旅女 Tabijo~義眼のバックパッカー編~のメイン画像

砂漠の町ジャイサルメール

Category: インド
Mt.Abuでは涼しい高原地帯でゆっくりするつもりがむしろ暑い×ウザい宿で1泊することになり、1泊で退散。

5月のインドなんて、高原地帯以外はどうせどこ行っても暑いんだから先へ進みます。
しかしよりによって砂漠地帯(´;ω;`)
それもこれもいつも無計画で移動する自分の責任なのですが。今年初めの脳内シュミレーションでは5月なんてとっくにインド抜けてヨーロッパ辺りにでも入っていたはずなのに。日本出国前に友達に「もう泥臭い所は嫌や!ヨーロッパとか女子っぽい所へ行きたい!」と言っていた私はどこへ行ったのでしょう・・・。

まぁ何はともあれ、インド観光の王道ルートに乗ったという感じです。

砂漠の真ん中にある町「ジャイサルメール」。
パキスタンとの国境まで100kmらしいです。
そもそもここも飛ばす予定だったのですが、誰かが「ワンピースのアラバスタっぽい」と言っていた・・・というだけの理由で立ち寄ることに。
ジャイサルメールの情報を調べもせず、しっかりとアラバスタ編を読み返しました。何ならアニメも見返しました。これでジャイサルメールの情報はバッチリです!( ー`дー´)キリッ 

o0480036011233375671.jpg 

ペルの生き様がかっこ良すぎる。まぁ死んでないんだけど。



Mt.Abuから乗ったバスは最初は満員だったのに、次々と人が降り、砂漠地帯に入る頃にはガラガラ。Mt.Abuからジャイサルメールまでフルで乗っていたのは私だけでした。(このバスはジャイサルメールを出て、そのままジョードブルに向かっていました。)

P5097465.jpg
 


窓から見える景色はずっとこんな感じ。

P5097464.jpg 


地平線が見える向こうまで何も無い。

P5097466.jpg 
でも緑はあるから、砂漠っていうより「荒野」かな?こんなとこでもずっと電線が続いているのが凄い。



バス停から歩いて宿へ。ジャイサルメールの中心部は長い城壁に囲まれていて、安宿やお店もその中にぎゅっと詰まっています。地図で見るとこんな感じ。↓

jaisalmer_map.gif 



地図の茶色い点々がこういう↓壁で囲まれています。

P5107688.jpg


 
本日の宿。

P5107485.jpg 


宿からのジャイサルメールの街並み。

P5097474.jpg 
遠くに見えるのは黄色の砂岩で築かれた、ラジャスターン州最古の城。ジャイサルメールの町は黄色い土やレンガで造られた家が多く、町全体が黄色っぽいので「ゴールデンシティ」とも呼ばれます。



この日は夕方着いたので、翌日町歩き。

P5107516.jpg 
インドに牛がいない町ってあるのかなぁ・・・。



●ナトマル・キ・ハヴェーリー

P5107488.jpg 

19世紀後半に宰相だった人の館。
ジャイサルメールはこういった「何とかハヴェーリー=貴族の館」が沢山あり、それを見学出来ます。今もその人の子孫が住んでいる家も多く、外は古い建物だけど、中に入ると生活感溢れていたりして面白い。



バルコニー等の装飾がとにかく細かく美しい。

P5107501.jpg 

有名な館でなくても、町にある家の多くがこんな感じなので、本当に町全体が美術館のようでした。



中庭。

P5107498.jpg 
ここまでは無料で入れて、この先はお金が必要だったかな?



中庭にあるお土産屋さん。

P5107496.jpg 


このガネーシャの置物が色合いもデザインも凄く良くて、暫く魅入ってしまいました。

P5107495.jpg 

持つとかなり重い。らくだか牛の骨で作っているって言ってたけど忘れました;牛だと角だろうから、らくだだったかなぁ?一応値段を聞いてみると日本円で2万円くらい。高いけど、まぁそれくらいでもおかしくないかも、というほどの造りです。



裏のデザインも凝っている。

P5107497.jpg

でもよく見ると何だろうこの動物・・・。
人面豹? 

~飛ばして読んでOKの余談~
インドを知らない人でも聞いたことはあるかな?という象の頭を持つこの「ガネーシャ神」は知恵と繁栄をもたらすありがたい神様。が、このガネーシャはシヴァ神の奥さんが自分の垢(アカ)からつくった子供w。まぁ垢からつくってしまったので、自分の子供と知らない夫のシヴァ神が、何やかんやで子供の首を切り落としてしまい、それを奥さんに怒られ、何やかんやで象の頭をくっつけてしまった・・・という神様です(゚∀゚;)←だいぶ説明省きましたが、相変わらずインド神話のぶっ飛び具合って面白い。



P5107512.jpg 


●パトウォン・キ・ハヴェーリー

P5107518.jpg 



P5107527.jpg 



P5107525.jpg 


政府が管理する建物と民間が管理する建物に分かれています。政府の方は250ルピー、民間の方は無料だったので、そっちだけ入りましたが、そっちだけでもかなり堪能できました!

民間の方の建物1階。

P5107531.jpg 


中の装飾が精密でカラフル。

P5107530.jpg 



神様の祭壇。

P5107535.jpg 



P5107536.jpg 


2階もまた豪華!

P5107539.jpg 


P5107537.jpg 


P5107538.jpg 


P5107552.jpg 



2階の別室。

P5107541.jpg



壁一面ペイント!!

P5107543.jpg 



P5107540.jpg 



P5107544.jpg 



屋上からの景色も良かったです。

P5107549.jpg 
建物内は下のお土産屋さんの男性が案内してくれたので、何か買えとか言われるかな~と思って警戒していたのですが、一切なく普通に出れました。よほどお金を持ってなさそうに見えたのか。



路上のお土産屋さん。

P5107523.jpg 


P5107528.jpg



●サリーム・スィン・キ・ハヴェーリー

P5107553.jpg 

入場料:20ルピー
カメラ:30ルピー

中に入ると普通に人が住んでいて、生活感に溢れている。

P5107570.jpg

受付らしきものが無く、洗濯をしていたおばあちゃんを呼んでお金を払う。



屋上。
P5107558.jpg



P5107564.jpg


 
崩れ落ちている彫刻。

P5107556.jpg  


隣りのお土産屋さんから。

P5107565.jpg


 P5107566.jpg 


宿の人がくれた地図にはこういった「何とかハヴェーリー」が沢山載ってるけど、暑いのでちゃんと観光したのはこんなところ。普通に歩いていても美しい装飾の家が沢山ありました。



宿近くにあるアマル・サガール門は夕方になると野菜や果物屋台が沢山並ぶ。

P5107690.jpg

ここでもよくマンゴー食べたなぁ~(*´∀`*)




マウント・アーブーからジャイサルメールへの行き方(バス)


※「Mt.Abu」にはツアー会社があったが、私が泊まっていた「Abu Road」には見当たらなかったのでローカルバスで。「Abu Road」には鉄道駅もあるので列車でも行けると思う。

アーブー・ロード(Abu Road)7:30発~ジャイサルメール(Jaisalmer)17:10
バス 約9時間40分 252ルピー




ジャイサルメールの安宿


安宿はアマル・サガール門周辺やFort(城)の城壁内にもある。暑い時期は観光客も少ないので値下げ交渉も可能。

●Hotel Renuka(ホテルレーヌーカー)

P5107485_20160529141140903.jpg


 P5097473.jpg 
シングル:300ルピー(←450から交渉後)
ホットシャワー付き
WIFI:無料
行き方:MAPS.MEで検索可能。アマル・サガール門から徒歩数分。
(2016.5.9~2泊)

アマル・サガール門を入ってまっすぐ、右手にこういう場所がある少し開けたところ↓の、両替所の隣りの細い道を入って行くと左手にある。

P5107486.jpg 
ローカルバススタンドからは少し迷って徒歩15~20分くらいでした。

関連記事


旅女インスタグラム
ID:tabijo_shiho フォローありがとうございます♪

Instagram tabijo_shiho
https://instagram.com/tabijo_shiho/
リアルタイムの毎日更新が目標!ですが、あくまでブログをメインでやっていきたいので、
インスタでのコメントの返信はできないかもです。ごめんなさい;



旅女Facebookページ

旅女 Facebook
旅女Tabijo Facebook
ページTOPで「いいね!」をして頂けると、Facebook上でブログの更新通知が受け取れます。
※「いいね!」はいつでも取り消せます。私のブログは毎日書いたり1ヶ月あいたりとムラがあるので;その時に合わせて取り消したり、再登録したり、お好きなようにお使い下さいませ。



旅女YouTube

旅女Youtube
旅女Tabijo YouTube
旅中撮った動画をUPしています。







コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する