旅女 Tabijo~義眼のバックパッカー編~のメイン画像

7・予防接種

Category: 世界一周準備【目次】
渡航日22日前

ワーホリのみだと必要ないですが、世界一周でアフリカ、南米に行くなら、やっといた方がいいらしい。

ワクチンによって、1週間空けてもう1回打つとかもあるので、日本でやるなら、最低出国2ヶ月前には開始するべきですが、

海外で打つ場合は、日本より安く、場所によっては無料のところもあるので、そんなに焦らなくてもいいと思います。



予防接種は行く国、滞在期間等によって違います。

今回私の場合、

・約1年くらい世界一周
・オーストラリアに最低3ヶ月は滞在
・おそらくアジア(インド周辺)でも最低1ヶ月滞在


を見越すと、検疫所に「打っておいた方がいい」のは、

破傷風・A型肝炎・B型肝炎・狂犬病・日本脳炎・ポリオ・黄熱・麻疹・ジフテリア、などと言われました。

(★追記★実際にはオセアニア・アジア圏だけなら、予防接種は必要ないと私は思います)

この中でも、破傷風・日本脳炎・ポリオ・麻疹・ジフテリアは子供の頃に打っている可能性が高いのですが、抗体が残っているか、一度血液検査をした方がいいらしいです。(検査結果が出るまで何日か必要)
近くの検疫所に電話して、どの国に、何ヶ月くらい滞在するのか伝えると、どんなワクチンが必要か教えてくれます。
また、このサイト→ FORTH でも調べることが出来ます。
海外各地で現在流行っている病気や、全国の検疫所も調べられます。


予防接種の中でも、
「黄熱病」は、
南米・アフリカ周辺では、結構流行っているらしく、
この接種証明書(イエローカード)が無いと、入国出来ない国があるようです。
詳しくはこちら


その他、「狂犬病」も、それにかかっている犬に噛まれると、かなりの致死率らしいので、打っておいた方がいいワクチンの1つです。



予防接種・まとめ

1・必要な予防接種の種類を調べる
検疫所・FORTHにて。

2・接種日の予約、計画
・接種場所:病院(要問合せ)、トラベルクリニック、検疫所
・価格:これらのワクチンは保険がきかないので、高級です。
1種類¥3,000~¥10,000前後します。但し、価格が決まっていないので、病院によって値段が違います。入手の困難さにもよって変動するようです。検疫所は高い!;

注意
種類によって違いますが・・・
・週を空けて2回、3回受けないといけないものがあります。
・接種出来る曜日等が決まっている場合が多いので、基本的に予約します。
・何種も受ける場合は、医師と相談して、スケジュールを組まなければなりません。
黄熱病を受けれる所は限られているので、早めの下調べをお勧めします。

私は田舎住まいのため、黄熱病を受けれる所が隣の県、しかも月1回!!という事実が判明し、危うく受けられなくなるところでした…;  → ワクチン奮闘記

結局、私が打ったのは「黄熱病」だけです笑。
関連記事


旅女インスタグラム
ID:tabijo_shiho フォローありがとうございます♪

Instagram tabijo_shiho
https://instagram.com/tabijo_shiho/
リアルタイムの毎日更新が目標!ですが、あくまでブログをメインでやっていきたいので、
インスタでのコメントの返信はできないかもです。ごめんなさい;



旅女Facebookページ

旅女 Facebook
旅女Tabijo Facebook
ページTOPで「いいね!」をして頂けると、Facebook上でブログの更新通知が受け取れます。
※「いいね!」はいつでも取り消せます。私のブログは毎日書いたり1ヶ月あいたりとムラがあるので;その時に合わせて取り消したり、再登録したり、お好きなようにお使い下さいませ。



旅女YouTube

旅女Youtube
旅女Tabijo YouTube
旅中撮った動画をUPしています。







コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する