛)」も見れるとのことでした。雨が多くなる6月辺りが動物が多いらしいです。


無賃乗車したジープ。

P4054338.jpg

このジープ、窓に背を向ける形でイスが設置されているので、動物を見るのに全然適していません!:しかも窓の位置(ガラスは入って無いのですが) も低いので、後ろを振り向いて頭をかがめる形で外を見ないといけないのです・・・(-д-υ)
この辺りがインドなんだよな~。。。



ジープが最後に着いた森を抜けた小さな村のような場所。

P4054336.jpg



道路脇にある赤い花をつけた木が綺麗だった。
 P4054346.jpg



P4054343.jpg



本日バスの隣りの席に座っていたインド人。

P4054360.jpg

夫婦+子供1人で、バスの中ではお母さんの方がずっと話しかけてきてたんだけど、ジープの中ではなぜか今まで話さなかったお父さんの方がマシンガントークをしてきた。
よりによって必死に動物探してる時に・・・( ̄ー ̄;)
バンガロールでIT系の仕事をしていて、ここには旅行で来たらしい。

この父ちゃんが、もうすんごい親バカでここまでくるとすごく微笑ましくなる。
とにかく娘を溺愛で、「この子は将来ビックスターになるんだよ!」とひたすら熱弁された。
確かに可愛いけど、夫婦揃って横幅が広くいらっしゃるので、娘もそうならないといいけれど・・・w



英語を勉強中のこの子ともちょこちょこ話した。

P4054354.jpg

しかも翌日のツアーで別々のバスだったのにまた再会(´∀`) 



ここでちょうど日が暮れてきて、夕陽が綺麗だった。

P4054349.jpg 


大した所は行かないものの、インドの自然を満喫出来るツアー。
1日遊びたおして400円はやっぱり安いなぁ~。
しかし翌日のツアーは150ルピー、約270円と更に安いw一体どんなものなのか。


【ツアーで使った金額】
・ツアー代金 225ルピー
・PAGALKOD MUND 5ルピー
・滝 5ルピー
・自然保護区入場料+ガイド料 40ルピー
・食費 80ルピー
合計 355ルピー(約640円)

関連記事


旅女インスタグラム
ID:tabijo_shiho フォローありがとうございます♪

Instagram tabijo_shiho
https://instagram.com/tabijo_shiho/
リアルタイムの毎日更新が目標!ですが、あくまでブログをメインでやっていきたいので、
インスタでのコメントの返信はできないかもです。ごめんなさい;



旅女Facebookページ

旅女 Facebook
旅女Tabijo Facebook
ページTOPで「いいね!」をして頂けると、Facebook上でブログの更新通知が受け取れます。
※「いいね!」はいつでも取り消せます。私のブログは毎日書いたり1ヶ月あいたりとムラがあるので;その時に合わせて取り消したり、再登録したり、お好きなようにお使い下さいませ。



旅女YouTube

旅女Youtube
旅女Tabijo YouTube
旅中撮った動画をUPしています。







どっきどき☆インドで一番大きな恐竜パーク!(ウーティー)

Category: インド
朝6時。
ウーティーの町に到着。
コダイカナル同様、標高2,000Mだかの町なので、朝はひんやりしている。

でもコダイカナルより大きな町だなー。

P4044137.jpg 


宿探しが面倒くさかったので、またしてもマドゥライからお世話になっている同系列の宿(記事最後に詳細)にチェックイン。
ドミで340ルピーは高いけど、そんなに長居もしないだろうからよしとする。部屋きれいだし、ホットシャワーも出るしね。(この辺りで水はちょっとキツい。)


バスの中であまり寝られなかったから少し仮眠して行動開始。


さて、ウーティーには何があるのか。
確か持っている地球の歩き方に載っているはずだけど、マドゥライを出る際にバックパックの底に収納してしまったので、出すのが面倒くさい。

とりあえずGoogle Mapでも見てみるか・・・

と、目についたのが、


「THUNDER WORLD」


何それ!?

私のB級アンテナが完全に反応している!!!(;゚∀゚)=3

絶対面白い気がする~!!



というワケで、早速GO!
お目当ての場所は鉄道駅の近くだったから、宿からバスに乗って向かう。

一応ウーティーから乗れる「ニルギリ鉄道」は世界遺産になってるんだけど、ディーゼル車に乗れるのはその次の町からということで面倒になってやめた;



バスターミナルから徒歩数分。「THUNDER WORLD」の看板発見!!

P4044143.jpg 

インドで一番大きい恐竜パーク!?


一番大きい・・・というか、インドに他にもこういう恐竜パークがあるということの方が気になる。是非とも行ってみたい。



P4044144.jpg 
えー!

いろいろ何かのパクリっぽいけど、めっちゃ面白そうやん!




「THUNDER WORLD Ooty(サンダーワールド・ウーティー)」

P4044225.jpg 
ガラッガラッの入場ゲート到着。
やっぱB級スポットはこうでなくっちゃね!!(;゚∀゚)=3

え?入場料300ルピー(約540円)?
払う払う~~~!(;゚∀゚)=3



閑散とした敷地に何か音楽流しながらコロコロ転がってる人達がいるよ♪

P4044223.jpg 


こじんまりとしたテーマパークで、7ヶ所に分かれた室内空間に、何か面白いものがあるらしい。

①Third eye

P4044146.jpg 



これまたインドで一番大きなビンテージカメラ博物館らしい。

P4044176.jpg
 
ドイツ製や日本製等、古いカメラや映写機が保存されている。



私が今使ってるオリンパスのPENシリーズ、50年前はこんなだったのか~。

P4044152.jpg
 


えっ!?スパイカメラ?

P4044155.jpg 
マジでスパイが昔使ってたのかなぁ~・・・?
残念ながら英語で説明してくれる人はここにはいない;



世界で一番大きなカメラ。

P4044161.jpg


 P4044163.jpg
 
これで撮った写真はサイズも大きいのだろうか・・・。



何かよく分からん小部屋に入ったらこんなことに。

P4044172.jpg
 


周りがガラス貼りの部屋という子供騙しな感じだけど、写真を撮ると意外と面白い。

P4044173.jpg 




②My INDIA

P4044177.jpg
 
インドの名所の模型。
クオリティも低いし、大して面白いものは無い。




③BIG FOOT

P4044188.jpg
 
どうやらここが「インドで一番大きいダイナソーパーク」で、サンダーワールド一押しのアトラクション(?)らしい。



どれどれ・・・( ^ω^)

P4044189.jpg
 
うわぁ~!

B級感、ハンパな~~~い♪(∩´∀`)∩

雑然とした倉庫の中に置かれた恐竜の骨の模型達。この広い空間、もっといい感じに使えなかったのだろうか・・・と突っ込みたくなるのがB級スポットのあかし♪



確かに「BIG FOOT」だけれども足だけ飾っても・・・

P4044192.jpg 



そして、その倉庫の先には・・・

P4044195.jpg
 
恐竜パーク♪(∩´∀`)∩



恐竜がギャーギャー行ってる横で、インド人のお母様方が草抜きをしているよ♪

P4044196.jpg 


公園に点在している恐竜の模型は、横を通ると「ちょっとだけ」動いて「ギャース」と鳴くよ♪

P4044198.jpg 


何か食べてるぅ~。

P4044201.jpg



 P4044202.jpg 


ゴミ箱。

P4044199.jpg 



う~ん、いい感じのB級度♪

P4044204.jpg


 

④5Dシアター

P4044211.jpg 
こういうの入るの、昔行ったUSJのスパイダーマン以来かなぁ~。
ディズニーランドにもあったっけ?

前回コダイカナルで片目が見えないことで断念した「7Dシアター」。でも今回は料金に入ってるから見てみよう、と入場。

部屋は定員30人くらいのこじんまりとした部屋で、33歳の私の隣りには兄妹らしい子供が3人。シートベルトを締めて、それを念入りにチェックするスタッフ。

画像が流れ始めた直後。



ガタン!!

ガタンガタン!!!



あっ!荒い・・・!!
何ていうか、揺れ方が荒いっ(;´Д`)
イスの肘掛けには丁度手の位置に掴まる用の鉄の棒が付いているんだけど、本当にそれをぎゅーっと持っておかないと振り落とされるんじゃないかと思うくらい揺れる。

えー;日本のもこんな激しかったっけ?

画像はこういうのによくありがちな、自分達が乗ってる乗り物が変なとこ走りだす、みたいな感じ。片目見えないから多少ぼやっとしてるものの、結果、画面を見る余裕なんて無いくらい揺れるので、見えなかろうが関係なかった笑。

子供達ももはや揺れることだけで楽しんでいるとしか思えない。
しかし、まさかこんなところで子供達と一緒に爆笑するとは思わなかった。
というか、普通に面白かった(゚∀゚)

こんなことなら7Dも行っておけば良かったな~。




⑤RAIN FOREST

P4044215.jpg
 


また恐竜系ね~と思いながら、何の気構えも無しに入ったら、


ギャーーーッッ!!!:(;゙゚'Д゚'):


何とお化け屋敷の「恐竜バージョン」でした。

ほんと何も気構えて無かったからめっちゃびびった!!

でも、、、

私がしょっぱなでびびったもの↓

P4044212.jpg

縁日で売ってるおもちゃのヘビみたいなサイズ。

横からにょきっと出てきただけ。

し・・・知らなかったといえ、しょぼすぎるな、自分・・・( ;∀;)

でも知ったからにはインドのお化け屋敷なんて怖くない!
やたらギャースギャースうるさいだけで、出てくるタイミングも微妙だし、出てくるものもトラ・・・のぬいぐるみだったりするし。ウケるw

P4044213.jpg 

う、うぅ~ん・・・。




⑥HAUNTED HOUSE
 さっきの恐竜お化け屋敷の隣りのブース。
正面写真撮るの忘れたけど、こっちは明らかに外装で「お化け屋敷」というのが分かる。

実は私、お化け屋敷が苦手・・・なんだけど、子供の時以来入ってなくて、去年友達と「もぅこの年になると、多分お化け屋敷なんて行ってもキャーキャー言えんやろな~」なんて話してまして。

どうせしょぼいだろうし、大丈夫!と思って入ったんですよね。


ジャジャ~ン!!!

P4044216.jpg 

あ、うん。

大丈夫!!!(゚∀゚)

何かタイミングも遅いし、見えてるし!

と思って暗がりの中を進むと・・・




ギャーーーッッ!!!:(;゙゚'Д゚'):




そこに現れたのは、


普通の格好したインド人のおやじ。


出口が分からなくなったのか、ルートを逆走してきたらしい。

私 「ちょっとアンタ!何で前から来るん!?」

おやじ 「ソーリーソーリー!」

 「もういいから、アンタうちの前歩きなよ!!」


英語が分からず、きょとんとするおやじ。

入り口から出ようとするのを阻止し、無理やり引っ張って前を歩かせようとする私。

おやじも分かってくれたのか、何とか前を歩いてくれた。
普段ならおやじと言えどインド人男性と自ら暗い場所に行くなんて絶対あり得ないけど、私も相当テンパっていたのだと思う。



おやじから数歩離れてヨタヨタと歩いていたので、私が通る時にはお化けが完全に出て、引っ込んでいる。そのまま行こうとすると、おやじが立ち止まって、もぅ1回出るまで待ってくれる。
や、優しい・・・けど、1度見たもの見ても、もちろん怖くない;

結局お化け屋敷を出るまでその優しさは続き、じっくりお化けが出るのを見れました・・・。

出口を出ると、おやじの家族が待っていて、「え?何でお父さん外国人と出てきたの?」っていう雰囲気。

おやじが何か説明してクスクス笑われ、私も恥ずかしさまぎれにへらっと会釈してその場をそそくさと退散。

くっそー!!!;

インドのお化け屋敷なんて、どうせ
こういう顔文字→( ゚_ゝ゚)シラー
多様すると思ってたのに!!!;

してやられた。。。

いやいや、怖かったんちゃうよ?おやじがね・・・前から来るもんやから・・・!!!




気を取り直して最後。

⑤VORTEX

P4044220.jpg

ボルテックス・・・?
ポイの技の名前であるけど、どういうことだろう・・・と思い、ブース前にいるスタッフに「これ何?」と聞くと、

「イリュージョンよ!」

と一言。

イリュージョン!?何か面白そう!

と思って部屋に入ると、その部屋の中に土管を大きくしたような円柱の筒があって、更にその中に入る。

P4044219.jpg

いや何か、無駄に写真映えはするけど一番しょーもなかったかも(;´∀`) 

歩道が3mくらいあって、ライトを付けた壁がくるくる周ってるだけ。
一緒に入ったインド人も出口のカーテンをめくって、「あれ?これで終わり?」的な顔をしていた。



以上で終了。

いやいや、なかなか悪くなかったなサンダーワールド。意外と楽しめた!

敷地内の公園にあったワケ分からん銅像 ↓

P4044221.jpg 

「THUNDER WORLD Ooty(サンダーワールド・ウーティー)」
場所:North lake road, Ooty
鉄道駅、バスターミナル周辺から徒歩10分くらい。「ダイナソーパーク」と聞けば教えてくれる。
営業時間:朝10時から~閉園時間ナゾ
料金:大人300ルピー
※ブースごとの料金設定もある。




バスで来たので、帰りは徒歩で。
そんなに遠くもないし、何より暑くないからね~。

サンダーパーク近くのチョコ屋さんで、コダイカナルでは見なかったチョコを発見。

P4044229_2016041821410579f.jpg

「アーモンドアイズ」。
チョコの中にアンズみたいなドライフルーツが入ってて、真ん中がアーモンド。これ美味しくて結構食べてた。値段は店によってまちまち。



これもコダイでは見なかったクッキー屋さん。

P4044233.jpg

町の至る所にある。



クッキーの下のやつは量り売りしてたんだけど、数個だけ買って食べてみた。
  
P4044232.jpg

サクサクしてて、ちょっとしょっぱ甘い感じで美味しい!
ギー(インドでよく使われるバターオイル)で作ったお菓子とのこと。ショートニングクッキーのパイバージョンって感じ。そんなに甘くなくて、これまたチャイに合うなぁ~。
そしてこの辺ではチャイでは無く、普通の紅茶(ブラックティー)も濃い目で作ってくれるからまたいい。※インド北の方で注文した時は結構薄かった;



どこに行ってもお寺はある。

P4044236.jpg

お祭りの日らしく、人が多かった。



次回はまたしてもインドの激安ツアーに参戦!!(∩´∀`)∩♪ 


 

コダイカナルからウーティーへの行き方


夜行バス 約10時間40分 300ルピー(約540円)
コダイカナル(Kodaikanal)19:00発(20分遅れで19:20発)
ウーティー(Ooty)6:00着
※途中晩ご飯休憩で食堂で20分くらい停まる。


 

ウーティーの安宿


ウーティーの宿は駅周辺、メインバスターミナル、Periyar Chorkバス停付近(MAPS.MEで"Periyar Garden"があるところ)に沢山ある。
ユースホテルはこちら→http://www.ootyyouthhostel.com/(地図有り)
他にも「ユースホテル」という看板を見かけたので、インフォメーションセンターで聞いてみるのもいいかも。(駅前とPeriyar Chorkバス停横にあり
安いけど(ドミ200ルピー)場所が今イチだったので、以下の宿に ↓

P4044138.jpg


 P4044135.jpg
 
「Vedanta Wake Up!-Town Centre」
Ettines Road, Near Rose Garden, Ooty
※HPはインドのクレカしか使えなかった。
(2016.4.4~3泊)

ドミトリー:340ルピー(約610円)Booking.comで予約。
ホットシャワー(お湯が使えるのは朝7時~9時のみ。お湯が出るのは遅く、バケツ2杯分待たないといけないけど、出たらかなり熱い。)
WIFI無料(部屋で使用可能。速度はかなり早かった)

行き方:Periyar Chorkバス停から徒歩数分。宿は最近出来たらしく、昔のホテルの名前「SAPPHIREPAR」(←スペル微妙;)の方が通じる。

P4074472.jpg 


関連記事


旅女インスタグラム
ID:tabijo_shiho フォローありがとうございます♪

Instagram tabijo_shiho
https://instagram.com/tabijo_shiho/
リアルタイムの毎日更新が目標!ですが、あくまでブログをメインでやっていきたいので、
インスタでのコメントの返信はできないかもです。ごめんなさい;



旅女Facebookページ

旅女 Facebook
旅女Tabijo Facebook
ページTOPで「いいね!」をして頂けると、Facebook上でブログの更新通知が受け取れます。
※「いいね!」はいつでも取り消せます。私のブログは毎日書いたり1ヶ月あいたりとムラがあるので;その時に合わせて取り消したり、再登録したり、お好きなようにお使い下さいませ。



旅女YouTube

旅女Youtube
旅女Tabijo YouTube
旅中撮った動画をUPしています。







このコンビ、美味しくないわけがない!(コダイカナル)

Category: インド
コダイカナル最終日。

丁度日曜日だったので、教会の朝のミサに参加しました。
ミサ前の写真↓

P4034075.jpg 
始まる前は人はまばらだったのに、始まってしばらくすると小さな教会は満席に。
私はキリスト教ではないですがミサの雰囲気は好きで、気が向いた時はたまに参加します。
飽きっぽくせっかちなインド人が静かにずっと座っているのを見ると、ちょっと不思議な感じがしました。



その後昨日のツアーでパスした、宿近くの「Coaker's Walk」へ。

P4034095.jpg 

入場料・カメラR30ルピー(約55円)
(※各30ルピーだったかな!?忘れました;)
コダイカナルの景色が見渡せる遊歩道です。



この日は日曜日ということもあって、人も多かったです。

P4034096.jpg
 


山肌に作られた眺めのいい遊歩道なのですが、やはり今の時季は霧が多いようで。

P4034080.jpg
 


景色は微妙。

P4034079.jpg
 


変な頭の人がいたので撮らせてもらいました。

P4034077.jpg
 


「次はお前が被れよ~!」

「やだよ!お前が被れよ~!」

P4034078.jpg 
男同士でイチイチャするインド人。楽しそうだなぁ~w



変なお面を被った子供がいたので撮らせてもらいました。

P4034083.jpg 

ピューっと吹くと同時にお面の上のストロー?がピューっと立ちます。か・・・かわいい(ノ´∀`*)



縁日的なゲームも発見。

P4034090.jpg 
カラフルなのは風船です。
このお姉ちゃん、こんな構え方なのにまさかの100発100中!!周りから歓声が上がってました。な・・・何者???
※でも当てて割るのを楽しむだけで、景品はありません。



インドの暑い場所ではなかなか無いであろう綿菓子も。

P4034091.jpg
 
持ち手のところまでベッタベタになってましたが。



これは「Tree Tomato(ツリートマト)」というらしい↓

P4034093.jpg
 


試しに買ってみた。

P4034094.jpg
 
3個20ルピー(約36円)

皮を剥くのではなく、上の端っこをこういう風に切ってくれて、下を手で押し出して中身を食べろと言う。小さな種もそのまま食べるのは、パッションフルーツっぽい。
トマトを果物にしたらこんな感じかな~?という味。分かりづらい!;トマトの酸味はあるけどそんなに強くなくてサッパリしている。意外と好きかも。。。

ググッてみたら、「タマリロ」と呼ばれるナス科の植物だった。
Wikiにはパッションフルーツとトマトとキウィフルーツの中間のピリッとした味」と書かれていて、納得。



昼ごはんはたまにはちょっといいお店で。

P4034098.jpg
 


ここのレストランではコダイカナルの地鶏や、地元の野菜を食べられるメニューが沢山あった。

が、私が頼んだのはバターチキンカレー。

P4034097.jpg
 
どうしてもこれが食べたい気分になってしまったけど、値段の割に味はまぁまぁだった。サンタナプリーのスレイシュが作るバターチキンカレーの方が断然美味しい。チキン自体は美味しかったけど♪



そしてこのカフェ。

「Muncheez」

P4034118.jpg
 
初日にここを知ってたら散財していたかもしれない。



P4034113.jpg
 
あったかいチョコブラウニー+バニラアイスなんて、美味しくないワケが無い!100ルピー(約180円)

ただ私現在33歳。
いい加減甘すぎるモノは胃にもたれるお年頃♡



しかし更に。

P4034111.jpg
 
エスプレッソ(40ルピー)+チョコチップクッキー(30ルピー)

いや、クッキーは持ち帰りって言ったんだけど・・・忙しそうだから忘れたんだろな~(;´∀`) でもせっかくクッキーまで温めてくれてるので食べることにします。

うぅ・・・さすがに厳しい( ̄ー ̄;)

エスプレッソダブルにすれば良かった。
コーヒーはめっちゃ美味しいとまではいかないものの、インドにしてはかなりまとも。

場所↓




交差点から入って左手にあるこの系列店↓

P4034123.jpg
 


の、すぐ隣りです。

P4034122.jpg

ハンバーガーやフライドポテトも美味しそうでした。



~補足・その他のおすすめ店~
コダイカナルのお土産としては、チョコレート、ニルギリティー、オーガニックスパイス、ボディーオイルやソープ等があります。バザール周辺には女性達のハンドメイド小物を売る小さなお店も数軒ありました。少し高めですがたまにセンスいいものもあって、短期旅行なら色々買ってただろうな~と思います。

●DANISH DISPLAY

P4013770.jpg 
お土産屋さん。このお店はほとんどの商品に価格表示があって、値段も良心的。店内は2階建てで広く、大体のお土産物を売っています。私はここでサンダルウッドの石鹸を30ルピーで購入。スーパーで売ってる普通の石鹸とそんなに値段が変わらないのが驚き。
※サンダルウッド・・・和名は「ビャクダン(白檀)」と呼ばれる香木。インドが原産地で、インドで売ってる化粧品によく使われている。インド人女性御用達!

場所↓




●THE POTTER'S SHED

P3313741_2016041815322549d.jpg 

ここ!
短期旅行で持って帰れるなら絶対買ってた!( ;∀;)
手作りで味わいのある陶器のカップが沢山!色も渋めでカップ以外にもティーポットや急須もある。しかも値段も安め。細かい値段忘れたけど、カップで400円くらいだったような。
場所はカフェかお土産屋さん、どっちかの通りです;



最後にレストラン。
●RED APPLE

P4013820.jpg

旅行会社のお兄さんに「どっかコダイのローカル料理を安く食べれる所ある?」と聞いて行ったお店。


ここで家庭でよく食べる「トマトライス」又は「レモンライス」が食べられるとのこと。メニューには無かったけど、頼むと作ってくれた。

P4013822.jpg

トマトライス 50ルピー(約90円)
南インドでよく食べられるらしいです。

うん。普通のケチャップライス(゚∀゚) 
でもカレーばっか食べてるインドにおいては、不思議とこの「トマト味」というのが美味しく感じるんだよね~。
しかも見た目に反してかなりの量。食べても食べても減らない;

場所はバスターミナルのすぐ裏。その辺の人に聞けばみんな知ってると思う。



さて、コダイカナルを後にして、夜行バスでウーティーへ。
ウーティーもコダイと同じく標高2,000M級の高原地帯。何か違いはあるのかな~?

関連記事


旅女インスタグラム
ID:tabijo_shiho フォローありがとうございます♪

Instagram tabijo_shiho
https://instagram.com/tabijo_shiho/
リアルタイムの毎日更新が目標!ですが、あくまでブログをメインでやっていきたいので、
インスタでのコメントの返信はできないかもです。ごめんなさい;



旅女Facebookページ

旅女 Facebook
旅女Tabijo Facebook
ページTOPで「いいね!」をして頂けると、Facebook上でブログの更新通知が受け取れます。
※「いいね!」はいつでも取り消せます。私のブログは毎日書いたり1ヶ月あいたりとムラがあるので;その時に合わせて取り消したり、再登録したり、お好きなようにお使い下さいませ。



旅女YouTube

旅女Youtube
旅女Tabijo YouTube
旅中撮った動画をUPしています。