旅女 Tabijo~義眼のバックパッカー編~のメイン画像

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


旅女インスタグラム
ID:tabijo_shiho フォローありがとうございます♪

Instagram tabijo_shiho
https://instagram.com/tabijo_shiho/
リアルタイムの毎日更新が目標!ですが、あくまでブログをメインでやっていきたいので、
インスタでのコメントの返信はできないかもです。ごめんなさい;



旅女Facebookページ

旅女 Facebook
旅女Tabijo Facebook
ページTOPで「いいね!」をして頂けると、Facebook上でブログの更新通知が受け取れます。
※「いいね!」はいつでも取り消せます。私のブログは毎日書いたり1ヶ月あいたりとムラがあるので;その時に合わせて取り消したり、再登録したり、お好きなようにお使い下さいませ。



旅女YouTube

旅女Youtube
旅女Tabijo YouTube
旅中撮った動画をUPしています。







ウズベキスタンからトルクメニスタンへ(国境越え)

Category: ウズベキスタン
ウズベキスタン(ヒヴァ)から、お隣りの国トルクメニスタン(ダシュホーズ)までは、マルシュルートカ→バス→シェアタクシーと乗り換えて1日で一気に行きました。
行き方を書くのでご参考に~。

①ヒヴァからウルゲンチ
ヒヴァ9:25発~ウルゲンチ9:55着
マルシュルートカ 約30分 2,000スム

↓ウルゲンチ行マルシュルートカ乗り場

ヒヴァ


1_201608080358177c9.jpg
 
定員集まり次第出発だけど、このマルシュルートカは頻発しているので待ち時間無し。バックパックで席を塞ぐと恐らく二人分請求されるので席に詰め込んだためかなりしんどかった;



②ウルゲンチからウズベキスタン国境

2_20160808035822f72.jpg

 3_2016080803582036b.jpg

ウルゲンチバスターミナル10:05発~国境11:50着
バス 約1時間45分 2,500スム
※バスターミナルの奥に大きなバザールがある。バザール向かって左端にウルゲンチバスが停まっていた。定時刻出発なのか、満席でなくても発車した。
バスが分からなければ、「国境」はロシア語で「グラニッツァ」。「トルクメニスタン・グラニッツァ」とわめいて現地人の助けを請いましょう。

★両方の国境共、両替所や両替商はいなかった。数千スムしか残していなかったので、国境前にある商店でジュースやお菓子を買って使いきった。

12時前に着いたけど、12時~14時がトルクメ側のイミグレの昼休憩だと言う。商店の人にウズベク側は入れるけど、国境間の何も無いところで過ごすのは暑いので、ここで待ちなさい、と言うので大人しく待つことに。同じ状況の人が数人たむろしていた。



③出入国
13:30に国境に向かう。ウズベキスタンに入る時に書いた紙(所持金や電化製品を書くやつ)を、また書かされたものの、所持品検査はさほど厳しくなく、30分くらいで通過。

ここからトルクメニスタンの国境までは専用バスで移動する。1ドル、もしくは3マナト。徒歩禁止らしい。

トルクメニスタン側でまたしても同じ紙を書かされる。ロシア語の用紙しかなく、英語用紙を頼んだらかなり待たされた。待ちきれずロシア語のに記入し終わったとこれで英語用紙が渡された・・・。

入国税・14ドルを支払う。

★トルクメニスタンで滞在するホテルの名前、住所が必要。
私達はアシガバードで泊まる予定だったホテルを指定した。

SYYAHAT HOTEL(シヤハット・ホテル)=Tourist Hotel
+7 903 052-70-92
60A Georogly Kochesi, Asgabat
※住所も電話番号も古い情報なので合っているかは分かりません。同時に、どこで何日滞在するか等詳しく聞かれ、それをデータに打ち込んでいるようだった。実際そのホテルには泊まらなかったし、言った予定より長く滞在したけど、出国時にも特に問題は無かった。

トルクメニスタンのイミグレ職員はみんな「ウェルカム・トゥ・トルクメニスタン!」と言ってきて、独裁国家で鎖国的な割にフレンドリーで少し驚いた。ただ手際が悪いのか全てにおいてやたら時間がかかる。荷物検査はそれ程厳しくなかった。
14:55 国境通過。



④トルクメニスタン国境からダシュホーズ
国境15:00発~ダシュホーズ15:15着
シェアタクシー 約15分 1ドル又は3マナト
※この町で1泊する人は恐らくここで両替可能。



⑤ダシュホーズからダルヴァザのチャイハネ(地獄の門)
ダシュホーズ15:30発~ダルヴァザ18:45着
シェアタクシー 約3時間15分 2人で28ドル
※始めの言い値は2人で40ドルだった。かなり粘って交渉。タクシーは沢山いるのでそのくらいまでは下がるはず。おつりの2ドルは8マナトで返された。(1ドル=4マナト)

★チャイハネで両替★
外国人がよく利用するチャイハネではドルからトルクメニスタンマネトへの両替が可能。
公式レート:1ドル=3.5マナト
友達が両替したチャイハネ:1ドル=5マナト
私が現地人と両替:1ドル=4マナト
私が別のチャイハネで両替:1ドル=3.5マナト
(2016年7月)

後日しん君が行ったトルクメンバシのバザールでは1ドル=6マナトだった。しん君と逆ルートでアゼルバイジャンからフェリーで入国する人は、ここで両替するのが一番いい。私は友達が両替したチャイハネが分からなかったので、しぶしぶ3.5で両替した。まぁここでそんなに長居する人はいないはずなので、アシガバードまではドル払いで行けるかも。アシガバードにはバザール、銀行、ATMがある。

私が荷物を置いたチャイハネは両替どころか英語すら全く通じなかった。(GPSを見ながら地獄の門に近くなってきたところでタクシーに適当なチャイハネで降ろしてもらった。)この時点でマナトを持っていなかったので、食事代は2人分+水などで何とかドル払いしたけど、嫌そうだった;

↓ここ。かなり北寄りだったので、地獄の門からは少し遠い。

DSC_0131_201608080358234c6.jpg

でも荷物を置くのはご飯を食べればOKだった。
(他のチャイハネは5ドルくらい払わないといけないらしい。)


さぁ、「地獄の門」って何?という方もいるでしょうがしばしお待ちを~。
タジキスタンに引き続き謎の多い?トルクメニスタン編ですw
関連記事


旅女インスタグラム
ID:tabijo_shiho フォローありがとうございます♪

Instagram tabijo_shiho
https://instagram.com/tabijo_shiho/
リアルタイムの毎日更新が目標!ですが、あくまでブログをメインでやっていきたいので、
インスタでのコメントの返信はできないかもです。ごめんなさい;



旅女Facebookページ

旅女 Facebook
旅女Tabijo Facebook
ページTOPで「いいね!」をして頂けると、Facebook上でブログの更新通知が受け取れます。
※「いいね!」はいつでも取り消せます。私のブログは毎日書いたり1ヶ月あいたりとムラがあるので;その時に合わせて取り消したり、再登録したり、お好きなようにお使い下さいませ。



旅女YouTube

旅女Youtube
旅女Tabijo YouTube
旅中撮った動画をUPしています。







コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。