旅女 Tabijo~義眼のバックパッカー編~のメイン画像

トルコ【目次・まとめ】

Category: トルコ
P9231924.jpg
写真:羊飼いのおじいさん(カッパドキア)

※場所の行き方、安宿情報は各記事最後をご参照下さい。

【目次】
↑トルコに旅行を検討の方、ぜひお読み下さい!

ジョージアからトルコへの入国方法。バトゥミからは国際バスも出ています。











~この間「キプロス共和国」をはさむ~


~この間「ギリシャ・ロドス島」をはさむ~






【まとめ(2016年9月~10月)
ビザ:90日以内の観光目的ならビザ不要
通貨:1TL(リラ)=約35円←※今更に下がって33円前後になってます;
日本との時差:-7時間(日本が20時の時、トルコは13時)

●使ったお金
2,784リラ(約97,440円)
※キプロスを含む約4週間。ロドス島は含まない。(ユーロなので計算し忘れた;)
一体何にこんなに使ったのだろうと思ったけれど、バックパッカー宿が無い場所ばかり行っていたし、外食や交通費(バスは意外と高い)も考えれば確かに使ったかも~という感じ。

●トルコのバス
・トルコ国内はバス路線が網羅していてどこへ行くにもさほど困らない。同じ路線でも数社のバス会社が走らせている場合が多いので、売り切れでも他のバス会社に聞くと大体ある。チケットは前もって予約購入もできるし、空いていれば直前でも購入可能。が、イスラム教の祝日はかなり混んでいて購入が困難になることもあるので注意。
・同じ路線でも会社によって値段も違い、値段によってバスのグレードは比例するが、一番安いバスでもエアコン完備、液晶TVが付いているのが普通。飲み物、お菓子のサービスもあるがトイレは付いていない。値段が高いバスには更に電源・アウトプット可能なUSBポート・WIFIがついている。
・大体どこの路線で聞いても一番安いのは全国展開しているMETRO社。他の会社が売り切れていてもここへ駆け込めば大体何とかなる。
・チケットはバスターミナル他、市内にも大体オフィスを構えている。変に旅行代理店などで買わない限りボラれることも無い。
・市内~バスターミナルまで無料のバス(セルヴィス)を使える会社もあるので購入時に聞いておくと楽。
※鉄道は本数・路線が少なく時間もバスよりかかるが、その分安いという利点もある。結局使ってないけど。
関連記事


旅女インスタグラム
ID:tabijo_shiho フォローありがとうございます♪

Instagram tabijo_shiho
https://instagram.com/tabijo_shiho/
リアルタイムの毎日更新が目標!ですが、あくまでブログをメインでやっていきたいので、
インスタでのコメントの返信はできないかもです。ごめんなさい;



旅女Facebookページ

旅女 Facebook
旅女Tabijo Facebook
ページTOPで「いいね!」をして頂けると、Facebook上でブログの更新通知が受け取れます。
※「いいね!」はいつでも取り消せます。私のブログは毎日書いたり1ヶ月あいたりとムラがあるので;その時に合わせて取り消したり、再登録したり、お好きなようにお使い下さいませ。



旅女YouTube

旅女Youtube
旅女Tabijo YouTube
旅中撮った動画をUPしています。







トルコのカモメは夜も飛ぶ。

Category: トルコ
イスタンブール2日目。観光!観光!します(;´∀`)

宿を出ると隣りのお店の入口に猫さんが2匹いました。

DSCF1248.jpg

食堂ではないのですが、この後お店の人が出てきて猫さん達にご飯をあげていました。飼い猫ではないけれど、イスタンブールにいるそれぞれの猫さんには「ここ」という場所があるんだろうなぁ~。



●グランドバザール

DSCF1252_2016112404331091c.jpg

アーケードのようになっている屋内マーケット。
お土産品から日用品まで何でもあり、とにかく巨大!ここへ入る前にセキュリティーチェックがあった。イスタンブールは観光場所では大体厳重警備がされている。
そういや、長距離バスに乗っている時にも、たまに途中のセキュリティーポイントでパスポートチェックがあった。トルコ人曰くテロ等が起こる前まではこういったことはしていなかったらしい。「だから今は大丈夫だよ!」って・・・数日前にもテロやられてるやーん。

グランドバザールにずら~っと並ぶお土産屋さん。

DSCF1259.jpg



中でもやっぱり目に入るのはランプ。きれ~。

DSCF1260_20161124043308578.jpg

でも宿の人もテジュンも口を揃えて「ここでは見るだけにしなさい」と。かなり観光客向けの値段設定(=ぼったくり)らしく、何か買うならまだ「スパイスバザールの方がまし」とのこと。後で行きま~す。



●スルタンアフメット・ジャーミィ(ブルーモスク)
入場料:無料
※お祈りの時間は入れない。アザーンが鳴り始めて大体40分くらいでお祈りは終わるので、大体その後は入れる。

外観は写真に撮っても微妙だったので(大きすぎて収まらない)内観を。

DSCF1276.jpg

むちゃくちゃ広い。天井からぶら下がったランプも雰囲気ある。



「ゾウの足」と呼ばれる大きな柱。

DSCF1281_20161124044710b08.jpg



青を基調とした装飾が施されていることから「ブルーモスク」とも呼ばれるけど、実際そんな青~っていう感じでもなく結構カラフル。

DSCF1285_201611240447120e9.jpg

昨日コーヒー占いをしてもらったトルコ人は「ステンドグラスから漏れる光の青がきれいだからブルーモスクっていうんだよ」と言っていた。確かにステンドグラスもきれい。



外に出ると、、、あっ猫さん。

DSCF1292_20161124044713848.jpg



猫マッサージをしましょうね~。

DSCF1294.jpg



さ、観光でもするか。。。
ブルーモスクと次の観光「アヤソフィア博物館」は向かい合っていて、その間が広場になっている。正面に見えるのがアヤソフィア。

PA082755.jpg



●アヤ・ソフィア博物館
入場料:40リラ

PA082760.jpg

ここもとにかく大きい。
↓横から見たところ。
 PA072737.jpg



そんな・・・
中にも猫さんがいるなんて・・・

DSCF1304_20161124050126763.jpg



ちょっと横に座ってみたら・・・

DSCF1306.jpg

ヒザの上に乗せているリュックを気にもしないで、のしのしとお座りになられた(*´∀`*)

はわわわわわ。。。

DSCF1309.jpg

ぬくぬく。
まだアヤソフィアの中にも入っていないのに早くも足止めをくらってしまっている。。。
ちょうどこの日は雨もパラパラしていたので、猫さんも寒いんだろうなぁ~。暫くして別の猫好きさんが現れたのでバトンタッチ♡



中に入ると、おぉ~・・・おぉ???

DSCF1315.jpg

半分修復中( ;∀;)



DSCF1336.jpg

壁に飾られた大きな円盤には歴代のイスラム教指導者の名前が書かれている。
アヤ・ソフィアは東ローマ帝国時代(6世紀)にキリスト教の大聖堂として建てられ、その後ローマ・カトリック教会、更にその後イスラムモスクとして改修された歴史を持つ。

DSCF1320.jpg

イスラムモスクにはメッカの方向に「くぼみ(ミフラープ)」がある。
ここにはミフラープの上には聖母マリアのモザイク画があり、何とも不思議な感じ。

DSCF1323.jpg



花型の照明がオシャレ。

DSCF1316_20161125053923e28.jpg



入口近くに「マリアの手形」と呼ばれる柱がある。

DSCF1338.jpg

柱にくぼみがあり、そこに親指を入れ残り4本の指先を柱から離すことなく円を描けたら願いが叶うと言われているらしい。
みんなこぞってチャレンジしている。

DSCF1337_20161125060309fa5.jpg

が、円を描ける人がいず。
そりゃあ腕の関節の構造上無理だろ~と思いながらも、トルコ人に続いて私もやってみると・・・

あれっ・・・普通に回せたんやけど・・・!
見ていたトルコ人ギャラリーもびっくりΣ(゚д゚;)エ?ナンデ!?
うちもびっくり。
体は固い方なんだけど、腕の関節だけおかしいのだろうか。というか、腕を回すことに意識しすぎて願い事何も考えて無かった~。後付けでもいいかなぁー。



2階から。半分修復中だから半分だけの写真・・・。

DSCF1343.jpg



でも2階はきれいなモザイク画が残っている。

DSCF1356_201611250603082d3.jpg



アヤ・ソフィアを後に、イスタンブールと言えばサバサンドを食べに港へ向かう。
ようやくケバブともおさらばか・・・(と思ったけど、この後のヨーロッパでも安食堂=トルコ食堂ということを私はまだ知らない)
 DSCF1391_20161125060307a50.jpg



あ、そうだ!
トルコアイスは何度か食べたけど、このTVとかで見る「びよ~ん」てのびるやつ、まだ食べてない!

DSCF1395.jpg



お兄さん!トルコアイス!びよ~んてのびるやつやってね!とジェスチャーで伝えたんだけど。

ぺたぺた。

DSCF1393.jpg



はいよ!
 DSCF1394_20161125061428ab0.jpg

・・・どうやら冬の寒い時期は「のびない」らしい。

が、トルコアイスの定番である「受け取ろうとすると落とすフリとかしてなかなか渡してくれない」というパフォーマンスはやってくれた。でもね、、、これ、一人で買って一対一でやってると何かすごく恥ずかしい!;お兄さんにうまいこと操られて一人で「あっ」「ちょっと!」などアセアセしている姿を想像して頂くと分かるだろう。。。



●エジプシャンバザール(スパイスバザール)

DSCF1405.jpg

その名の通りスパイスがいっぱい!お土産屋さんも沢山ある。

イスタンブールの食品お土産屋さんでよく見かけた、カラフルなきのこ型のチョコレート。

DSCF1401_20161125061425fb7.jpg


お土産屋さんに「何できのこの形なの?」と聞くと「分からない」と。
単純にかわいいからかなぁ?欲しかったけど意外と高い。


DSCF1402.jpg



DSCF1409_20161125062530e73.jpg



港ではおじさん達がずらっと並び釣りをしているんだけど、釣れているのはサバじゃなかった。イスタンブールのサバサンドのほとんどはノルウェー産らしいと友達がFBで綴っていた。

DSCF1415.jpg


橋の下はずらっとサバサンド屋さんが並んでいる。


DSCF1418.jpg



サバサンドくださいな~。

DSCF1419.jpg

サバサンド 8リラ(約280円)
あっ評判通り意外とイケる!結構油のってて美味しいやん♪



~トルコ最終日~

DSCF1435.jpg


猫さん達さようなら・・・( ;∀;)


DSCF1436.jpg



「行かないで~!」

DSCF1438.jpg

はわわわわあわ( ;∀;)

まぁ、爪とがれてるだけなんですけどね。痛い痛い。



イスタンブールはまだまだ見所はあるけれど、もぅやりきった感が出てしまったのでただ町をぶらぶらして夜行バスまでの時間を潰した。

昼ごはん。

DSCF1441.jpg

チーズパプリカ肉詰め美味しかったな~。



DSCF1444.jpg



大学前の広場。大学の門立派すぎ。

DSCF1449.jpg



残金6リラ(約210円)かぁ~・・・。
イスタンブールじゃカフェでお茶飲めるかどうか・・・。

DSCF1451.jpg



あぁ、クレジットカードって怖い!( ;∀;)

DSCF1453_201611250638550e0.jpg

甘いだろうな~と思いながらも注文してしまったチョコムース的なもの。
予想を裏切らない甘さだった。
コーヒーは普通に美味しかったので、結構ここのカフェおすすめ。WIFIあるし電源もあるからここでまったりしよ~と思ったら。

日本人女性二人組に遭遇!!
何を隠そう、トルコにいた3週間、日本人観光客には一人も会わなかった。
いるにはいるんだろうけど、まぁ私のタイミングが悪かったのか、これまで会った日本人は現地で働いているカッパドキアの旅行会社の人と、パムッカレのラム子の食堂の人だけだった。

しかし話を聞くと彼女達はトルコ旅行に来たわけではなくて、本来日本からイスタンブール経由でギリシャに行く予定がギリシャ行き飛行機がストライキを起こして立ち往生したため、仕方なく1日だけここに降り立ったのだと言う。。。
まぁ何にせよ久々に日本人旅行者に会えてすごく嬉しくて話しこんでしまった。思えば日本人以外でも宿でほとんど旅行者に会ってなかったなぁ~。



思いの外長くなってしまったトルコ旅行もこれで最後。
タイトルと記事が全然関係なくてごめんなさい。
これはですね、前回の記事で登場したコーヒー占いをやってくれたトルコ人の言葉です。
一緒にいた時、既に陽も沈んでいたのにカモメが沢山飛んでいたんですよね。私が何気なく「カモメ沢山いるねー」と言うと、彼が「イスタンブールのカモメは夜も飛ぶんだよ」と一言。
ん?カモメって普通夜は飛ばないの?と思ったけど、何となくその言葉の響きが印象的で。語呂がいいので「トルコ」に変えてトルコ記事の最後にこのタイトルをつけたいと思っていました。なので、事実かどうかは置いといて、ということで。

aDSCF1424.jpg

分類的にはイスタンブールから西がヨーロッパ。
しかし、私が想像する「ヨーロッパ」はまだまだ遠いようです・・・。
乞うご期待。

関連記事


旅女インスタグラム
ID:tabijo_shiho フォローありがとうございます♪

Instagram tabijo_shiho
https://instagram.com/tabijo_shiho/
リアルタイムの毎日更新が目標!ですが、あくまでブログをメインでやっていきたいので、
インスタでのコメントの返信はできないかもです。ごめんなさい;



旅女Facebookページ

旅女 Facebook
旅女Tabijo Facebook
ページTOPで「いいね!」をして頂けると、Facebook上でブログの更新通知が受け取れます。
※「いいね!」はいつでも取り消せます。私のブログは毎日書いたり1ヶ月あいたりとムラがあるので;その時に合わせて取り消したり、再登録したり、お好きなようにお使い下さいませ。



旅女YouTube

旅女Youtube
旅女Tabijo YouTube
旅中撮った動画をUPしています。







トルコ人にコーヒー占いをやってもらう。(イスタンブール)

Category: トルコ
トルコと関係ないインドの話を少し。
つい数日前に日本人男性旅行者に会ったのですが、何かの流れでインドの話になり、その人は「インドは嫌い」と。私はインドは好きだけど、インドを嫌う人の気持ちもまぁ多少分かるw でもなぜ嫌いなのかと聞くと「人がウザいし、コルカタで日本人に騙された」って・・・まぁそりゃあ嫌いにもなるだろうなぁ~(;´∀`)

「えっ!?日本人に騙されたの!?」と思う方も多いと思いますが、実際私は「インドで日本人に騙された(騙されかけた)人」に会うのはこの方で3人目です。

まぁ先の2人はどちらも数年前になるのですが。
どう騙されたかと言うと、1人目はバラナシで、路上で会った日本人バックパッカーが「バックパックを貴重品ごと盗まれたからお金を貸してほしい」というもの。その人はその場で現金を持っていなかったので、一旦宿に帰って後で落ち合う約束をしたのですが、その話を宿の人に話すと「それは有名な日本人詐欺師だよ!」と言われ難を逃れたらしい。(実際にはそのバックパッカーはインドに沈没していて、日本人相手にこうして小銭をたかっていたらしい)

もぅ1人は場所は忘れたけど、今回の人と同じ手口。
「電車のチケットを全部代わりに買ってあげるよ」と、代わりに買ってくれるのですが、多少の手数料ならまだしも何千円~何万円とプラスされた料金を払わされる。まぁ世界一周中とか長期バックパッカーならインドで先の先のことまでなんて考えられないので、これに騙されるのは期間の決まった短期~中期バックパッカーが多いのかも。
もちろんこの手口はインド人詐欺師もやってます。
私がこないだインドを旅行していた時も「デリーの旅行会社で列車のチケットをまとめて買った」という人に会いましたが、「絶対手数料ボラれてるだろな~」と思ったけど買った後だったし、知らない方が幸せだろうとあえて言いませんでした;

そういうわけで、インドではインド人だけでなく日本人にも気をつけて下さい笑。インドに限ったことではないと思いますが、特にインドではお金の匂いがしたら逃げるべし!電車のチケットも面倒だけど自分で買えば騙される心配もありません。

というか、本当海外で同じ日本人を騙すなんてどれだけ心根が腐っているんだろう。「そんなヤツ、名前と顔ネットで拡散しましょうよ!」と言ったけどその人はそこまでする気は無いようだった。まぁやられた本人がそれでいいならいいんだけど、次の被害者が出ないことを祈るのみ。

インドの記事で書いたと思うけど私の場合、「デリー・バラナシ・コルカタ」では路上で話しかけてくる人全員無視。インドの中でもこの3都市は本当に要注意だと思います。みなさまお気をつけを~。

と、ここまで書いたところでインドでの列車脱線事故のニュースが飛び込んできた。死者120人・・・悲しい。亡くなった方のご冥福をお祈りします。

と、ここまで書いたところで南米コロンビアで日本人男性バックパッカーが殺害されたというニュースが飛び込んできた。22歳で大学を休学して世界一周中に。強盗にあい、犯人を追いかけたところを銃で撃たれたらしい。彼のように休学して世界一周している大学生には今まで沢山会った。みんな若くてイキイキとしていてやる気に満ちあふれている。亡くなった方には会ったことはない人けれど、まだまだ未来あったその人のことを考えると、帰国を待っている家族や友達のことを考えると、本当にいたたまれない。。。
「強盗を追いかける」これはついやってしまいがちなことだと私は思う。特に男性バックパッカーは今まで経験ある人もいるんじゃないだろうか。
私は今まで一度だけ強盗にあったことがあるけれど、その時は相手が脅してきたのが銃ではなく「こぶし大の石」だったので冷静に内心勝てるんじゃないだろうか・・・などと考えてしまったけれど大したものも盗られなかったのでやめておいた。(武術の心得も無いクセになぜこう思ったのだろう)後で考えてもこれが正しい選択だったのだと思う。海外で強盗にあった場合は「絶対無抵抗」。改めて思い直した事件。あぁ、同じバックパッカーの人がこういう事件に巻き込まれて亡くなるなんて、本当に悲しい。ご冥福をお祈りします。




気を取り直して本題に。
ついにトルコの最終目的地「イスタンブール」に到着。
途中キプロスとロドス島に行ったこともあり、ジョージアを出てから3週間以上かかってしまった。誰ですか行く前に「トルコはさらっと抜ける」と言っていた人は。
比較的だらけずトントンと移動したはずなのになぜこんなに時間がかかってしまったのだろう。トルコは国が大きいからかなーと思ったら日本の2倍くらいだった。うーん、その程度なのか。。。

これでも行きたい所はだいぶ削った。治安の問題で南東部には行けなかったし、パムッカレの後はトルコビールの産地で遺跡もある「エフェス」にも行きたかったし、「ブルサ」でのセマーも見たかったのだけど、予想以上にトルコでお金を使っていたので先に進むことにしたのだ。

イスタンブールの町を歩くと、パムッカレという田舎から来たせいもあり都会感が半端無い。そして警察官いっぱいいるなぁ~!!
後から知ったけど、私が到着した前日にも実はテロがあったらしい(;´Д`) 宿の人は「小さいテロだから大丈夫」って・・・そういう問題じゃないと思う。何この「テロ慣れました感」。怖~;

ただやはりイスタンブール。
外国人観光客は少ないけど、トルコ人観光客は多いし、人も多い。
おートラムも走ってるー。

DSCF1298_2016112106233382f.jpg



こちらは「アヤ・ソフィア博物館」。

DSCF1125_20161121062336567.jpg

世界遺産にも登録されている教会。こちらは翌日に行くことにしてこの日は「トプカプ宮殿」を観光することに。



あっ!!

DSCF1379.jpg



DSCF1382_20161121062554167.jpg



はわわわわわ(*´Д`)

DSCF1373_2016112106233544f.jpg



よ~しよしよしよし

DSCF1385_20161121062554de9.jpg



かいぐりかいぐり

DSCF1388.jpg

デヘヘ。。。

さ、観光でもするか。



「トプカプ宮殿」
入場料:40リラ
※内部にある「ハマム」も見学する場合はプラス25リラ。というか、ハマムこそメインなので合計で65リラ。計2,275円・・・高すぎやろっ!日本でもこんな高い入場料取る所無いんじゃ?改装?されたりでチケット売り場の掲示板で現在見学できない場所も確認でき、見たかった「宝物庫」は現在クローズ中だった。残念。


15世紀中頃から19世紀中頃までオスマン帝国の君主が居住した宮殿。

DSCF1126.jpg



中は庭園になっていて、その周りに囲むように建物がある。メインのハマムは入ってすぐ見える時計塔の隣りにあったのだけど、入った時に気付かず奥へ進んだ。

DSCF1220_2016112301035683f.jpg


中も外も、タイルの装飾が私のイメージする「THE・イスタンブール!」で美しくそしてかわいい。


DSCF1141.jpg



DSCF1150.jpg



DSCF1146.jpg



古い造りの建物も。

DSCF1219.jpg



ハレム入口。

DSCF1174.jpg

ハレムにはかつてスルタン(皇帝)を囲む女性達が住んでいた。
スルタン好みの女性を買ってきたりもしていたらしいけど、イスラム教の掟によりスルタンが女性達と顔を合わすことはほとんどなかった・・・って何のために女性集めてんの!?よく分からん。


壁一面タイル貼りの部屋も沢山あるけど、モスクのような絵があるのがちょっと珍しい。写真は今イチだけど、どの部屋も色合いがすごくきれい。

DSCF1185.jpg



DSCF1188_201611230113327fd.jpg



↓この部屋、上の部分が景色も柱も全部絵なのがトリックアートみたいで面白い。

DSCF1197_20161123012920134.jpg



スルタンの私室。
 DSCF1201.jpg

壁一面余すこと無い装飾。
正に「豪華絢爛」。


 DSCF1155.jpg



ステンドグラスから差し込む色とりどりの光。

DSCF1216_20161123012559c9f.jpg

こんなところでまったりチャイなんか飲んでみたいなぁー。


妄想はおいといて、現実はこんなもん。
焼き栗~♪

DSCF1228_201611230126021fb.jpg

100g、5リラ(約175円)て。
ケバブより高いやん。
まぁ、買うけど・・・。

DSCF1229_201611230126033a7.jpg

トルコ以降、季節のせいもあってどこに行ってもこういう路上焼き栗屋さんがあった。日本のお祭りの出店のようにガラガラ回してまんべんなく焼く機械は無いので、おじさんが両面ひっくり返しながら焼いている。ので、片面コゲていたりまぁまぁ焼きムラはあるけど味は、、、普通。日本で売ってるものほど甘くないし、小さい。けど久々の栗で「秋!」って感じでいいじゃあないの。


にゃーす。

DSCF1227_20161123012604033.jpg

イスタンブールの猫さんは懐っこくて、しゃがむとすぐ寄ってくるのでうまく写真が撮れない。しゃがんだ私の周りを体をすり寄せながらぐるぐる回る。



イチゴタルト美味しそう~!と思ったら下のスイーツのカラフルなこと!(;´∀`)

DSCF1124_20161123012558f08.jpg



観光前にアヤソフィア前のインフォメーションセンターで地図を貰ってスタッフのお姉さんに少し質問すると、「え!?日本人ですか!?」と日本語で聞かれた。
このお姉さん、日本語ペラペラ。「日本人観光客少ないから、日本語話すの久しぶりで嬉しい!5時に仕事が終わるから、一緒にトルキッシュコーヒーでもどうですか?」とナンパされる。まぁ、インフォのスタッフなら変なことにはならんだろうと、5時に再会し、彼女曰く「ここのトルキッシュコーヒーが一番」なカフェへ。
途中同じ日本語学校に通っていたというまた日本語が話せるトルコ人女性が加わり、更に道でばったり会ったこれまた同級生の日本語ぺらぺらトルコ人男性が加わり、計4人でカフェになだれ込む。

いろいろ話している内に、私が今までいろんな国へ行ったことを知ったトルコ人男性が、「女性1人で何か危なかったこととか無いのかい?」と聞くので、「まぁインドとかイランとかは痴漢が多いからねー」と答え、ふと気付く。

私「あっ!そういや数年前、トルコを一人旅した女性はみんな痴漢にあったって言ってたけど、私全然無かったなぁ~笑!」

男性「それはね・・・トルコは今自分達のことで大変だからそんな気力無いんだよ」

なるほど・・・w というか、気力あれば痴漢するんかーい。でも痴漢にあわなかった私を気遣って言ってくれたのかもしれない(;´∀`) 



コーヒーを飲んでいる内にコーヒー占いの話になり、彼が出来ると言うのでやってもらった。(というか、「出来る」人と「出来ない」人がいるんや。)

DSCF1230.jpg

トルココーヒーはコーヒー豆をフィルターで濾さずにそのままカップに入れ、粉が沈殿するのを待ってから上澄みだけ飲む。コーヒーを飲んだ後、底にコーヒー粉が残っているのでそれで占うのだ。(トルコだけじゃなく、沈殿式コーヒーが主流の国はどこでもこの占いがある。)


飲み終わったコーヒーカップをソーサーに裏返して置き、カップが冷めるまで待つ。

DSCF1231.jpg



で、このカップとソーサーに残ったコーヒー粉が示すもので占うらしい。

DSCF1232_20161123014034bf6.jpg


私「どう?何か分かるの?」

男「そうだな、君は 山が好きだ。」

私「ま、まぁ好きか嫌いかで言えば好きかなぁ・・・」

「最近ショックな出来事があった」

私「あぁ、あっ・・・た?かも("最近"てどこからどこまでが最近なんだろう)」

男「あと、、、君は 仏教徒だ。」

私「え、うん。(日本人の8割が仏教徒だからね;)」

男「あと、、、君は 悲しい時泣く。」

私「うん・・・(悲しい時は誰でも泣くんじゃ?)」



・・・とまぁ何とも「ぼや~~~っ」とした結果で終了。
あと「今日か明日、運命の男性に出会う。もう会ってるかも」なんてほざいていたのは聞き流すことにしよう。

地元なのにいろんな所で写真を撮りまくるテジュン。

DSCF1233_2016112301403690f.jpg



何かここだけ違う雰囲気の通り。

DSCF1236_201611230140374b1.jpg



その後みんなでその男性がやってるお土産屋さんの屋上でチャイを飲む。
眺めがいいと言っていたけど、う~ん、惜しい!

DSCF1238_20161123021159678.jpg



お土産屋さんを経営する彼が「ペルシャ絨毯を買わないか?」と持ちかけてきたので「こ、これが目的か!?」と思ったけど、しつこくなかったので違ったらしい。
というか、私が出されたクッキーをむさぼり食べていて「朝から焼き栗しか食べていない」と言うとあわれむような顔で「本当にお金が無いんだね・・・」と言われた;「違う!タイミングを失っただけ!」と弁解するも聞いてない~。

一番右の人はまた途中で増えた男性。

DSCF1240_20161123021200c30.jpg

彼らはみんな観光業関係の仕事で、そのために日本語も勉強したのだけど、日本人が少なくなった今、中国語と韓国語を勉強しているらしい。みんな私よりも年上だけど、何かを始めるのに年齢なんか関係ないな、と少し勇気づけられた。



みんなと別れた後、夜ご飯はテジュンがおすすめしてくれたインフォメーション前のロカンタへ。

DSCF1243.jpg



ここのメニューは「キョフテのみ」という一本勝負な店。

DSCF1241.jpg

キョフテとは、挽肉を焼いたトルコ版ハンバーグのようなもの。
結構味は濃い目で、パンに挟んで食べる。ちょっと高めだけど、おすすめするだけあってジューシーで美味しかった。またこのチリトマトソース?が合うんだよなぁー。

トルコ編、あと少し!がんばれ私!←これ昔どっかでも書いたな・・・デジャヴ?w



パムッカレからイスタンブールへの行き方


①パムッカレ~デニズリバスターミナル
バス 約15分 3.5リラ

②デニズリ 22:00発~イスタンブール 9:15着
バス(メトロ社)約11時間15分 70リラ
※USBポートでの充電可能、コンセント無し。市内渋滞。

③エセンレルバスターミナル~旧市街
メトロで「アクサライ(Aksaray)」下車。歩いて5分、トラム「ユスフパシャ(Yusut Pasa)」駅から乗車し、宿近くの駅で降りればOK。
※他にも船やセルヴィスなど色々方法はある。



イスタンブールの安宿


「Vizyon City Hotel」

DSCF1122.jpg

男女別ドミトリー:17リラ(Booking.comで予約)
WIFI:あり(部屋可)
設備:ベッド狭い。ドミ部屋は地下なので暗く、あまり掃除されていない。セキュリティーBOXは廊下にある。レセプション前にコーヒーメーカーがあるけどドミの人は有料と言われた。が、結局タダでくれた。冗談なのか本気なのかなぞ。
その他:ベッドメイキングがあるが、それよりも部屋や水回りを掃除してほしい。近くにスーパーもあり、観光地にも近いので立地はいい。
行き方:トラム駅「チェンベルリタシュ(Cemberlitas)」から徒歩5分。

関連記事


旅女インスタグラム
ID:tabijo_shiho フォローありがとうございます♪

Instagram tabijo_shiho
https://instagram.com/tabijo_shiho/
リアルタイムの毎日更新が目標!ですが、あくまでブログをメインでやっていきたいので、
インスタでのコメントの返信はできないかもです。ごめんなさい;



旅女Facebookページ

旅女 Facebook
旅女Tabijo Facebook
ページTOPで「いいね!」をして頂けると、Facebook上でブログの更新通知が受け取れます。
※「いいね!」はいつでも取り消せます。私のブログは毎日書いたり1ヶ月あいたりとムラがあるので;その時に合わせて取り消したり、再登録したり、お好きなようにお使い下さいませ。



旅女YouTube

旅女Youtube
旅女Tabijo YouTube
旅中撮った動画をUPしています。







ローマ遺跡が沈む温泉とラム子の食堂(パムッカレ)

Category: トルコ
トルコ編もあと数記事かなー。
その前にトルコの治安情報を少し。

現在私はトルコを出てバルカン半島をうろちょろしているのですが、11月4日に外務省から以下のメールを受け取りました。

~11月3日、イスラム過激派組織ISILの指導者のものとされる音声メッセージが公開され、その中でISIL戦闘員やその同調者に対して、トルコ及びサウジアラビアにおけるテロを呼びかけました。

うぅ・・・トルコの地図がどんどん黄色くなっていく・・・。
外務省海外安全HPでは、危険地帯は地図に色がついていきます。)
それでも行きたいという方(いれば)、どうぞお気をつけを。たびレジの登録を強くおすすめします!こちらの記事も合わせてお読み下さい。→トルコの今~テロと治安~

もし私が今からトルコに入国するなら、絶対イスタンブールとアンカラは避けますね・・・。ヨーロッパ辺りから空路で南キプロスに入り、そこからトルコに入国、カッパドキア・パムッカレ辺りを見てギリシャの島に抜ける、というルートなら比較的安全でしょうか。(注意:キプロスは南→北→第3国は可能だけど、北→南→第3国は禁止されている(いた?)。が、第3国の出国航空券もあれば可能だったというブログも読んだ。)



それでは本題へ。
イスタンブール観光ハイライトの1つ「パムカッレ」という町(村?)へ。

バスの乗り換え地点「デニズリ」というところで宿の客引きにあう。私はトルコでは宿は予約せずに飛び込みで行っている。観光客の少ない今の時期、飛び込みで交渉した方が安くなる場合が多い。

一応目星をつけた安宿はあったけど、とりあえず客引きに「見てから決める」と言い、見てから決めた結果。

DSCF1016.jpg

まさかのプール付き。まぁプールに入りたいほどの暑さではないけど。
ドミトリー朝食付で30リラと言うのを、他の宿が24リラ(840円)だからそっちに行くと言ったらアッサリ下がった。しかもドミと言われたけど当然のように他の宿泊客はいないので、普通にシングルルーム(シャワー付き)として使えてかなり得した気分。



更にその客引きがこの日私が行こうとしていた「カラハユット村」まで車で乗せて行ってくれた。

ここには「レッドスプリングス」と呼ばれる温泉がある。

PA042588.jpg


温泉は翌日別の場所で行く予定だったので、外にある無料の足湯だけつかる。


PA042567.jpg

そんなに熱くないので、冬場はぬるいと感じるかも。

ただ、源泉は「熱湯」と言えるくらい熱い。

PA042578.jpg

そして飲める。
トルコ人もその場でごくごく飲んだり、ペットボトルに入れて持って帰ったり。どういう効能があるのか分からないけど「体にいい」らしい。

みんなおしゃべりなんかしながらまったりつかっていて、のどかでいいな~と思った。

PA042583.jpg



上から見たところ。

PA042590.jpg

左の青いきれいな温泉は石灰でできた「石灰棚」。翌日はこの親玉みたいなところへ行くのです!
(※ちなみにこの客引きは途中でしれっと手を繋ごうとしてきた。そうだ、痴漢にあわないから忘れてたけどここはイスラム圏。気をつけなければ!)



そして翌日、メインイベント「石灰棚とヒエラポリス」へ。
入場料:35リラ

DSCF1027.jpg


正面に見えるのが石灰で出来た丘なんだけど、その規模は半端無く大きい!丘まるまる全部真っ白!


PA052601.jpg


ゲレンデみたい・・・。
保護のために途中から靴を脱いで裸足で歩かないといけないんだけど、やっぱり雪とは違ってゴツゴツでカッチカチに固い。転んだら痛そう。そして冷たい!温泉が湧いているので、ところどころ張っている水はほんのり温かい。


DSCF1029.jpg



PA052600.jpg



PA052612.jpg

丘陵地帯の石灰棚が弱酸性の雨によって溶け、地熱によって温泉となり沈殿した石灰が固まり、このような光景が出来たそう。

しかし・・・。

DSCF1032_20161119062812644.jpg

ウワサには聞いていた通り水が枯れている・・・(;´Д`)
観光客の増加と、ホテルの建設ラッシュでそっちに温泉の水をひいてしまったため、水が枯れてしまったらしい。後で聞くと、今は水を流す量や、流す場所をコントロールして維持しているとのこと。

↓しっかり水があったのはこの部分だけだった。

PA052620.jpg



石灰棚の丘を越えると、そこには古代ローマ遺跡が出現する。

PA052677.jpg

この石灰棚と遺跡がある一帯は「ヒエラポリス-パムッカレ」として1つの世界遺産に登録されている。世界遺産は遺跡や建造物などの場合「文化遺産」、自然的価値のある場合「自然遺産」、そしてその両面の価値を持つ場合は「複合遺産」として登録される。
現在1052件ある世界遺産のうち、複合遺産は35件。トルコではカッパドキアとここヒエラポリス-パムッカレが複合遺産として登録されている。他に有名なのはオーストラリアのエアーズロックやペルーのマチュピチュ、ギリシャのメテオラ等。残念ながら日本ではまだ無い。(ちなみに富士山は文化遺産での登録。)

ここにはかつてローマ帝国の温泉保養地として栄えた「ヒエラポリス」という都市があった。

↓町の目抜き通りに建設された門。

PA052687.jpg



↓ネクロポリス(墓地)

DSCF1048.jpg

ここは辺り一面に棺があった。墓地の様式も様々で長い間利用されていたらしい。



↓アポロ神殿跡

PA052670.jpg



↓円形劇場

PA052636.jpg


紀元前2世紀に造られたローマ劇場。
規模の大きさに思わずおぉ~と言ってしまう。石灰棚は水が無かったけど遺跡もいいじゃあないの。


PA052637.jpg



PA052651.jpg



そしてここには「底に遺跡が沈んでいる温泉プール」があるのだ!
入口になぜかにわとり?

PA052707.jpg



おぉ~!!

PA052694.jpg



PA052700.jpg

外から見るぶんには無料。
中に入るのは32リラ。約1120円。高っ!
日本の温泉より高いっ!Σ(゚д゚;)
写真は外からでも撮れるしどうしようかな~・・・としばらく悩んだけど。


入った♪

DSCF1053_20161119070739afd.jpg



防水カメラが役に立つ時がー。温泉の底に沈む遺跡。

DSCF1091.jpg



DSCF1070.jpg



DSCF1078.jpg



DSCF1073.jpg

遺跡に座って温泉につかるなんて初めてなので何か面白かった。
温度はぬるめで「温水プール」という感じ。浮いているコケは見ないフリをしましょう。



朝は全然人がいなかった石灰棚は、帰り(昼過ぎ)には観光客でいっぱい!

DSCF1092_201611190724407da.jpg



狭い水路の水をせき止めて楽しんでいるトルコ人・・・。いいね、楽しそうでw

DSCF1101.jpg



DSCF1104.jpg



食事はもちろん「ラム子の食堂(ロカンタ)」!

DSCF1114.jpg


トルコ人とご結婚された日本人女性のラム子さん(仮)が日本食を振舞っている、日本食レストランなのです!!
※「ラム子」というのは昔飼っていた羊の名前だそう。食堂をブログに書くことは了承を得てますが、本名は許可を取っていないので以下「ラム子さん」と書かせて頂きます。


DSCF1113.jpg



DSCF1111.jpg

観光地のパムッカレはレストランも結構高く、ここの日本食とそれほど値段も変わらないので、「同じ値段なら日本食でしょう」と思う私はいつの間にか日本を出て1年が経っていた。

悩みに悩んで注文したのは親子丼。15リラ(525円)。
そしてラム子さんがサービスで出してくれたのが、、、「麦茶」。

こ、これはヤバい。
「日本食」を食べられる場所はあっても、「麦茶」はまず無い。
知っていますか、「お茶」の力の凄さを。
しかもね、「緑茶」って海外ではティーバッグなんかで売っていて意外と飲めるんですよ。(美味しくないけど)けどね、「ほうじ茶」と「麦茶」はなかなか無い。(日本に近いアジア圏ではあったかな。)
以前、紅茶の産地スリランカ・ヌワラエリヤで伊藤園の粉末ほうじ茶を飲んで「結局日本人は紅茶よりほうじ茶だ」ということを実感してしまった私。(記事)

目の前に置かれたグラスに波々と入った麦茶を見る。

グラスに鼻を近づけ、ワインでそうするかのようににおいをかぐ。

あぁ・・・麦茶である!!!

ひとくち、ゆっくりと、口に含む。

あぁ・・・麦茶である!!!

めりめりと体で、血で、麦茶を吸収しているのが分かる。
そりゃあ30ウン年飲んでるんだから、体や血の中に日本のお茶の成分も染みこんでるんだろうなぁ・・・。

そして親子どーーーんっヽ(*´∀`*)ノ

PA052732.jpg

あぁ・・・

これは完全に・・・親子丼である!!!

あぁ・・・おいしい。
私の体の一部は親子丼で作られているのかもしれない。
しかも七味まであるよ・・・。
七味もね、海外であるのは日本食レストランくらい。チリパウダーとかはあるけど、やっぱ七つの味のやつは無いし、全然違うんですよね。七味考えた人ってすごい。

トルコの宿はキッチンが無い場所がほとんどなので、自炊も出来ない。上に、米が食べられるロカンタ(食堂)は、おかず数品を注文するとケバブの倍くらいの値段になるのでそう毎日も食べられない。あぁ、やっぱり日本人は米なんだよなぁ~。



世界遺産だけじゃなく、パムッカレの村自体ものどかで結構好き。
観光地だけどすごく田舎だからか、子供達がハロ~ハロ~と声をかけてくれる。

ざくろが旬で路上や、一般家庭の庭でも赤い実がたくさんなっていた。

DSCF1115.jpg


DSCF1119.jpg



レストラン近くの噴水ではカモやアヒルだかガチョウだか何かいっぱい泳いでいる。

DSCF1018.jpg



夜、宿の人が「バイクですぐだから夜景の写真撮りに行く?」と連れていってくれた。

DSCF1022.jpg


う~ん、今のカメラじゃゲレンデのナイターにしか見えん;


DSCF1021_20161119073111c92.jpg



翌日、次の町へ移動するバスは夜行だったので、またラム子のロカンタでご飯食べてから行こ~と、行く前に何気なくネットで「ラム子のロカンタ」を検索するとラム子さんのブログを発見。しかし、そこには数週間前にご主人が亡くなったとの報告が書かれていた。
ものすごく胸が締め付けられた。私の場合は身内では無いけれど、多分ラム子さんの100分の1くらいは気持ちは分かる。しかも、海外でって、、、。昨日のラム子さんはそんな素振りも見せず至って普通に見えた。

何か私にできることはないかと思ったけど、それは単純に食堂に行ってご飯を食べることだと思った。

DSCF1121_2016111907551386e.jpg

ラム子さんは今日も麦茶をつけてくれた。

「ご飯が足りなかったり、味が薄かったりしたら言って下さいね」

ホスピタリティーあふれる言葉。

ご飯はもちろん美味しかった。
何か声をかけたいけど、知らないふりをした方がいいかもしれない、でも海外で周りにトルコ人しかいない今、少なからず心細さは感じてるんじゃ・・・しかし何と声をかけたらいいのか分からず、そうこう迷っている内にお客さんがどんどん増えてしまった。
時間はあるのでココアを注文し、店にあった「スケバン刑事」1巻を読む。ドラマのイメージしかないけど、漫画はこんな感じだったのか。続きが気になる。

帰ろうとする頃には店内も落ち着いていたので会計を済ませ、「ブログ見ました。大変だと思いますが、体に気をつけて下さい」と、結局そんなありきたりな言葉を言うので精一杯だった。そう言うだけでも涙が出そうだった。

ラム子さんは「ありがとうございます」と微笑んだような、悲しそうな顔をした。
日本人観光客が減っているしお店は今後どうするんだろうと思って聞いてみると、観光客は減ったと言えどお客さんは毎日来るし、ワンコさんもいるし、暫くはこのまま続けるとのこと。確かに私が食べに行った時も日本人はいなくても、韓国人や欧米人のお客さんがちゃんといたので少し安心した。海外で美味しい日本食が食べられる場所というのは少ないので、出来れば続けてほしいなぁ・・・と思う。

帰り際、「あっこんなのしかないけど!」とミネラルウォーターを1本手渡してくれた。いやいや、貴重な麦茶も頂いている上にありがたい。

何とか早く、トルコ情勢が落ち着いて、観光客が戻って欲しいなぁと心の底から思った。

※ラム子の食堂の場所は中心部からすぐ。パムッカレ社(バス会社)の隣り。小さな村なので誰かに聞くとすぐ分かります。

次回はいよいよトルコ最終目的地、イスタンブール。



マルマリスからパムッカレへの行き方


①マルマリス 9:30発~デニズリ 13:00着
バス(パムッカレ社) 3時間半 40リラ
※メトロ社の方が30リラと安かったけれど、朝の便が満席だったので。ただパムッカレ社はバスもきれいで、電源、WIFIも使えた。

②デニズリ 13:15発~パムッカレ 13:35着
バス 約20分 3.5リラ
※乗り場はエスカレーターを降りて地下(?)に行ったところ。パムッカレには中心部のメトロ社オフィス近くに着いた。




パムッカレの安宿


「HOTEL DORT MEVISIM(ドルト メヴシム)」

DSCF1118.jpg

 DSCF1015.jpg

ドミトリー?:朝食付24リラ(←30リラから交渉)
WIFI:あり(部屋可)
設備:ホットシャワー、ファン、レストラン、プール
行き方:バス停から徒歩10分。
その他:Booking.comで予約可能。2つ星ホテル。奥さんにはまぁまぁ英語が通じる。周辺は何もない。
宿泊日:2016.10.4~2泊

関連記事


旅女インスタグラム
ID:tabijo_shiho フォローありがとうございます♪

Instagram tabijo_shiho
https://instagram.com/tabijo_shiho/
リアルタイムの毎日更新が目標!ですが、あくまでブログをメインでやっていきたいので、
インスタでのコメントの返信はできないかもです。ごめんなさい;



旅女Facebookページ

旅女 Facebook
旅女Tabijo Facebook
ページTOPで「いいね!」をして頂けると、Facebook上でブログの更新通知が受け取れます。
※「いいね!」はいつでも取り消せます。私のブログは毎日書いたり1ヶ月あいたりとムラがあるので;その時に合わせて取り消したり、再登録したり、お好きなようにお使い下さいませ。



旅女YouTube

旅女Youtube
旅女Tabijo YouTube
旅中撮った動画をUPしています。







いっそのことチケットが売り切れていれば良かったのに。(ロドス島)

Category: ギリシャ
私が買ったロドス島~トルコのフェリーチケットはオープンチケット。(←帰りの日程を自分で決めれる)
もっと他の場所にも行きたかったけど、何せ宿代も食費もヨーロッパ物価なので泣く泣くトルコに戻ることにする。(スーパーは安かったけど。)

帰る予定の前日(日曜日)にチケットを予約しようと港にあるチケットオフィスに行くと何と定休日。よって当日購入するしかなくなり、満席だったらもう1泊かぁ~仕方無いな~♪などと思っていたけどちゃんと当日でも買えてしまった。(夕方の便)
いっそ売り切れていれば自分の中で滞在する言い訳がたったんだけどなぁ~。

港近くに、こんな大きなビルあったかな・・・

DSCF0942.jpg


・・・と思っていたら船(豪華客船)だった。


PA032526.jpg

↑手前の小さい船がトルコ行きの船。
デカすぎやろ。。。



旧市街にあるタツノオトシゴのモニュメント。

PA032503.jpg

なぜタツノオトシゴ。



お行儀のいい手袋猫さん。

PA032514.jpg



噴水のある広場。

PA032518.jpg

さすがヨーロッパ。
物乞いの子供がアコーディオンを演奏している・・・。
でもなぜかみんなアコーディオン。ヨーロッパでは安い楽器なのかなぁ?演奏はうまくはないけど、街の雰囲気に合う。



PA032521.jpg



なぜ突然恐竜。

DSCF0956.jpg



お土産屋さんには騎士団フィギアが沢山並ぶ。

DSCF0898.jpg

一瞬シルバーチャリオッツみたい!と思ったけどよく見ると筋肉ムキムキで全然違った・・・。

甲冑は売っているんだろうか?

DSCF0899.jpg



む、むきむき・・・;

DSCF0897.jpg



しっぽを丁寧に毛づくろいする猫さん。

DSCF0955.jpg



DSCF0967.jpg



DSCF0968.jpg

この辺りをうろうろしていると、地元のおばちゃんとすれ違ったんだけど、思わず二度見。つい追いかけて「写真撮らせて!」とお願いした。

DSCF0971.jpg

肩にオウム?何かでっかい鳥を乗せて普通に歩いていた。。。
鳥の散歩中?シュールやな。。。



DSCF0974_20161117185154e80.jpg



またかわいいレトロポスト発見。下の筒は新聞入れだろうなー。

DSCF0972.jpg



DSCF0985.jpg

この猫さんも懐っこかった~。
この町の猫さんは懐っこいコが多い。住民に愛されてるのね~。



旧市街の外も散策。

DSCF0990.jpg



海沿いにもお土産屋さんが沢山並んでいる。ただ海沿いのお土産屋は城壁内よりも値段高めの場合も多いので買う場合は注意。
天然海綿のスポンジがいろんなところで売っている。

DSCF0991.jpg

乾かすとカチカチに固いけど、水に濡らすとすごく柔らかくなる。肌が弱い人にもいいとかで欲しかったけど、持って帰るにはすごくかさばるので却下。



PA032538.jpg



PA032544.jpg



ロドス島のシンボルともなっている「一対の鹿の像」。

PA032545.jpg


こここそ前回の記事で書いた世界7不思議の1つ「ロドス島の巨像」があったと言われる場所。


PA032555.jpg


港をまたぐようにして建設され、その下を船が行き来していたとか。


Colossus_of_Rhodes.jpg
16世紀の画家による想像図(Wikiより)

「現在の研究では港口をまたぐ姿勢は全長が大きくなりすぎ、耐久性も弱くなるため不可能だと考えられている」らしいけど、そんな夢の無いことどうでもいいじゃあないの!



港から更に歩いたところにあるきれいなビーチ。どこへ行っても海が青い。

PA032560.jpg



PA032563.jpg


「ディアゴラス像」


DSCF1002_20161118071656a5e.jpg

ロドス島の空港の名前にもなっている「ディアゴラス」さんと、その息子達。ディアゴラスさんは古代オリンピックで活躍した格闘選手で、ロドス島の英雄らしい。

あっ!そういやロドス島で買った切手、ディアゴラスさんだったのかな?と思ったけど名前が違いそう。旧ソ連圏でよく使われるキリル文字に似てるけど、ギリシャは「ギリシャ文字」らしい。

DSCF0994.jpg



今日の昼ごはん。

DSCF1003_20161118071657f29.jpg

ピタ 2ユーロ
名前が違うだけでケバブw トルコもロドス島も安いのは結局ケバブ。トルコと違うのはフライドポテトが入ってることかなぁー。美味しいけどもぅケバブ飽き飽き。(しかしこの先のヨーロッパで「安い食事=ファーストフード」しかないことをこの時の私はまだ知らない)


ロドスビール。デザインがかっこいい!スッキリドライ系。

DSCF0981.jpg



UPし忘れた夜景の写真。噴水広場。

DSCF0920.jpg



DSCF0916.jpg



DSCF0918.jpg



騎士団通りは人がほとんど歩いていなくてちょっと怖かった。
 DSCF0928.jpg

ちょっとハリポタの世界っぽいな~。



さて、名残惜しいけど夕方のフェリーでトルコへ向かう。

帰りのチケット。

DSCF1009.jpg



イミグレを通過し、人の流れに付いていってフェリーに乗り込もうとすると、入口でウェルカムドリンクのようなものを振る舞われていた。
ん?あれ?
黒いスラックスにピシッとしたシャツを着たボーイのような男性が私のチケットをちらりと見るなり、丁寧な英語で一言。

「お客様が乗るのはこのフェリーでは無いようです。」

DSCF1012.jpg

うん。
そりゃそうだっ!!!
恥ずかし~!!!:(;゙゚'ω゚'):

私が乗るフェリーはこの前にある「コレ」↓ですもの!

PA032499.jpg

危うく豪華客船に乗り込むところだった。
まぁ乗船客はチケットではないカードのようなものを提示していたから、うっかり乗ってしまうなんてことはないだろうけど。

無事トルコに着き、この日はマルマリスの同じ宿で1泊。

ロドス島、懐っこい猫さんも多いし他にも見たい場所もあってもぅ少しいたかったな~。しかし次来る時はもぅちょっといいホテルに泊まりたい。誰かと!w

本当はここからサントリーニ島やハルキ島なんか島巡りをしてトルコに戻ってもいいかなーとも思ったのだけど、往復チケットを買ってしまっていたのでとりあえず戻ることに。結果的にロドス島で満足したのでサントリーニ島は行かなかったんですけどね(´∀`;)

関連記事


旅女インスタグラム
ID:tabijo_shiho フォローありがとうございます♪

Instagram tabijo_shiho
https://instagram.com/tabijo_shiho/
リアルタイムの毎日更新が目標!ですが、あくまでブログをメインでやっていきたいので、
インスタでのコメントの返信はできないかもです。ごめんなさい;



旅女Facebookページ

旅女 Facebook
旅女Tabijo Facebook
ページTOPで「いいね!」をして頂けると、Facebook上でブログの更新通知が受け取れます。
※「いいね!」はいつでも取り消せます。私のブログは毎日書いたり1ヶ月あいたりとムラがあるので;その時に合わせて取り消したり、再登録したり、お好きなようにお使い下さいませ。



旅女YouTube

旅女Youtube
旅女Tabijo YouTube
旅中撮った動画をUPしています。