旅女 Tabijo~義眼のバックパッカー編~のメイン画像

ネパールの安宿

Category: ネパール
ネパールで泊まった安宿・ゲストハウス。
実際泊まった、というだけであって全ておすすめするわけではないのであしからず。
ほとんどの宿はシングルが無く、ツインやダブルルームを少し安めに、といった感じなので二人旅の方がお得。

宿のWifi事情:泊まった宿はほぼフリーWifiがあった。停電時間帯でも予備電力で使える所がほとんど。早さはその時々でよく使う時間帯・夜などは大体どこも遅い。安宿では宿泊客が多いと遅かったりすることが多いので、あえて人気の無い宿を選ぶのも手かもしれない。

ホットシャワー:日本での冬はネパールでも冬。どこに行っても大体寒いので、長期で滞在する場合は宿を決める前にホットシャワーが出るか必ず確認したほうがいい。

レストラン併設の宿:ネパールの昔の宿は1階が食堂、2階以上が宿、というスタイルで、今もその名残がある宿もある。宿泊前に言われない限り、そこで食べる必要は無い。(外国人用で値段が高い場合が多い)

宿の門限:カトマンズ以外ほとんどの宿は夜になると入り口の鍵を閉める。田舎になるほど8時だとか結構早いので、遅くなりそうな場合は確認した方がいい。

注意
2015年10月~1月の値段です。同年にネパール大震災、インドからの石油ストップ、という状況で観光客の減少。ガスの高騰で寒い地域なのにホットシャワーが使えないところが多かったり。そういう時期だったので、宿泊料金は通常の時よりも高かったり安かったりかもしれません。尚、ネパールが冬入りするオフシーズンなので、ハイシーズンだともっと高いかも。
※1ルピー=1.2円くらい


 カトマンズの宿


PB130690_20160110224919f8f.jpg s-PB140697.jpg

Hotel Silver Home(2015.10.27~4泊、3泊、1泊)
Tamel-29, Kathmandu
タメルチョークから南に行き、左の細道に入った突き当り。「ポカラ・ピース」の近く。
ドミトリー:300ルピー
ホットシャワー(普通に熱い!水量は少なめ)、Wifi有り

Hostelworldで予約。日本語以外にも数カ国語の言語を操るスタッフ(ハリーさん)が親切。ホテルマンとしてかなりプロフェッショナルなホスピタリティー!電気がきている時は1階のレストランでお湯も自由に貰える。ベット数の割にコンセントは少なめ。
ただ、ここで予約するチケット等は手数料高めなので、他のオフィスも当たった方が無難。ランドリーサービスは他より高い(1kg130ルピー)のに、ペンペン草がついてるわ、靴下片方無くなるわでゲンナリした。




PC282301_201601102319508bf.jpg PC292303_20160110231951745.jpg

King's Land Hotel(2016.12.29~8泊)
Tamel-29, Bhagawatisthan, Kathmandu
00977-1-4421060
タメル・チョークから桃太郎方向に進み、桃太郎の手前を左に入った道。ホーリーランドの隣り。
シングル:300ルピー(交渉後)
共同ホットシャワー・トイレ、Wifiあり(ネパールの宿では一番普通に使えた)

宿を決める前にシャワーはお湯が出るのか散々確認したのに出ず。結局共同シャワールームでなく、空いている部屋のシャワーを使わせて貰っていたが、そこは熱すぎるお湯で水量も多くてかなり快適だった。しかしシャワーを浴びる前に宿の人にお湯が出る時間か確認しなければならない・・・。夏場だと問題無いと思うけど。
※スタッフによると道路側の部屋は太陽光なのでぬるめ、反対側は電力なので熱いそう。もしシングルやダブルに泊まる方いればご参考に。
多分シングルでこの値段で泊まれるのは窓も無く暗いこの1部屋だけだと思う。でも部屋は広いし、屋上もあって結構快適だった。

補足:カトマンズの日本人が多い宿はCherry G.H、HOLLY LAND、トラベラーズホーム(漫画あり)など。




 ポカラの宿


・カトマンズからポカラへバスで行くと、バスを降りると沢山の宿の客引きに囲まれる。大体の客引きは宿まで車で無料送迎してくれるので、利用してもいいと思う。レイクサイド周辺までは徒歩20分前後、タクシーも一人だと割高なので。
・ポカラは長期滞在者が多いため、滞在期間が長いとかなり割引してくれる宿も多い。また、自宅の上を賃貸にしている場所も多く1ヶ月とかならかなり安く快適に泊まれたりもする。

PB160736_2016011023195401a.jpg PB170742_201601102319473c9.jpg

HOTEL ANGEL(2015.11.16~1泊)
Lakeside, Baidam-6
レイクサイドのロイヤルパレス(アーミーキャンプ)の近く。
ドミトリー:300ルピー
共同ホットシャワー(熱い)・トイレ、Wifiあり

バスパークの客引きに「1泊300ルピー」と提示して連れて行って貰ったホテル。ベッドも清潔だし、何よりもニワトリが放し飼いされている庭がいい!コンセントは少ない;普通に快適だったけど、安さを求めて次の宿へ。




PB170745.jpg PB170743_20160110231947122.jpg

ペンギンゲストハウス(2015.11.17~2泊)
Lakeside, Gaurighat, Baidam-6
Cafe am.pm、タカリ・キッチン、トレッカーズ・インがある通り。
ドミトリー:250ルピー
共同ホットシャワー、Wifiあり(かなり遅い)、漫画・本少しあり

ポカラの日本人宿。宿泊客とオーナーの気が向いた時にBBQや鍋などが開催される。喫煙者が多い。シャワーのお湯は時間帯による。




PC010959_2016011023315571a.jpg PB200771_20160110233154a30.jpg

PB200770.jpg PB200773_20160110235233712.jpg

Shanti Guest House(シャンティ) (2015.11.19~18泊)
ペンギンゲストハウスの先。左手側。
ドミトリー:200ルピー
共同ホットシャワー・トイレ、Wifiあり、犬在駐

静かで庭がいい。ドミは3ベットの1室のみ。シャワーのお湯は時間帯による。




 バンディプルの宿


バザールの中心に向かうほど宿は高いが、それを過ぎた所にも現地人用のかなりボロい宿もある。

1PC071094_20160110235255af4.jpg 1PC071088_20160110235216409.jpg

1PC071090_2016011023523047d.jpg 1PC071093_2016011023525468a.jpg

FAMILY GUEST HOUSE(2015.12.7~1泊)
バザールに入ってすぐ左側。1階は商店になっている。
シングル:100ルピー
共同シャワー・トイレ、Wifi無し

この広さの部屋で100ルピーは格安!・・・と思ったら、ガスシャワーでガス高騰中のため現在は水しか使えないとのこと。シャワールームも比較的綺麗だったので、ガスが使えるようになると同時に料金も高くなると思う。地下に洗面台もあり。
屋上からの眺めがまたいい。




2PC081254_20160111000638306.jpg 3PC081213_20160111000635369.jpg
4PC081202_20160111000635eff.jpg 7PC081198_201601110006310f0.jpg

MILAN GUEST HOUSE(2015.12.8~8泊)
バスを降りてすぐの場所なので、客引きされる場合も。バザールの手前。
シングル:300ルピー(交渉後)
共同シャワー・トイレ、Wifiあり、猫在駐

この宿は1泊だけならいい宿として終わるかもしれない。私は猫がいるだけで選んだので、いなければさっさと他の宿に移ったと思う。家族経営で一見すごくフレンドリーに見えるけど、2日目で既にその後ろの「お金」が見えてきて胡散臭く思えた。食堂併設だけど、メニューは無い。ダルバードを作る時に「一緒に食べないか」と誘われるが、必ず食べる前に料金を確認しておくこと。「ネパーリープライスで170ルピー」と言われたが、同じ町にある「Sweet House」では120ルピーで食べられるので、それを言うと同じ値段にしてくれたものの、Sweet Houseの方が美味しかった。
宿泊前にシャワーのお湯が出るか確認した時「ちゃんと熱いお湯が出るわよ!」と自信たっぷりに言ったのに、8日も泊まって熱いお湯が出たことは一度も無かった。結局2回くらいしか浴びず、他の宿泊客も文句を言っていた。
チェックアウトする時にバスで帰ると言っているのにタクシーを勧めるし、やたら宿のFacebookにイイネ!をしてくれと何度も言ってくるのもウザかった。絶対しない。
くれぐれもフレンドリーさに騙されて「お金が関わること」でこの宿を信用してはいけない。




PC121559_201601110006344ad.jpg PC121563_201601110030391d2.jpg

HERITAGE GUEST HOUSE(2泊)
バザールに入って二股に分かれる所の右手側。
1部屋800ルピー(泊まっていたネパール人が言っていたので、共同シャワーの部屋かどうか詳細は不明)
ホットシャワー、Wifiあり

隣りのゲストハウスも同じ棟で、バクタプルで一番古いゲストハウス。部屋の中もちょっと雰囲気があっていい。ベッドはふかふかで毛布も綺麗であったかかった。造りは古くてボロいもののなかなか快適。
(詳細:うっかり町で一番老舗の宿に泊まることに。




 ゴルカの宿


PC161719.jpg PC161707.jpg

New Manaslu(マナスル)(2015.12.16~2泊)
バスパークから徒歩数分。
シングル:300ルピー(交渉後)
共同水シャワー、Wifiあり

この周辺にも宿はあるけど始めの言い値はそんなに安くはない。ベランダからの景色がいい。宿の前にモモ屋さんがある。




 バクタプルの宿


バクタプルの宿は比較的高い宿が多かったけど、観光客が少ない今は値下げ交渉可能な宿も多かった。

PC191853_201601110030431f9.jpg PC181773_201601110030417b3.jpg

KHWOPA GUEST HOUSE(1015.12.18~1泊)
トウマディー広場から陶工広場の近く。大通り沿いなのでその辺で人に聞くと分かると思う。
シングル:400ルピー(そこそこ粘った交渉後)
ホットシャワー・トイレ・TV付き、Wifiあり

最初の言い値は800ルピーだった。でもかなりいい部屋だったので、ハイシーズンはそれくらいするのかも。バクタプルにある寺院は地震の損壊が大きく観光客がかなり減っているらしい。
部屋の窓から通りが眺められる。シャワーはかなり熱いお湯が出るが、出るまでに結構時間がかかる。1泊しかしてないからたまたまかもしれないけど部屋ではWifiが繋がらなかった。




PC191858.jpg PC191856.jpg

2PC212095_20160111004703ec3.jpg PC191857.jpg

Ganesh GUEST HOUSE(ガネーシャゲストハウス)(2016.12.19~9泊)
Sukuldhka-8, Bhaktapur
シングル:400ルピー ドミトリー:200ルピー
共同ホットシャワー・トイレ、Wifiあり(停電時使用不可)、犬在駐

オーナーは日本語を話せる。ドミ出てすぐが屋上で、景色がなかなかいい。ドミはコンセントが無いので下のレストランで充電。ドミ部屋の屋根はトタンなので、朝ハトが走る音がうるさい。
ここも家族経営でフレンドリーながらも、バンディプルのあの宿の雰囲気が出ている。1泊だけならいい思い出になるだろう。初日は「ウェルカムフード」として無料ダルバートが振る舞われた。それ以降は「話したいから一緒に食べよう」的な雰囲気で夕食に誘われるが、必ずお金はチェックアウトの際に徴収される。メニューはあるので価格は分かりやすいものの、「クリスマスフード」としてビュッフェ形式で出された食事はチェックアウトの時に690ルピーも徴収されていたことが発覚(;´Д`)




 バイラワの宿


インドとの国境、スノウリ近くの町。ルンビニへもここから行ける。

DSCF0657.jpg DSCF0653.jpg

Sayaptri(2015.1.6~1泊)
バスパークからデヴコタ・チョークへ行き、左に曲がったバンク・ロードの左手側。バスパークから徒歩10分くらい。
シングル:300ルピー(交渉後)
共同水シャワー・トイレ、Wifiあり

面倒だったので他の宿にはあたっていない。とにかく蚊が多くて蚊よけにファンを回したけど途中で止まるし寝られなかった。夜は廊下の電気も全部切られて真っ暗だったので、トイレに行くのが怖かった。
関連記事


旅女インスタグラム
ID:tabijo_shiho フォローありがとうございます♪

Instagram tabijo_shiho
https://instagram.com/tabijo_shiho/
リアルタイムの毎日更新が目標!ですが、あくまでブログをメインでやっていきたいので、
インスタでのコメントの返信はできないかもです。ごめんなさい;



旅女Facebookページ

旅女 Facebook
旅女Tabijo Facebook
ページTOPで「いいね!」をして頂けると、Facebook上でブログの更新通知が受け取れます。
※「いいね!」はいつでも取り消せます。私のブログは毎日書いたり1ヶ月あいたりとムラがあるので;その時に合わせて取り消したり、再登録したり、お好きなようにお使い下さいませ。



旅女YouTube

旅女Youtube
旅女Tabijo YouTube
旅中撮った動画をUPしています。







コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する