旅女 Tabijo~義眼のバックパッカー編~のメイン画像

しほ、僧侶に怒り、想いに泣く。(ミャンマー・タウンビョン)

Category: ミャンマー
~~~~~前回までのあらすじ~~~~~
「ナッ神」信仰のタウンビョン祭りに潜入したシホ。
しかしそこは、黄金に輝く「ナッ神」に洗脳され、金の亡者となった人々が巣食う魔窟だった・・・。
まんまと洗脳されたシホも、信者と共に酒池肉林の毎夜を過ごす。
どうなるシホ!?ペリカはまだ全然貯まっていない!無事外へ出られるのか!?ざわざわ・・・
(注:このあらすじは一部フィクションですが一部ノンフィクション・・・かもしれません。)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※今回の記事はミャンマー好きな人は気を悪くするかもしれませんが、どうか最後まで読んで下さい。


8月20日。

タウンビョン祭り、3日目。

さすがにもぅ飽きたな・・・( ̄- ̄;)

そもそもここまでこの祭り、密着するつもりじゃなかったんだよ・・・。
現地人がみんな「21日(満月の日)が一番盛り上がる」って言うからさ・・・。
正直もうお腹いっぱいなんだけど、ここまできたら最後までいてやろうじゃないの、って何か意地になってしまった私。



 ↓ 栗の燻製みたいなの。
P8192377.jpg


ミャンマーの栗は日本のと違って、かなり平べったい。
家族みんなの好物らしく、しょっちゅうくれたけど味はまぁ・・・アレです。


この日は祭り中心部を離れてみようと線路に沿って歩いてみた。

P8202439.jpg

この線路、使われてないかと思ったけど、ちゃんと夜に列車が走っていた。

切符売り場らしきものもある。

P8202440.jpg


 ↓ 新聞紙で作った帽子に色を塗ったもの。色んな所で売られている。
P8202436.jpg



あと、ゴールドのアクセサリー(ネックレスやブレスレット等)が沢山売られていた。
もちろん偽者なんだけど、地元民は沢山買っている。

偽者って分かって何で???と思ってたけど、後で聞くと、この祭り独特のお土産らしい。
お守りみたいな感覚もあるとか。


お祭り会場から離れたところでも、色んな場所でどんちゃんやってる。

P8202441.jpg


P8202442.jpg


 ↓ タバコを ぷかぷか ふかしながら踊るおばちゃん。
P8202444.jpg


私が寝床にしているお堂を含め、堂内は禁煙ではなく、僧侶もタバコを吸っている。




一通り歩いて、寝床に帰って家族とお茶を飲んでいると、1人の僧侶が私に話しかけてきた。

年配の男性僧侶で、もちろんビルマ語オンリーだから、何言ってるか全然分からん。

とりあえずふんふん言って聞き流していると、最後に

「チャッ、チャッ」

と言ってくる。

も・・・

もしかして。

チャット???(ミャンマーの通貨単位。)=「お金」。


・・・。

な、何この「1分間祈らせて下さい」と、勝手に祈られた後に「代金下さい」って言われてる感覚。

でも一応僧侶だから喜捨すべきなの・・・?

と困った私が、隣にいるアマーを見ると、「あげなくていい」という雰囲気で軽く頭をふっている。

あ・・・

現地人でもそういう感じなんだ・・・(;´Д`)

私がお金を払わんとなると、さっさとその僧侶はどっか行ってしまった。


その他にも、この祭りに来ている僧侶はあの手この手で喜捨を迫ってくる。
喫茶店でコーヒーを飲んでると、子供の僧侶が托鉢の鉢を持ってテーブルをまわる。
それ以外にも、何かありがたい言葉?か何か書いた封筒をテーブルに置いて行って、それに入ったお金を回収したり。

祭りに来ていた僧侶は、タバコもお酒もお堂の中で普通に飲んでいた。
生臭坊主・・・は、日本人が言えたことじゃないからいいんだけど。

この祭り以外でも、僧侶が持ってる重そうな荷物を、現地人が運んであげたりしても、
一言のお礼も無しで、「手伝って当然」みたいな顔してたり。

現地人とバス待ちしてたら、一緒にバス待ってる僧侶がその人が持ってるバナナを1本くれ、と言ってきた。しかもかなり傲慢な態度で。
現地人も仕方なさそうにあげたが、更にもぅ1本くれと言ってきた時にはさすがに断っていた。

とにかくまぁ・・・


何その偉そうな態度!!!(`Д´#)


荷物の人もバナナの人も、「ありがとう」言う言わない以前に、

ものすご~~~~っく態度が悪かったのである。
「僧侶を大事にするのは当たり前でしょ」的な。

私の隣で寝起きしていた女性僧侶集団はみんないい人だったから、まぁそういう人は一部なのだろうけど。



私はここへきて、今まで心の奥で否定してき続けた考えを、確信せざるをえなくなってしまった。

う~ん、ひょっとして・・・?

と思いつつも、

ミャンマー=人が良くてツーリストにも優しい国

という一般的イメージを壊したくなかった。
というか、そういうイメージだけでこの旅を終わりたかった。

が、現実に目を背けちゃいかんね・・・。


ミャンマーは結構、俗っぽい!!!


今までミャンマーではぼったくりも無いと言われてきたけど、観光客が急増した今は普通にある。(特にヤンゴン。)
途上国でぼったくりが発生するのは仕方ないけど、根本的にそういうのがあるからそうなるのだと思う。
中国なんてイメージこそ悪いけど、物価安い割に、観光客来て何十年経ってもぼったくりなんてほぼ無いし。

まぁあくまで個人的見解です。
俗っぽさが無い国の方が少ないだろうし。
気を悪くした方は、まぁそう怒らず続きをどうぞ(^Д^)



お金をせびってきた僧侶に気を悪くした私。
気分転換に散歩して帰って来ると、アメイ(お母さん)が何か言ってきた。

いつマンダレーに帰るのかを聞かれ、「明後日」と伝える。
この一家は明日の朝に帰ると言う。

そうか・・・

明日でお別れか・・・(´・ω・`)

たった3日だけどちょっと寂しくなってると、アメイが何かお祈りをする仕草をして、

またしても「チャ、チャ(チャット=お金)」と言ってくるではないか。


えぇ~~~~!!!:

この人達もそういうつもりやったん!?Σ(゚д゚lll)ガーン



お祈りするジェスチャーで、昨日、お金バラまき祭りのフェンス内に入るのに、2000チャットの喜捨だか何かがいるって言ってたから、それを払って、ってことだったのかもしれないけど。

さっきの僧侶の後にこれだったから、とにかくショックで、すごく悲しくなった。

あ~・・・今回の冒険、ハズレだったなぁ・・・。


この家族に毎日ご飯やら何やらお世話になってた私は、何も言われなくても元々1万チャット(千円)くらい渡そうと思っていた。1泊の宿代がそんなもんで、3泊分も浮いてたし。

しかし向こうから言われ、かなりヘコんだので、アメイに半分の5千チャットだけ渡した。

半分になってることを知らず喜ぶアメイ。

一応言われたから渡したと思われるのが嫌なので、「ご飯もくれて良くしてくれたから」ということを伝える。

しかしそれを見て、「私にもくれ」と言ってくるひいおばあちゃん・・・。


もぅ、、、

マジでげんなりだよ!!!_| ̄|○

何なんだよミャンマー・・・





そういうやり取りをしていたら、アメイと話してた、一番うちの世話をよく焼いてくれたアマーが、

なぜか涙ぐんでいる。

えっ!?何何急に!?どうしたの!?


どうやら、

明日私と別れるのがつらい・・・って。



ちょ・・・



待って・・・



さっきのやり取りで、うちそんなん用意してな・・・







(´;ω;`)ブワッ





しかもつられてか、アメイまで泣き出す始末。


もぅ!!!

何なんだよ、ミャンマー!!!( ;∀;)


 ↓ まだ続くタウンビョン編。クリックよろしくです。
関連記事


旅女インスタグラム
ID:tabijo_shiho フォローありがとうございます♪

Instagram tabijo_shiho
https://instagram.com/tabijo_shiho/
リアルタイムの毎日更新が目標!ですが、あくまでブログをメインでやっていきたいので、
インスタでのコメントの返信はできないかもです。ごめんなさい;



旅女Facebookページ

旅女 Facebook
旅女Tabijo Facebook
ページTOPで「いいね!」をして頂けると、Facebook上でブログの更新通知が受け取れます。
※「いいね!」はいつでも取り消せます。私のブログは毎日書いたり1ヶ月あいたりとムラがあるので;その時に合わせて取り消したり、再登録したり、お好きなようにお使い下さいませ。



旅女YouTube

旅女Youtube
旅女Tabijo YouTube
旅中撮った動画をUPしています。







コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する