旅女 Tabijo~義眼のバックパッカー編~のメイン画像

インドで食べるチベット料理とブータン料理と日本食

Category: インド
ブッダ・ガヤーにはインド近隣国の仏教修行僧が多く集まります。
中でも多いのはチベットの僧なので、ここにはチベタンレストランが沢山あります。
色んなところにありますが、私が数回行ったのはバスパークの裏のところ。バスの間を通り抜けて行くと、テントのようなつくりのレストランがずらっと並んでいます。看板にどの国の料理か書いてありますが、大体普通のカレーや中華系もあったりします。

DSCF1494.jpg



KANGLHA RESTAURANT(チベット料理)

DSCF1354.jpg



店の中はどこもこんな感じ。

DSCF1611.jpg



チベタン料理はネパールで結構食べたと思ったのですが、Sさんが教えてくれたこれは見たことなかった。

DSCF1353.jpg

ビーフポタンメン 90ルピー(約162円)
「ポタンメン」って、、、名前が何かいい。
肉無しだと60ルピーくらいだったかな?
完全に「焼きうどん」です!麺は手打ち。
ネパール・インドによくあるチョウメン(焼きそば)は、基本的に茹で置きした細いそうめんのような麺を炒めるので、麺自体の美味しさなんて皆無。コシがあるとまでは言わないまでも久々の太い手打ちうどん!
インド(ヒンドゥー教)では牛は神聖なものとされているのでなかなか牛肉は食べれないので、ここでたんまり食べておきました。



ポタンメンはスープで作ってもらうことも可能。

DSCF1612.jpg

ミックスポタンメン 100ルピー(約180円)
野菜、ビーフ、玉子、チーズ入り。こちらはスープで頼んだ時のもの。
煮込みうどんです♪




Druk Sonam Restaurant(ブータン料理)

DSCF1571.jpg



DSCF1576.jpg



宿の人達に連れて行ってもらい、後日また食べたくなって一人で来ました(;´∀`)

DSCF1575.jpg

エマラッチー 100ルピー(約180円)
全部セット。ご飯は「赤米」という赤いお米で、インドのお米よりパサパサしていなくてほんのり甘いです。しかもご飯はお代わり自由!元々多くつがれているので、私はお代わりすることはありませんでしたが。

「エマラッチー」というのは右の白いスープですが、チーズで作られているとのことで、これは完全にシチューです。ウマい!!
私はまだインドカレーに飽きてはいませんが、長くいる人にはかなり有り難い味だと思います。ブッダ・ガヤーで一番おすすめのレストラン!隣りもブータン料理屋で、そこではタントゥク(きしめんスープ)を頼んだのですが、これまた丼ぶりからはち切れんばかりの量。ブータン料理は基本的に量が多いのかな?

ブータン料理美味しいなぁ~(*´∀`*)

がしかし!注意しなければならないのは、必ず注文時に「ノーチリ」もしくは「レスチリ」でオーダーすること。店を教えて頂いたSさんによると、ブータン料理は全て基本的には激辛とのこと。刻んだ唐辛子をふんだんに入れるそうです・・・;

写真が無いですが、牛肉を干したビーフジャーキーのようなものも美味しかったです。



ついでに同じ並びの最後にあるカフェ。

Be Happy Cafe

DSCF1500.jpg

観光客に人気のカフェ。エアコンも効いててWifiもあります。
Wifiは1時間無料でその後は料金制。私が使った時は普通に使えました。



DSCF1497.jpg

キャラメルチーズケーキ 150ルピー、マキアート90ルピー(計約430円)
バックパッカーからするとかなり高級店です;チーズケーキが宿1泊分と同じ値段ですからね・・・( ̄ー ̄;)
でも屋台ばっかじゃなくてたまにはこうやって癒やされたいんですよ。ん?「たまには」が多い気がしないでもないですけど;
コーヒーはまぁ普通ですがチーズケーキは美味しかったです♪
パスタやピザなどの種類も充実しているので、食事をしている人も多かったです。




カフェげんき(日本食)

DSCF1295.jpg



DSCF1292.jpg



若干風邪気味で、味噌汁飲みたいなぁ~と立ち寄ったお店。

DSCF1289.jpg

メニューはこれ以外にもありますが、お一人でやってらっしゃるのでレストランというよりもカフェ寄りの軽食がメインです。



DSCF1293.jpg

おにぎりセット 120ルピー(約215円)
この出され方が落ち着く・・・。緑茶もついてます。



DSCF1356.jpg

キール(乳がゆ) 50ルピー(約90円)
ブッダ・ガヤーに限らず、インドレストランでたまにあります。「ライス・プディング」と書かれていることが多いかな?
でも食べるならやっぱりブッダ・ガヤーで?(*´ω`*)

苦行で体力を落としていたブッダに「スジャータ」という名の娘が乳粥を差し出し、それを食べたブッダは体力を回復し、菩提樹の下で瞑想して悟りを開くのです。
スジャータさんが住んでいた村はここブッダ・ガヤーにあり、現在は「スジャータ村」とも呼ばれ、観光することもできます。

お米を牛乳で煮込んで甘く味付けしたものですが、またしても「クソ甘い」ことが容易に想像できるので、インドレストランではまだチャレンジしていませんでした。
ここのキールは甘さ控えめで美味しかったです!時期的に寒かったので、温かいデザートというのも幸せ。
ただ、仕入れや作るのに時間がかかるそうなので、前日くらいの予約が無難です。




BODHGAYA REGENCY HOTEL

DSCF1609.jpg

ここのホテル内のレストランでも日本食が食べられるのですが、ハイ、見た目通りかなりお高いので、バックパッカーが行くような所ではありません。



DSCF1532.jpg

ただ、日本からの旅行者やインドの駐在員の方にとってはいいと思います。
本格的な日本料理って、日本で食べたらもっと高いですからね~。

私は先程の「カフェげんき」で運良くここの料理長・ひろしさんに会い、そして運良く同じ宿に泊まっていた日本人女性のコネで、ひろしさんの料理を「味見」させて頂くことになりました!(∩´∀`)∩



インド人が監督しているように見えますが、ここで一番偉いのはひろしさんですw;

DSCF1521.jpg



DSCF1528.jpg

なまずの肝(左)煮込みと味噌大根(右)



DSCF1531.jpg

なまずの蒲焼き
初めてなまず食べたけど、全然臭みが無い!ふっくらしてて「うなぎ」って言われても分からんと思う(;´∀`) というか、このタレだけでご飯3杯はイケますね!

味見と言っていたのにこんなにしっかり出されるとは・・・ありがたい。




おまけ。

DSCF1316.jpg

セブン・イレブン、ブッダ・ガヤー支店。

・・・なワケない。

もちろん勝手に付けているだけですが、品揃えは意外といいです(`・ω・´)
関連記事


旅女インスタグラム
ID:tabijo_shiho フォローありがとうございます♪

Instagram tabijo_shiho
https://instagram.com/tabijo_shiho/
リアルタイムの毎日更新が目標!ですが、あくまでブログをメインでやっていきたいので、
インスタでのコメントの返信はできないかもです。ごめんなさい;



旅女Facebookページ

旅女 Facebook
旅女Tabijo Facebook
ページTOPで「いいね!」をして頂けると、Facebook上でブログの更新通知が受け取れます。
※「いいね!」はいつでも取り消せます。私のブログは毎日書いたり1ヶ月あいたりとムラがあるので;その時に合わせて取り消したり、再登録したり、お好きなようにお使い下さいませ。



旅女YouTube

旅女Youtube
旅女Tabijo YouTube
旅中撮った動画をUPしています。







コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する