旅女 Tabijo~義眼のバックパッカー編~のメイン画像

象の鼻って結構ゴツい。(ハンピ)

Category: インド
リアルタイムではラジャスターン州にある砂漠の町・ジャイサルメールです。最低気温が30度とかいうバカげた数値が出ているので早々に退散しようと思います。(ちなみに最高気温は44度とか)ハンピと張る暑さ。

さて、インドで出会った数多くの旅人がオススメする地「Hampi(ハンピ)」。インドを旅するバックパッカーに「おすすめの場所は?」と聞くと、日本人と欧米人で結構違いが出るのですが、ここは国籍問わずよく耳にした場所です。
インドの中でも沈没注意スポットの1つ。
が、暑さ故にいいのか悪いのか、早々に退散することが出来ました。(5泊滞在)



ハンピは14世紀から16世紀にかけてヒンドゥー王朝として栄えた都。ここにある多くの寺院や遺跡は世界遺産に登録されています。
本当に「村」でかなり田舎なのですが、遺跡が多いので、観光客用の宿とレストランは沢山あります。が、この時期オフシーズンのため(暑いから)閉まっている場所も多かったです。

P4245754.jpg 


泊まった宿は日本人が多く利用する「カルヤンゲストハウス」。
宿に着いた時には男3人がパンツ1枚でくつろいでいて、入るのにちょっとためらいましたが(;´∀`)そそくさと服を着てくれました。(いや、男性の裸はむしろ全然いいんですが何かすみませんw)

ドミ100ルピーはかなり安いですが、その分ドミ部屋はかなり暑く、初日は寝れずに外で本を読んだりしていました。現地の人も外にベッド置いたり、道に直接レジャーシートみたいなの敷いて外で寝てました。

朝。宿の前の道。

P4235735.jpg 
鶏やら、牛やら犬やら、いろんな動物が往来します。
鶏に混じってなぜか孔雀が1匹いるのですが、写真に収めることが出来ませんでした;



宿の隣りのヤギ園。

P4235737.jpg 
いつも「メー!メー!」とうるさいのですが、たまにいる子ヤギが懐っこくてかわいい。



宿から徒歩数分の場所にある寺院。

「ヴィルーパークシャ寺院」

IMGP3593.jpg 
入場料:2ルピー
カメラ:50ルピー



この後に控えたお祭りのために、寺院前には山車がありました。

IMGP3596.jpg 

あと数日なのに、全然出来上がってないやん・・・と心配になります。



この日偶然、寺院の中で結婚式が行われていました。

IMGP3602.jpg



1組かと 思ったら2組でした。

IMGP3626.jpg 



IMGP3627.jpg 


合奏団がガンガン音楽を奏でています。

IMGP3622.jpg 


お寺の中にいる象さんにお金やバナナを渡すと、象さんから祝福を受けられます。
一緒に行った男性2名につられて私も祝福してもらったのですが、これが意外と楽しかった。

写真が無いので動画でどうぞ(10秒くらい)↓



※寺院関係の写真はデータが飛んだので一緒に行った男性から頂きました。



宿には基本的に日本人が多いのですが、私が泊まっていた時は唯一中国人女性「リーちゃん」がいて、この子がまぁアクティブで面白かった。
リーちゃんに「夕陽を見に行こう!」と誘われ、行った近くの川。

P4205336.jpg

ハンピの特徴はこういう岩山や、ゴロゴロとした大きな奇石が多いということ。これは他の町には無い光景だなぁ~。



この岩の大きさ、分かります?

P4205335.jpg 
川にこんな大きな岩があるのが不思議。


上が雲で隠れたけど一応見れた夕陽。

P4205322.jpg 


翌日はリーちゃんと朝日を見に「マータンガ山」へ。
山と言っても、15分程度で登れる小高い岩山。



途中にある遺跡。

P4215343.jpg 
徒歩で行ける範囲でも、こういった遺跡が点在している。



P4215345.jpg 


登山道?は結構ハードなのでスニーカーをおすすめします。

P4215350.jpg 


着いた頃には朝日は登り切っていました笑。

P4215357.jpg


 
しかもここが最終地点だと思ってたら、後でまだ先があることを知りました;

P4215383.jpg 


P4215384.jpg


 P4215364.jpg


 P4215365.jpg 


P4215367.jpg 


P4215389.jpg



ハンピの「アッパル」屋さん。

P4225540.jpg



見た目は完全タコ焼き。
 P4225541.jpg 


P4225542.jpg 
アッパル 20ルピー(約36円)

朝食に時々食べました。
ふわふわしてて、味はドーサ。(ちょっと酸味のある生地)
う~ん、ここでタコ焼き作ったら売れそうだけどな~。




ゴカルナからハンピへの行き方(バス)


①Gokarna(ゴカルナ)6:45発~Hospet(ホスペット)16:20着
バス 約9時間35分 281ルピー(約505円)

②ホスペット 16:27発~Hampi(ハンピ)17:00着
バス 約30分 13ルピー(約25円)




ハンピの安宿


バスターミナルから徒歩5分のところに安宿が沢山ある。
値段は時期によって変わるようだが、オフシーズンは特に値切り交渉可能。エアコン付きの部屋は高めだけど、ファンだけの部屋も多い。この時期特に暑いので、窓があるか、風通しがいいかが重要。
大体のレストランにWIFIはある。

P4245743.jpg

 P4235729.jpg 
「Kalyan GH(カルヤンゲストハウス)」
Janata Plot,Hampi,Karanataka
ドミトリー:100ルピー
※1部屋(4ベッド)のみ。値段は時期によって変動。共同水シャワー。
WIFI:無料。部屋でも使える。速度普通。
行き方:バスターミナルから徒歩5分。有名なので「カルヤン」と聞けばOK。満室でも近くにも宿は沢山ある。
その他:4月・5月のハンピは殺人的な暑さ。ドミ部屋もかなり暑いのでその覚悟を。1人1つずつファンとコンセントがあるのは有り難いが、熱風をかき回すだけ。水シャワーもむしろ冷たい水を浴びたいのに結構お湯に近い水が出る。
(2016.4.19~5泊)

関連記事


旅女インスタグラム
ID:tabijo_shiho フォローありがとうございます♪

Instagram tabijo_shiho
https://instagram.com/tabijo_shiho/
リアルタイムの毎日更新が目標!ですが、あくまでブログをメインでやっていきたいので、
インスタでのコメントの返信はできないかもです。ごめんなさい;



旅女Facebookページ

旅女 Facebook
旅女Tabijo Facebook
ページTOPで「いいね!」をして頂けると、Facebook上でブログの更新通知が受け取れます。
※「いいね!」はいつでも取り消せます。私のブログは毎日書いたり1ヶ月あいたりとムラがあるので;その時に合わせて取り消したり、再登録したり、お好きなようにお使い下さいませ。



旅女YouTube

旅女Youtube
旅女Tabijo YouTube
旅中撮った動画をUPしています。







コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する