旅女 Tabijo~義眼のバックパッカー編~のメイン画像

ガンガーと迷路のような町~シャンティ・シャンティとは~

Category: インド
「シャンティ・シャンティ。」

とある日、安宿街の細道でしつこいインド人に怒鳴っている私に1人のインド人がこう言いました。

バラナシで出会ったしつこい客引きは今のとここの1人だけですが、何度怒鳴っても300mくらい私についてきてたんです。
「Shanti(シャンティ)」とは、サンスクリット語で、平和、平安、祈りとかいう意味で、インド人お気に入り?の言葉。(宿等の名前でも多い)インドでこう言う時の「シャンティ・シャンティ」は何となく「気楽にいこうよ」とか「のんびりいこうよ」的な意味で聞こえます。あくまで私の解釈ですが。

ただ、そう言われた私は「なるほど!これがインドか!」とは思わず、「クラクション鳴らしながらじゃないと、バイクや車運転出来ない人種に言われたくない!!」と、更に腹が立ち、結局しつこい客引きは別のインド人が追い払ってくれました。

ほんと、調子のいい時だけいい言葉で誤魔化そうとするのやめてほしい(# ゚Д゚) 客引きを追い払ってくれたインド人の方がよっぽど諭しているように思えました。



「シャンティ・シャンティ」はこういう光景を見た時に使うべきだと思う。↓

0DSCF0861.jpg

現在一番お気に入りの写真。
牛の背中の上で気持ちよさそうに寝る犬。絶対あったかいんだろなぁ~(*´∀`*)





ガンガーに向かって伸びる「ダシャーシュワメード・ロード」という大通り。

2DSCF0842.jpg



ここは朝から夜まで人やリキシャや牛でごった返している。

1DSCF0856.jpg



3DSCF0828.jpg



大通りの両側はオシャレなインド人女性御用達の服屋さんがずらっと並び、それを過ぎてガンガーに向かって歩くと果物や野菜、スナック屋台なんかがある。

ある日その大通りを歩いていると、清掃活動のようなものをしていて、「インド人も町を綺麗にしようという意識があるのか~!」と感心した。←偏見w

4DSCF0844.jpg



が、そのすぐ後にせっかく綺麗になった道路に、花びらを撒き散らしながら歩く行列が登場。

5DSCF0847.jpg

どうやら何かのお祭りらしく、清掃活動ではなく、道を清めていただけだったようだ。
う~ん・・・インド人って・・・(;´∀`)

ただ、この後ガートを掃除する清掃員がいて本当に驚きましたが。



大通りの突き当りにある「ダシャーシュワメード・ガート」。

6DSCF0892.jpg

「ガート」とは、ガンガーの岸辺にある階段のことで、その階段は川沿いにずっと遠くまで続いている。人々はそこで沐浴したり、単純に体を洗ったり洗濯したりするが、それぞれのガートに名前がついていて、火葬場となっているガートも2ヶ所ある。



ここは一番大きいガートで、毎日18時頃から「プジャー」と呼ばれるお祈りの儀式が行われる。(前回の記事参照)

7DSCF0893.jpg

パラソルがあり、その下では観光客がマッサージなんかを受けていて、まるでリゾート地のよう。
このメインガートから離れるほど、より日常の風景が見られる。



8DSCF1041.jpg



ガートは洗濯物を干す場所としても使われている。

9DSCF0794.jpg



ガンガーの対岸は「不浄の地」とされていて、誰も行かないため何も無い。
ただボートに乗り、対岸へ行くことは可能。

10DSCF0783.jpg



大通りから左右にガンガー沿いに伸びる通りには、安宿も多く、土産物屋や食堂がひしめき合っている。
左右どちらへ入ってもリクシャ(人力車)も入れない細い通りが続く。

DSCF0822.jpg



DSCF1021.jpg



DSCF1032.jpg



DSCF1030.jpg



安宿が多い「ベンガリー・トラ」通りにある宿案内。

DSCF1034.jpg

レストランやゲストハウスへの案内はこうして壁に直接書いている。
時には「こんな遠くから!?」と思う場所から案内表示があったりして驚かされる。



どこに行っても牛はいる。

DSCF0817.jpg



とある屋上からの風景

DSCF0800.jpg


DSCF0801.jpg


メインとなる食べ物はやっぱりカレー。
カレー単品もあるけれど、大体「ターリー」というこういう定食セットのようなものを食べる。

DSCF0952.jpg

60ルピー(約108円)

インドに来るまでは、「どうせ日本のインド料理屋のカレーの方が美味しいでしょ」なんて思っていたけれど、大間違い。やはり本場は違う!ここで食べたカレーはどろっとしていて、よく煮込まれた感じで日本のカレーに近かった。ひよこ豆のスープもトマトベースで何とも美味しい。
この量でこの味でこの値段って・・・申し訳無さすら感じるよ(;´Д`)
ご飯に更にチャパティ2枚も付いていて当然食べきれず;でもインド人男性も残していたからそういうものなのかな?



カレーしか無いと思っていたインドだけど、カレー味以外のものもちゃんとある。

DSCF0854.jpg



DSCF0853.jpg

こういうコロッケ等が売っているスナック屋台も沢山あって、他にも中身を選べるクレープ的なものやチョウメン(焼きそば)や、洋食・日本食・韓国料理など観光客用レストランも沢山あって値段もそれ程高くない。美味しくないカレー味のものしか無かったバングラに比べると本当天国♪
屋台系も食べてるし、食堂で出される水も飲んでいるけど、今のところお腹の調子は問題無し。
まだまだ色んなことに怯え中だけど意外とインド、性に合ってるのかなぁ~。
関連記事


旅女インスタグラム
ID:tabijo_shiho フォローありがとうございます♪

Instagram tabijo_shiho
https://instagram.com/tabijo_shiho/
リアルタイムの毎日更新が目標!ですが、あくまでブログをメインでやっていきたいので、
インスタでのコメントの返信はできないかもです。ごめんなさい;



旅女Facebookページ

旅女 Facebook
旅女Tabijo Facebook
ページTOPで「いいね!」をして頂けると、Facebook上でブログの更新通知が受け取れます。
※「いいね!」はいつでも取り消せます。私のブログは毎日書いたり1ヶ月あいたりとムラがあるので;その時に合わせて取り消したり、再登録したり、お好きなようにお使い下さいませ。



旅女YouTube

旅女Youtube
旅女Tabijo YouTube
旅中撮った動画をUPしています。







コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する