旅女 Tabijo~義眼のバックパッカー編~のメイン画像

アブハジアビザ取得方法

Category: アブハジア共和国
アブハジア共和国(Abkhazia)
ジョージアのロシア側に位置する国。
↓ジョージア側は独立を認めていないので、MAP上では点線になっている。

アブハジア 

1992年にジョージア(グルジア)より独立宣言。国際的には認知されていなかったが、2008年8月26日ロシアが承認を発表した。また、2008年9月にニカラグアが、2009年9月にベネズエラ、12月にはナウルが独立を承認している。まだ承認している国が少ない「未承認国家」。

またしても始めに書いておきますが、ここはロシア側とジョージア側がもめていることもあって、外務省の海外安全ホームページ では南オセチア同様危険度MAXのレベル4:退避してください。渡航は延期してください。」という退避勧告が出ています。まぁだから1人ならやめようと思っていたんだけど、運良く日本人男性を捕まえることが出来たので。私の日記は行くことを助長しているわけではありません。「あくまで自己責任で」という逃げ道を書いておきますねw
ブログにタイムラグがあるので、現在は無事この国から脱出しているので安心してお読み下さい。


首都:スフミ
公用語:アブハズ語、ロシア語
通貨:ロシアルーブル
時差:UTC +3モスクワ時間
→日本との時差は6時間。ジョージアとの時差は1時間。ジョージアからアブハジアに入国した後には時計を1時間巻き戻すことをお忘れなく。


さぁ!待ってました!アブハジア情報!
ん・・・誰が?多分誰かが・・・。
行ったことある人は少なくないはずだけど、あまりしっかり情報を書いてくれているブログが無かったのでしっかり書いていきますよ~( ゚∀゚)o彡°
ちなみに私達が行くにあたって参考にさせて頂いたのはこちらの方です。↓


私がアブハジアに行きたい!と思った理由はこの国旗のデザイン↓

Flag_of_Abkhazia.png

何この手!?
21世紀少年の「ともだち」みたい。どういう意味だろう、、、ハイルヒトラー的な?とか思ってたら何とな~く気になり始めまして。
さてさて、どんな国なのか。まずはビザ取得方法から。



アブハジアビザの取得方法


アブハジア入国にはビザが必要。流れとしてはこんな感じ。
①外務省HPから申請用紙をダウンロード、メールで送信。
②外務省からビザ申請受付用紙的なPDFがメールで送られてくる。(7営業日)
③送られてきたPDFをコピー(一応2枚)、それを持って入国後3日以内にビザセンターに行き、ビザを発行。

①外務省HPから申請用紙をダウンロード、メールで送信。


↑このページの文章中にある「application」をクリックすると、申請用紙がダウンロードされる。PDFではなく、「Word」なので、PCにWordが入っていないといけない。私のPCには無いので、無料でインストールできる OpenOffice をダウンロード。OpenOfficeではバグッているところもあったけどそれ程問題は無かった。

申請書の記入事項で英語表記が無かったり、少し迷った部分だけ抜粋しておきます。(文字バケしている部分もありますが)

13. И(лы)з?аз/ кем выдан/ Issued by(パスポート発行場所)
→「Ministry of Foreign Affairs of Japan」と記入。

14. сЕМЕЙНОЙ ПОЛОЖЕНИЕ(結婚の有無)
→チェックBOXがバグって表示されなかったので、下の空欄に「NO」と記入。

15. ф.и.о СУПРУГА/СУПРУГИ(配偶者のフルネーム)
→空白

16. дАТА, МЕСТО И СТРАНА РОЖДЕНИЯ СУПРУГА/СУПРУГИ(配偶者の本籍地・誕生日)
→空白

17. Еи?мыр?ьарада анхар?а?ы?/ постоянное место жительства/ Place of permanent residence(本籍地)
→下の長枠には電話番号とe-mailアドレスを記入。

21. Уаан?а А?сны ш?ы?азма/были ли вы ранее в абхазии/ Previous stays in abkhazia(過去アブハジアに行ったことがあるか)
→「NO」にチェック。行ったことがある場合はいつ、どこへ行ったか記入。

24. Атранспортт? харх?ага/ транспортное средство/ Transport means(入国手段)
→「Bus」と記入。

25. А??аа ахысыр?а а?ы?/ место пересечения границы/ Place of crossing border(どこから入国するか)
→一番目の「Psou」はロシア側の国境の町の名前。2番目の「Ingur」はジョージア側の国境。ジョージアから陸路入国する場合は「Ingur」にチェック。
※ロシア側から入国する場合はロシアのダブルビザが必要。

入力が終わったら保存し、同ページにあるメールアドレスにメールしたら申請は完了。すぐさま自動送信メールで返信がくる。このメールには「5営業日」と書かれていたけどHPには「7営業日」と書かれていたので、7営業日は見ておいた方がいいかも。
私達は2人だったので、1つのメールに2人分添付して送信。一応メール文面で2人の名前を記入しておいた方がいいと思う。

【ビザの期間】
この申請書に記入する渡航期間はそのままビザに反映される。ビザは10日以上だと値段が変わるようなので、7営業日後のMAX10日間取っておいた方がいい。

【ビザ申請料】
ビザ代は入国後にビザセンターで支払う。HPには10日まで10ドル、30日までは20ドル・・・と書いているが実際これより安かった。

ビザ代(10日)350ルーブル+銀行振込手数料20ルーブル=370ルーブル(約600円)
※クレジットカードでも支払い可能で、その場合銀行手数料は必要無し。


②外務省からビザ申請受付用紙的なPDFがメールで送られてくる。
私達は日曜日にメールを送信、5営業日の金曜にくるかと思っていたけどこなかったので、月曜日の夜に「ビザ申請したんだけど・・・」という催促メールを再度送信。その翌日の17時前に添付メールが来た。

【催促メール例文】
We've sent the application form to you on August 21.
We are very looking forward to it to visit Abkhazia.
Thank you.

アブハジアビザ


グレーの部分に名前やパスポート番号が記入されている。二人分がこの一枚でOKだった。私達は日程を月曜日からにしていたけどその日程は変更されないまま。遅れることもあるだろうから日程には余裕を持った方がいい。


③送られてきたPDFをコピー(一応2枚)、それを持って入国後3日以内にビザセンターに行き、ビザを発行。
1枚は国境で渡す用、もう1枚はビザセンターで渡す用、と2枚コピー。国境では返してくれたけど、余分に持っておいて損することはない。

Abkhazia Consular Service
住所:384900 Sakharova street 33, Sukhum(スフミ)
場所:下地図赤ポイント


料金は上記の通り。申請後数分でビザが受け取れる。
ビザはパスポートに貼ると再度ジョージアに入国する時に揉めるらしいので貼らないこと。(結局出国時に回収されるので、ビザの写真は出国前に撮っておく。)

次回、いよいよ入国!
関連記事


旅女インスタグラム
ID:tabijo_shiho フォローありがとうございます♪

Instagram tabijo_shiho
https://instagram.com/tabijo_shiho/
リアルタイムの毎日更新が目標!ですが、あくまでブログをメインでやっていきたいので、
インスタでのコメントの返信はできないかもです。ごめんなさい;



旅女Facebookページ

旅女 Facebook
旅女Tabijo Facebook
ページTOPで「いいね!」をして頂けると、Facebook上でブログの更新通知が受け取れます。
※「いいね!」はいつでも取り消せます。私のブログは毎日書いたり1ヶ月あいたりとムラがあるので;その時に合わせて取り消したり、再登録したり、お好きなようにお使い下さいませ。



旅女YouTube

旅女Youtube
旅女Tabijo YouTube
旅中撮った動画をUPしています。







コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する