旅女 Tabijo~義眼のバックパッカー編~のメイン画像

しほ、B級祭りに行く。(ミャンマー・タウンビョン)

Category: ミャンマー
タウンビョン村に行くため、とりあえず宿をチェックアウト。
マンダレーの宿、1泊$12は高い・・・。
MAXでも$10と考えてる私は、他も調べたけど結局$12が最安だった。

昼ご飯を食べて、道に迷いながらラインカー(乗り合いバス)停留所に着く。

市内を抜けてどんどん田舎っぽくなってくる。

と、突然道路脇に、銀色のお釜のようなものを持った子供や女性がずらっと出現した。
一見、僧侶の托鉢みたい。

子供達はその銀色のお釜を上下にシャンシャン鳴らしながら(多分中に石か何か入っている)、車に向かって何か叫んでいる。

そこへ、車に乗ってた現地人が、お金をぽい~っとほおり投げる。

それに群がる子供達。

・・・な、何???

タウンビョン祭りって一体どういう祭り!?

何かちょっと俗っぽいんですけど。。。(・∀・;)


私が事前にこの祭りを調べた情報によると、

・「ナッ神」信仰、所謂「ナッ神教」のお祭り
・オカマが多い。(この宗教の男性はオカマさんが多いから、と現地人が言ってたけど定かではない。)


ということだったんだけど、祭りについての情報はほぼ皆無だった。
一応ツアーとかもあるみたいだけど。


祭り会場に行くまでの道がずっとこんな感じで、ところどころで爆音で音楽がかかっていて、現地人が踊ったりしている。

うん、うん、こういうのはお祭りっぽくていい。


そうこうしている内に車が増え、一気に大渋滞。

こんな周りに田んぼしかない田舎の1本道がこんなに混雑するなんて・・・;

結局「渋滞無しなら1時間弱」と言ってたところが、2時間経っても着かず、途中で現地人と一緒にバスを降り、会場まで歩くことに。

ちなみにこの日の私のミッションは、「何とかしてタウンビョン村に泊まる」ということにも関わらず、

この2時間、無言・・・・・・。

現地人に対して、見事なまでの人見知り大発揮!!!( ;∀;)ウワーン


とにかくまぁ、そこから会場までは歩いてすぐ着いた。

ばっちこーい!!

タウンビョン祭り!!

って・・・ちょっと待って。

もんっのすごい人の数!!!!!

ゆーーーっくりとしか進めない。

出店も道の両脇にずら~っと並んでる。

遠くに仏塔が見えたから、とりあえずそこまで行ってみようとするものの、人も出店も凄くて、
一体それがどこなのか、、、もぅ全く、全体図が掴めない。
砂埃もすごくて、結局カメラも出さなかった。


ようやく着いた仏塔近くのお堂。
P1_201308301732445dc.jpg


ん・・・?

これは・・・?

P8182332.jpg

入った瞬時に気付いた違和感。

お堂の中で、現地人がたくさん寝ている。

今までそんな寺院は見たことが無い。
何やらみんな荷物も多く、本格的にゴザを敷いて寝ている。

これはひょっとして・・・?

みんなここで寝泊りしてるんじゃあ・・・?

これは・・・

イケるっっっ!!!

この日の宿泊場所、ここに決定。

そうと決まれば、活動するのはもぅちょっと日が落ちてからにしようと、お堂の脇で現地人に混じって昼寝。



夕方、少し人減ったかな、というところで散策開始。
それでも人はまだ全然多い。

昼寝したところを出てすぐ右に同じような境内があり、そこでも人が沢山寝てた。

そこから続く廊下を進むと、また境内があり、仏像に金箔を貼り付けていた。
ミャンマーによくある、「喜捨したお金で仏像に金箔を貼ろう計画」がここでも大人気。

P8182333.jpg

モニターもあって何かハイテク。

だけど、貼ったそばから結構剥がれ落ちている。。。


金箔の仏像を横目でちらりと見て更に進むと、どんちゃん騒ぎの中心が見えた。

どうやらここがメイン境内?らしい。

P8182334.jpg


部屋の中央にフェンスが張られ、中に人、外にも人がいて、外にいる人はお供えの花を持ってやんややんや踊っている。

P8182343.jpg

フェンスによじ上っている若者もいて、一体何があるんだろうと見てみると。

P8192403.jpg

P8182361.jpg

P8182353.jpg

派手な化粧をして、派手な衣装を着たおばちゃん(か、おじちゃんかもはや分からない)が札束を持って歩いてる。

・・・と思ったその瞬間。


「そらよっ」とばかりに

札束をバラ撒いた!!!Σ(゚Д゚;)



それに群がる人々・・・。


P8192408.jpg


P8182345.jpg

お金祭りだワッショーイ!!!

P8182348.jpg

そりゃテンション上がるわな;

しかし。

タ・・・タウンビョン祭りってこういう祭り!!??

ぞ、俗っぽ~い(;´∀`)

まぁ日本で言う「おひねり」みたいなもんだろうけど。
お札って何か生々しいなぁ;
ミャンマーは硬貨が無くて、紙幣だけだから仕方無いんだけど。
(余談:外国の紙幣を集めてるミャンマー人に、日本の最小額紙幣は1万チャットだからあげれない、と言うとすごく驚いていた。※1万チャットはミャンマーの最高額紙幣。)


しかし結局そのお札バラ撒く人がどんどん入れ替わって、延々と同じことを繰り返す。

やっぱりメインが「お金祭り」・・・?

しかも、フェンスの中に入った現地人はその人にお金を渡してバラ巻いてもらったり、自らバラ撒いたり。
基本50~200チャット(5円~20円)の小額紙幣なんだけど、たまにフェンスの中にいる成金現地人が千チャットや5千チャット(100円~500円)の札束を出して来た時には、フェンスの上にこれでもかという人だかりが出来る。

バラ撒かずに、警備している警官に直接渡す時とかもあって、
その時は会場一体から、心の悪態が聞こえてくるようだ。


しばらくその「お札バラ巻き祭り」を見ていたけど、一向に終わる気配は無いので夜8時くらいに切り上げてぶらぶらする。


観覧車とかもあって、夜もずっと賑わっていた。
P8182369.jpg

しかしこの観覧車、やたら回るスピードが速い;


うちの苦手な船のやつ・・・
P8182371.jpg



シャワーは期待していなかったものの、ちゃんと水場があったから良かった。

外に設置された小さめのプールに、雨水を溜めただけの簡素なもの。

男女共同でもちろん脱衣所も無いので、女性は胸から下をロンジー(腰巻)で撒き、ロンジーごと体を洗う。
私はロンジーを持っていないので、足・腕・頭だけ洗う。
埃まみれの体だったから、それでもずいぶんスッキリした。

扉付きのトイレもあったけど、100~200チャットいるので、
明るい時間帯に「ゆっくりう○こしたい」という時以外は青空トイレ(=野ション)を使った。


お堂に戻って寝床を探す。
女性僧侶集団がいて、その隣で寝ることに。

ジェスチャーで「ここに寝ていい?」と聞くと、それを見ていた隣の家族が「ここで寝なさい」と、ビニールシートを敷いてくれた。

家族とちょっと話して、10時くらいに横になる。






しかし。

ここで私はある重大な事実に気付いてしまったのである・・・。




まさか・・・。



そんな・・・。



つづく。

 ↓ 珍しく引っ張ったよ!(書くの疲れたから)気になるアナタはクリックを♪
関連記事


旅女インスタグラム
ID:tabijo_shiho フォローありがとうございます♪

Instagram tabijo_shiho
https://instagram.com/tabijo_shiho/
リアルタイムの毎日更新が目標!ですが、あくまでブログをメインでやっていきたいので、
インスタでのコメントの返信はできないかもです。ごめんなさい;



旅女Facebookページ

旅女 Facebook
旅女Tabijo Facebook
ページTOPで「いいね!」をして頂けると、Facebook上でブログの更新通知が受け取れます。
※「いいね!」はいつでも取り消せます。私のブログは毎日書いたり1ヶ月あいたりとムラがあるので;その時に合わせて取り消したり、再登録したり、お好きなようにお使い下さいませ。



旅女YouTube

旅女Youtube
旅女Tabijo YouTube
旅中撮った動画をUPしています。







コメント

何があったの~( ; ゜Д゜)気になる

2013/09/03 (Tue) 19:44 | 晴美 #- | URL | 編集
>晴美

>晴美
久々~!近日、日本に帰国するよw

しほ

2013/09/28 (Sat) 17:37 | >晴美 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する