旅女 Tabijo~義眼のバックパッカー編~のメイン画像

国境近くの町「サリタシュ」へ。珍しく2人旅。

Category: キルギス
キルギスからタジキスタンの「パミール高原」に行くには、通常オシュ(キルギス)からムルガブ(タジキスタン)まで車をチャーターするか、シェアタクシー(乗り合いタクシー)で行くのが一般的。

が、宿でチャーター車の値段を聞くと、他の人とシェアで1人49ドルという私にとって天文学的数値を叩きだされる。ビシュケク~オシュ間が14時間で約1600円、同じくらいの時間なんだからもっと安く行ける方法があるはずだと、またひねくれ根性を出してオシュのCBT(インフォメーションセンター)で聞くことに。結局CBTの人が友達に電話をし、シェアタクシーなら2500ソム(約3,800円)で行けると言う。が、それでも高い気がして、国境近くの町「サリタシュ」ならどう?と聞くと、そこまでならマルシュルートカ(公共バス)があることが判明した。というか、こっちから聞くまでそういうことを教えてくれないのが海外の面倒臭さ。ともかく、国境近くまで行ってそこからならもっと安く行ける方法があるだろうと思い、サリタシュを目指すことに。

この選択が後に更に面倒な事態になることを、この時の私はまだ知らない・・・。



CBTで聞いたサリタシュ行きのバス乗り場に行くと、時間帯的にバスは無かったものの、何台かのタクシーが300ソム(約480円)で行けると言ってきた。乗り場も値段も分かったところで宿へ帰宅。

宿に戻り、夜ご飯で招集されるとビシュケク(南旅館)で一緒だったしょうきさんと再会。彼も明日の昼にサリタシュへ向かうとのこと。私は朝出発の予定だったけど、酒屋で2杯目のビールを手にかけたところでしょうきさんと一緒に昼出発することにした。

お互い一人旅同士で「まぁ目的地が分かれればそこでお別れ」という感じだったのだけど、タジキスタン入国後も同じ目的地を目指すことになったので、ここからは暫く二人旅になる。



翌日。
タクシー乗り場で「サリタシュまで」と言うと、前日300ソム(約480円)だったのが、何と「3,000ソム(4,800円)」と言ってくるではないか。約10倍。どういうこと!?しかもどのタクシーも値段が一向に下がらない。考えられる理由としては、

・前日とは違いバックパックを持っている=旅行者価格。
・この日が土曜日
・まだマルシュルートカのある時間帯で人が集まらないから

しょうきさんも私とは別に昨日聞き込みに来ていて、300ソムだったそう。
かなり多くのドライバーと交渉したものの値段はそれほど下がらず、結局マルシュルートカで行くことに。

私達が乗ったマルシュルートカ(ミニバス)↓

P6188973.jpg

しかしこのマルシュ、1人200ソムと安かったのはいいけれど、暫く走った後、乗客が忘れ物を取りに行くのを待ったりでかなり時間がかかった。

キルギスは町を抜けるとどこを走っても景色がいい。
緑の中にぽつぽつと建つ白いユルタに和まされたり、切り立った崖に圧巻されたり。




何やかんやでサリタシュ到着。

P6188979.jpg

オシュよりも標高が高いため(3,000mくらい)、バスを降りた瞬間半袖では寒くすぐ上着を羽織った。
もっと田舎の村を想像していたけど、ガソリンスタンドもあるし、宿は7軒もあった。しかしどうせなら民泊したいとあえてゲストハウスの看板の無い家にあたる私達。が、宿が多い分どの人にも近くの宿を指さされる。


P6188975.jpg



そんな中何とか見つけることが出来た本日のお宅。

P6188981.jpg


看板こそ無いものの、家の人も旅行者を泊め慣れているようで、あれよあれよという間に日本の旅館のような座卓がセッティングされた。


P6188982.jpg



更にウェルカムティー・・・。

P6188988.jpg

夕食の準備かと思ったら、ただのお茶請けとのこと。どんだけ豪華。キルギスでこういう家に泊まると、必ず最初にお茶を出されるので、日本と同じ「おもてなし」の精神があるような気がする。




ナンを作るお母さん。

P6188984.jpg



子供たち。

P6188986.jpg



ビールを買おうと近くのお店に行ったけど、行った店が小さすぎてビールは置いていなかった。呼ぶと開けてくれるお店↓

P6188991.jpg



お店の子達。

P6188990.jpg

ちなみに「店」はロシア語で「マガジン」。




宿に戻ってもヒマなので、ちょこちょこキッチンを覗いてみる。

P6189000.jpg



何か分からんけど作りすぎやろ!?・・・というこの謎は翌日解ける。

出来たやつ。

P6188999.jpg

「ボルソック」というらしい。甘さは無く素朴な味でかなりグルテン質があり、もちもちしている。コンビニで昔食べてた4本入りくらいの細長いパンと味がそっくり・・・としょうきさんに言うも今イチ伝わらず。揚げたては美味しくて結構好きな味。




それよりも晩ご飯は・・・?
夜9時過ぎても晩ご飯がこず、もう何だか眠くなりつつある私達。

そして夜10時半!!
ようやく晩ご飯の「プロフ」が登場!待ってました!

P6189001.jpg

ロシア、中央アジアでお馴染み炊き込みご飯の「プロフ」。炊き込みご飯と言えどなぜか油っこい場合が多いが、まぁまだ食べれる範囲だった。肉があるのも嬉しい。

寒い地域なのにデザートのスイカまで♪
「スイカ」と「きゅうりとトマトのサラダ」はどこの宿でもよく出される。

P6189002 (2)

手に持っているのが完全ビールに見えるけど紅茶。

私事だけど、ビシュケクを出る前に美容院で髪を切ってもらった。旅中はショートにしたいから、一応「こんな感じ」とスマホで写真を見せたけど、出来上がりはその辺にいるキルギス人のおばちゃんと同じ髪型。まぁシャンプー込みで250ソム(約400円)だからこんなモンか・・・( ;∀;)




お腹が満たされた後、すぐ就寝。





このサリタシュまでの道中はしょうきさんがYoutubeで動画をUPしてくれているので、こちらを見て頂けるとより雰囲気が伝わります♪


「あの有名ブロガーの~」というくだりはしょうきさんが勝手に言っているだけで、有名でも何でもありません!;それにしても・・・うち、こうして見るとテンション低いな~実際は決して低いわけじゃなくてむしろ高い方なんだけど(;´∀`)

サリタシュからタジキスタン途中まではブログ中にしょうきさんが撮った写真も使わせて頂いています。しょうきさんのブログはこちら→世界一周ローカル旅




オシュからサリタシュへの行き方


サリタシュ行きのマルシュルートカは毎日14時に数本出る。300~200ソム。
オシュ14:25発~サリタシュ18:20着(約3時間55分)200ソム
※途中30分くらい停車していたので、通常はもっと早く着くと思われる。

マルシュの乗り場はオシュGHからCBTへ行く途中の大きな橋の下。タクシーも沢山停まっている。MAPS.MEでの場所↓

Screenshot_2016-07-03-22-50-29.png




サリタシュの安宿


町の中心にあるガソリンスタンドのMAPに宿が7軒載っている。多分どこもWIFIは無い。町にはレストラン等は無く、宿に共同キッチンも無いので、「宿泊費+夕食+朝食」という料金提示。節約したいならお湯くらいは貰えると思うので、インスタントヌードル等持っていてもいいかも。

その他私達のように「民泊」が出来る家もある。けど、宿が多い分探すのは少し難しい。値段は交渉次第。食事付きで1人300~400ソムくらいが相場のよう。

●私達が民泊した家

P6188981.jpg

1人400ソム(朝・夕食付)←500から交渉後
お湯バケツ、電源有り
行き方:ガソリンスタンド向かって左の道に進み、この宿↓を左に入った突き当り。

P6209197.jpg

(2016.6.17~2泊)



●HOTEL TINA(泊まっていない)
1人500ソム(朝・夕食付)←交渉後
食事無し、素泊まりだと300ソム。
行き方:マルシュルートカ降りてすぐ。

※このホテルの隣の商店にビールが売っていた。サリタシュにはパッと見銀行は無いが、宿の人に聞くと多分タジキスタンソモニへの両替は出来るよう。タクシーやガソリンスタンドの人も両替と言ってきたが恐らくレートは悪い。ソモニはオシュの銀行・両替所で用意しておいた方が無難。
関連記事


旅女インスタグラム
ID:tabijo_shiho フォローありがとうございます♪

Instagram tabijo_shiho
https://instagram.com/tabijo_shiho/
リアルタイムの毎日更新が目標!ですが、あくまでブログをメインでやっていきたいので、
インスタでのコメントの返信はできないかもです。ごめんなさい;



旅女Facebookページ

旅女 Facebook
旅女Tabijo Facebook
ページTOPで「いいね!」をして頂けると、Facebook上でブログの更新通知が受け取れます。
※「いいね!」はいつでも取り消せます。私のブログは毎日書いたり1ヶ月あいたりとムラがあるので;その時に合わせて取り消したり、再登録したり、お好きなようにお使い下さいませ。



旅女YouTube

旅女Youtube
旅女Tabijo YouTube
旅中撮った動画をUPしています。







コメント

No title

ビシュケクでトルクメビザを取得済みの状態で10日間となると、
まずムルガブからホーローグまで行ったとして、
ホーローグからイシュコーシムなども行ったのでしょうか?
気になりますが、今後の楽しみに取っておきます。

たしかにワハーン回廊でテロを起こしても
ニュースにならないかもしれませんね。
でも誘拐される可能性はあるかも。

明日以降の更新も期待してます!

2016/07/04 (Mon) 21:31 | maruo_haas #- | URL | 編集

お久しぶりです!
お元気そうで何より!
動画めっちゃおもしろいです!
特に、子供がしょうきさんに泣くシーン、最高ですね笑
お馴染みのサラダですが、アゼル、ジョージア、アルメニアでもまだ続いてますよ笑

2016/07/05 (Tue) 00:14 | たくろう #- | URL | 編集
>maruo_haasさん

>maruo_haasさん

ご察しの通りワハーン回廊にも行きましたが、ムルガブからワハーン回廊経由のホーログです(´∀`)個人的にはタジキスタンもっと時間を取りたかったのですが、ウズベクとトルクメのビザの関係で早足になりました。それが無ければ2週間以上はかけてたなーと思います♪
乞うご期待☆

しほ

2016/07/05 (Tue) 02:32 | >maruo_haasさん #- | URL | 編集
>たくろうさん

お久しぶりです!
私もこの動画、同じところで笑ってしまいます。しょうきさん、子供好きなのにその風貌故にすぐ泣かれるんですよね(;´∀`)

あのサラダ、そんなところまで続いているんですか!一体トマトときゅうりの何が彼らの心を掴んでいるのでしょう・・・。まぁアッサリしてていいんですけどw;

そういやウズベクの国境越え、私はPCやハードディスクの中身までチェックされて1時間以上も拘束されました;「気になるのは消していい」って言ってんのにずっと動画を見続けて・・・多分彼らが見たかっただけなんでしょうがだいぶイラつきましたよ~;

しほ

2016/07/05 (Tue) 02:43 | >たくろうさん #- | URL | 編集

実は昨日もあのサラダ食べました!なんだかんだ、あのサラダ好きなんですよね〜笑
荷物検査大変でしたね…!!
ウズベクのあの徹底ぶりはなんなんでしょう??
アルメニアは電車で国境越える場合、入国審査自体がなかったです笑 ビザスタンプ貼ってハイ終わりーって(^^;; もちろん荷物検査もなし!
また次回の記事も楽しみにしています〜!

2016/07/05 (Tue) 14:27 | たくろう #- | URL | 編集
>たくろうさん

まぁ私も何だかんだトマトときゅうりは好きなんで、別にいいんですけどね(´∀`)
アルメニアはそんなに楽なんですか!というか、ウズベクが徹底し過ぎなんでしょうけどね;でも人によっては全然検査されなかったという人もいました。。。やるなら全員にきっちりしてほしいです笑

しほ

2016/07/07 (Thu) 02:04 | >たくろうさん #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する